おとうさんは工夫した

在宅ワーカー3児のパパブログ

子育てのために田舎に移住してみてはいかがでしょうか!

どうも、在宅ワーカーまさみ(@masamikawabata | Twitter)です。

せんじつブログにも書きましたが、熊本の南阿蘇村へのふるさと納税での寄付金が4900万円くらいになっていました。

 

まだ寄付していない方は寄付しときましょう、また、菊池市にもふるさと納税での寄付ができるようになったみたいです。

 

やり方はこちらのエントリーを参考にしてください。

www.kawabatamasami.com

 

f:id:kawabatamasami:20160420104622j:plain

さて今日は、田舎に移住して暮らしたい人に向けて書きます。

スポンサーリンク

 

 

宮崎県に移住しませんか?

ぼくは東京に10年ほどすんでいました、はじめは友達もできなかったのでつまらない毎日でしたが、しだいに友達もふえて、楽しい東京ライフをおくることができました。

 

で、宮崎にもどってきた数年間は、「やっぱ東京がいい」だったんですが、こどもができて子育てをするようになってからは「やっぱ田舎がいい」になってます。(笑)

 

というか、宮崎県、めっちゃいいのでオススメです!

海も山も川もあってヤバイ!

 

田舎は子育てがしやすい

 

田舎は子育てがしやすいです、都会だと、保育園にはいるのもハードルがたかかったりすると聞きます。

 

f:id:kawabatamasami:20160420104702j:plain

 

子供がうまれて、東京で子育て中の友人もいますが、やはり田舎で育てたいと考えている友人もいる。

 

我が家はせまいですが(3DKで庭付き)庭付きで4部屋あって4万円ちょっとの家賃です、東京では考えられないですよね。

 

その他にも固定費はそれほどかかりませんので、必要ではありますが、東京でのライフスタイルよりもお金はかかりません

 

都会から離れる不安

 

男の人はこれが大きいような気がします。

田舎にいくと志が低くなってしまう、俺はまだまだ挑戦していきたいんだ!と。

 

ぼくも宮崎に戻ってからは、子育てがおわったらまた都会で勝負しよう、と考えていましたが、そんなの吹き飛びます(笑)

 

田舎にいたって自分の思う存分にいろいろなことに挑戦できますし、今は場所は関係ない時代になりました、都会にいるときと同じような環境をつくり、頑張ることができます。

 

食の宝庫

f:id:kawabatamasami:20160420104816j:plain

 

田舎は海、山、川といった大自然とともに生きることができます。

 

田舎の田舎にいけば、おじいちゃん、おばあちゃんは、とても物知りで、山でとれるもの、川でとれるもの、海でとれるものを知っているのです。

 

食もとても新鮮なものになりますので、健康的になれる。

 

また、おすそ分けの精神もまだ根付いていますので、きせつ物のタケノコや、シジミ、アサリ、なんかをもらえます。

海に行けば自分でとれます(笑)

 

山に入れば川魚がたくさんいますので、釣りをしたり突きをしたりして魚をとることもできる、こどもと一緒にアドベンチャーな毎日をおくることができます。

 

場所は関係ない

 

ぼくは東京から宮崎にもどったときには、場所が重要だと考えていましたが、どうやら間違っていたようです。

 

場所はかんけいなく、楽しい環境にしていくには自分自身がそうなる努力をするべきだと知りました。

 

最近では、お金なしでも生きることができる人間を目指していて(笑)どこかで1ヶ月くらいしごとを休んで、ノーマネーで生活をするというライフスタイルをブログで書きたいとさえ思っています。

 

最後に

これから、宮崎の魅力もブログを利用して発信していきます。田舎に移住して子育てがしたい人は参考にされてみてください。

 

移住してみたいが、しごとが不安な方もいると思いますので、就職情報などもブログにも書いていきたいですね。

 

田舎暮らしでなにか聞きたいことなどありましたら、管理人メールアドレスまでご質問ください。

スポンサーリンク