おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

車内泊での旅はコストをかなり節約できてオススメですよ

この記事をシェアする

どうも、在宅ワーカーまさみ(@masamikawabata | Twitter)です。

きのうはブログのアクセス数が過去最高をきろくしたので、はげしくよろこびました!

いつも読んでいただいている方々、どうもありがとうございます。

たのしく更新していきます。

 

さて、あなたは旅行は好きでしょうか?

 

ぼくは大好きなので、けっこういろんな場所に出かけています。

インスタグラムも「素敵な場所」をテーマにやってますので、これを機にフォローいただけると喜びます。

▼こちらから

www.instagram.com

 

いったん火がついたら行きまくりますので、親戚などから「あんたはよくでかけてて良いねー」なんて言われますが、できるだけお金をかけずに行っているのです。

 

そこで今日は、ぼくがお金をかけずにどのようにして旅行に行っているのかをお伝えします。

スポンサーリンク

 

 

旅行でお金がかかるもの

食費

まず食費ですね。いがいと旅先でコンビニとか寄りまくって、そのたびにお金つかってることあります。トイレ休憩とか便利なんですよね。。

 

ただせっかく初見の土地に来ているのに、いつでもどこでも行けるコンビニとかで用をすませるのはもったいないです。

そこで、地元のスーパーに行きましょう。さらに、おばあちゃん、おじいちゃんが多そうなスーパーが面白いです。

 

惣菜、お弁当など、地元の食材をつかったものや、食べたことのない料理など多かったりします。(ほとんど変わらない場合もあるw)

コンビニよりも安いです。

 

飲み物

 

自動販売機がたくさん、さきほど書いた通りコンビニにも飲み物がたくさんありますので、ついつい使いすぎてしまう。

ここをできるだけ節約するためには、でっかいペットボトルの飲み物とコップ持参です(笑)

 

タンブラーとか用意するのもいいですね。

ちなみに、お茶は近くのホームセンターよりもアマゾンが安いです。「おーいお茶」2リットル6本セットが2箱ついて1500円くらいであります。

 

f:id:kawabatamasami:20160414110329p:plain

 

大人買いいっちゃいましょう!

 

宿泊費

 

一番はここですよね。一泊1〜2万くらいかかる。

ビジネスホテルだったらそこまでしませんが、目的地が田舎だったりするとホテル自体がなかったりするので、しかたなく最寄りの都市部で部屋を借りたりしてしまいがちです。

 

で、ぼくの裏技は車内泊です(笑)

 

これを友人にはなしたときには「マジで?」とびっくりされてしまいましたが、ぼくは小さい頃から車内泊をやっていたので慣れっ子なんです。

 

ワンボックスカーのシートをすべて倒して布団を敷きます。小さいこどもさんがいるパパ、いちどでいいので、車内泊、連れてってあげてください。

 

こどもは激烈に喜びますよ。w ちなみに初めて車内泊でいこうと言い出したときには、妻も「口ぽかん」でした。

 

んで、ぼくが、宿泊費の節約で今年やってみようかと注目しているものがあります。

それはフリーキャンプ場です。誰でもテント張っていいみたい。

 

我が家はこどもが3人なので車内泊はスペース的にもう厳しい。。そこでテント使ってみようかなと。

 

ぼくが住んでいる宮崎県内にも、フリーキャンプ場がかなりあるみたいで、大自然の中、川も海も山も楽しめてしまうみたい!

 

今年はフリーキャンプ場に片っ端から泊まってブログにアップしていく予定ですので、お楽しみに。

 

最後に

 

ぼくの旅行節約術、いかがでしたでしょうか?

 

旅行といえば、たまに行く特別なもの。な人もいるかと思います。

ですので、やっぱり旅行は旅館で、すこしだけ贅沢にしたい人だっているはず、そのとおりですもんね。ぼくもお金をたくさんつかう旅行をすることもあります。

 

f:id:kawabatamasami:20160414111134j:plain

 

ただ、旅行が日常にあるライフスタイルも刺激的なんです。また、車内泊も、テント泊も、こども達と一緒にアドベンチャーな気分で楽しめる。

 

いろんな旅があって、どれも楽しいんだよ、ということを子供に伝えていきたいです。

 

オススメのテントなどありましたら、教えていただけるとありがたいです!

スポンサーリンク