キャンプジャンキー

寝ても覚めてもアウトドア

自宅にいながら海外買い付け(バイヤー)ってどうやるの?

どうも、在宅ワーカーまさみ(@masamikawabata | Twitter)です。

 

ぼくは在宅で仕事をしていて、プロフィールにも書いていますが、商品バイヤー、ネット販売、商品の開発、ネット販売商品の提供などをやってます。

 

f:id:kawabatamasami:20160523114102j:plain

 

海外から買い付けるわけなんですが、在宅でだれでもできることですので、今日はその方法をシェアします。

 

うまくできれば、外にパートで働くよりも効率がいいと思いますし、やりたいことの時間もたくさん作れるようになるはずです。

 

どんな風に買い付けをするのか?

こちらのエントリーでも書きましたが、やはり自分の好きなジャンルで商品をえらんでったほうが楽しいはずです。

 

www.kawabatamasami.com

 

で、在宅で(場所を選ばずどこでもできる)買い付けをするには、インターネットを使って海外から商品を買います。

 

海外から商品を買い付けることができるサイトはどんなサイト?

カンタンな順番で紹介していきます。

 

ebayで海外買い付ける

www.sekaimon.com

 

めちゃめちゃ有名なサイトがこちらebay公認のセカイモンで、プライベートなショッピングで使っている人もめずらしくないです。

 

海外限定のスニーカーからブランド品など、幅広く商品が集まっているのが特徴。

 

アパレルから雑貨など、家電、なんでも揃うはずです。

海外では1つの商品につき「最低何個」というオーダーが基本ですが、ebayならば1個から買うことができるのでリスク回避にもなります。

 

タオバオで買い付ける

こちらもebayと同じくめちゃくちゃメジャーな仕入れサイトです。

 

world.taobao.com

 

主に中国の商品がラインナップされているのですが、最近の中国の商品は品質も見た目もイケてて世界中で人気。

 

価格もすこしずつ高くなっていますが、まだまだ良い商品がたくさんあります。

 

が、ブランド物はやはり怪しいので避けたほうがいいですね(笑)

 

アリババで買い付ける

世界中のバイヤーが利用している超大手の買い付けサイトがアリババ。

 

japanese.alibaba.com

 

買い付けの代行から、工場なども登録しているサイトなので、かなり本格的な買い付けができます。

 

こちらもアパレルから家電など、いろいろなジャンルの商品ラインナップ。

というか、無いものがないんじゃないかな、、なんでもあります。

 

オリジナルの商品なども作ってくれる工場もみつかりますので、大きくやってくならベストな仕入れサイトです。

 

最後に

海外から買い付けをすることができるようになると、その逆の海外に出す方法も学べます。

 

これから、リアルショップやインターネットショップをしたいと思っている方がいたら、ぜひ海外も視野にいれてみてください。

 

たくさんの可能性がぐんと広がります。

 

また、仕事を探している方も、少しの資金からはじめてみると案外やれちゃうはずです。

 

販売のやり方などはこちらのエントリーにまとめていますので、参考にしてみてください。

 

www.kawabatamasami.com

 

では、しごとしまーす!