キャンプジャンキー

寝ても覚めてもアウトドア

インスタグラムのフォロワーさんが100人になったのでやったことをまとめてみます

f:id:kawabatamasami:20170622150856p:plain

今年(2017年)に入って2月からインスタグラムを開始したんですが、100人の方々にフォローしてもらうことができましたので、これまでの経緯をまとめておきたいと思います。

ぼくのアカウントです。

f:id:kawabatamasami:20170622141249p:plain

友人とのコミュニケーションとしてのインスタグラムではなく、情報発信のためのSNSという視点で考えたときに、大切なのはコンテンツの充実だと思っています。コンテンツが充実していれば、自然とフォロワーさんが増えていくはずです。

そのためにやったことをまとめていきます。

 

インスタグラムでの発信について

インスタグラムは、フェイスブックやツイッターなどのSNSと違って、シェアされて拡散されていくものではないです。(リグラムで広がることはある)

なので、しっかりと発信していくアカウントにしていくのであれば、フォロワーさんの獲得が大切だと考えました。

ぼくが研究して実行したのはこちら。

それぞれまとめていきます。

 

上手な人「だけ」をフォローする

インスタグラムのメインユーザーは若い女性です。ファッション系のインスタグラマーと呼ばれる女性が活躍していますよね。アカウントを見てみると、さすが!上手です。そういう人たちの中から、自分が発信したい内容に近い人たちをフォローしました。

 

当然、タイムランに流れてくる写真は上手に発信できている人だけのものになるので、1ヶ月もそればかりを見ていると、だんだん分かってくるようになりました。

上手なかたの探しかたは

f:id:kawabatamasami:20170622142608p:plain

↑トップ画面から検索をクリックします。

 

f:id:kawabatamasami:20170622142654p:plain

↑タグ検索から、自分がつけるであろうハッシュタグを入力して検索します。

 

f:id:kawabatamasami:20170622142746p:plain

検索すると、人気の投稿が9枚でてきます。ここにいる人のアカウントが上手に発信できている人たちで、センスにあふれる人たちばかりです。フォローさせてもらって勉強しました。

 

プロフィールをシンプルに分かりやすく

f:id:kawabatamasami:20170622141249p:plain

どういったコンテンツを発信していくアカウントなのかをシンプルに作るように心がけました。上手な人たちのアカウントは、ごちゃごちゃしてなくてシンプルです。マネをしました。w

 

カンタンな英語での自己紹介も入れておいたほうがいいかもしれません。インスタグラムはかんたんに国境を超えます。ハッシュタグで英語のタグを入れて投稿すると、多くの外国人からも反応をもらえるんです。

 

ウェブサイトなどを持っている人はウェブサイトの言語対応をすることで、インスタグラム経由で、海外の人にも発信できるようになる可能性がありますよね。

 

中途半端な写真は投稿しない

あくまで自分なりに、納得できる写真のみをチョイスして投稿するように心がけています。1つの投稿はもちろん、全体も見るように心がけています。

f:id:kawabatamasami:20170622143143p:plain

写真を勉強したこともないですし、センスがいいほうでは決してないのですが。。w

それでも考えて、できる限りセンス良くなるように作ってみるようにしています。

 

また、実験的に動画も2つほどアップして様子をみてみたんですが、写真だけの投稿よりも、動画のほうがフォローしてくれる人が増えます。

 

上手な人のハッシュタグを真似する

インスタグラムはハッシュタグでの検索機能があり、投稿するときにハッシュタグを入れておくと、たくさんの人に見てもらえる可能性があります。

f:id:kawabatamasami:20170622150218p:plain

いろんなハッシュタグがありますが、やはりこれも、上手に発信できている人のタグを参考にさせてもらうのがベストでしょう。

 

インスタグラムはとっても勉強になります。写真の撮りかたやアングル、いろんなヒントが盛りだくさんで楽しいですね。

 

何かしらの情報を入れて投稿する

場所の位置情報、どんなところなのか、なにができるのか、など、投稿を見た人にとって何かしらのメリットになるような投稿を心がけることが大切だと感じています。

 

情報を発信するためにやるのであれば、やはり見てくれる人のことを考えた投稿を心がけるべきです。このへんはブログと一緒ですね。

 

最後に

以上がぼくがインスタグラムで心がけていることになります。上手な人の真似をしているだけです。w

どんな世界でも、うまくいっている人を参考にしながらできるようになったときに、オリジナルなアイデアが生まれると思っています。これからも楽しみながらインスタグラムをやっていきたいです。

 

ダッシュ!