おとうさんは工夫した

在宅ワーカー3児のパパブログ

Facebookに疲れた人は、使い方を変えてみよう!

どうも、在宅ワーカーまさみ(@masamikawabata | Twitter)です。

このブログを見ている人のなかに、GWで宮崎県に遊びにきている方はいるでしょうか?

 

実はわたくし、小学時代からのラーメンマニアでして、ラーメンインスタグラムもやっております!

 

宮崎県を中心にアップしていますので、ぜひ使ってやってくださいまし!!

 

これを機にフォローいただけると替え玉5回増しで喜びます。

▼こちらから

www.instagram.com

 

f:id:kawabatamasami:20160430082402j:plain

さて今日は、フェイスブックに疲れてしまった方々へ、オススメの使い方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

 

SNSに疲れている人が急増中!

危険信号です!ドクターです!タンカ!タンカ!

フェイスブックだけではなく、各種ソーシャル疲れの人が増えているようです。

 

前々からSNS疲れは言われていたことですね。

 

ですが、フェイスブックは、使い方をかえると非常に便利なものになるのをご存知でしょうか?

 

情報収集として使っていこう!

フェイスブックには「友達申請」「フォロー機能」がありますが、使い方知らない人がけっこういます。

 

f:id:kawabatamasami:20160430082125j:plain

じつはここに便利な使い方があるのです。

 

フォローとは?

よく聞くSNS疲れとは、友人知人とのプライベート共有によるストレスであることが多いです。

 

で、友達申請で友達が成立すると、自分のウォールに友達が投稿した内容が表示されることになります。

 

見たくないけど友達削除するのも感じわるくてできない!といった場合にフォロー機能が便利なのです。

 

便利なフォロー機能を活用しよう!

そもそもフォローとは、その人の情報を受け取りたいときに友達申請をしなくても、フォローすることで、その人が発信している情報を自分のウォールに表示させるものです。

 

つまり、Aさんの情報が知りたいけど、友達じゃない場合には、Aさんをフォローすることで情報を知ることができます

 

で、見たくなくなったらフォローを外すことで自分のウォールに表示されなくなる。

 

この機能は友達にも使えます。

 

フォローを外すと相手に分かっちゃう?

ズバリ、相手に分かることはありません。

しかも、フォローを解除しても友達のままなので、投稿だけを見ないようにすることができるピースな機能なのだ!

 

ヒーハーーー!!!

 

そもそもフェイスブックは、自分のウォールをカスタマイズできるように作られています。

 

ビジネスやサービスに活かすためにソーシャルを使うのに便利な作りにしてあるのです。

 

例えば、自分がファッションのサービスを提供している人だとして、街のセレクトショップの店員さんよりも、憧れのファッションモデルのコーディネート(情報)が見たいとする。

 

そういう時にモデルさんをフォローすることで、モデルさんのコーディネートという情報をキャッチできるようになるわけです。

 

一流のモデルさんのファッション情報をキャッチすることで、サービスに活かすことができるようになります。

 

これは、料理人も、ブロガーも、ビジネスマンも、一流の人の情報にワンクリックでリーチできるという素晴らしい使い方ができるのです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

フェイスブックに疲れてしまった人は、情報収集という使い方を考えてみてはいかがでしょうか。

 

見たいものや知りたいことを発信している人だけをフォローしていくことで、自分だけのオリジナルにカスタマイズされたフェイスブックができあがります。

 

ぼくは友達の投稿はぜんぶ見れるようにしていますが、その他にも見たい人をフォローして勉強したりしてます。

 

フェイスブックは、国をこえて海外の素晴らしい人たちの情報に、スマホ一つでたどりつくことができる、たいへん便利なものなのです!

 

それでも疲れちゃうようでしたら、使わないほうが良いですね。 

では、出かけまーす。

スポンサーリンク