おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

夢はあるけどお金がなくてできない?このサービスなら資金を集めてくれるよ。

どうも、在宅ワーカーまさみ(@masamikawabata | Twitter)です。

 

「お店をもちたい」「アプリを開発したい」「アーティストとして活動したい」など、人の数だけいろんな夢がありますね。

夢を手にいれるために、お金をためてからスタートさせるという人がとても多くて、数年、もしくは10年ほどをかけて資金をためることがあります。

f:id:kawabatamasami:20160617105348j:plain

 

しかし、それってもったいなくないですか?

いまの時代、だれでもインターネットを利用して、世界中の人たちから「投資」をうけることができることを知っていますか?

 

今日は、誰でもインターネット上で投資をつのり、投資をうけることができるサービスについて書きます。

 

夢があるならクラウドファンディングを使ってみよう

数年かけて資金をためることが間違っているわけではないけど、せっかく便利になった世の中を使わないのはもったいない!

 

数年かけずに、今すぐ世の中に出すべきアイデアもあるはず。

あなたの夢、そのアイデアを「今」必要としている人たちがいるかもしれない

 

それを可能にするのが「クラウドファンディング」です。

 

クラウドファンディングってなに?

クラウドファンディングとは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。ソーシャルファンディングとも呼ばれる。 (Wikipediaより引用)

インターネットをつかって、世の中のあらゆる人から融資をうけることをクラウドファンディングといいます。

 

「お金ないなら融資するからやりなよ」という流れではなく「こういうことやりたいんで、皆さん融資してもらえませんか?」という投げかけができます

 

じっさいに、そういったサービスを提供している会社があるのです。

 

どこでクラウドファンドできるのか?

 いまぼくが注目しているのはコチラ、使ってみたいなぁとおもってます。

「CAMPFIRE」ってサービスで、なんと無料。

camp-fire.jp

 

流れとしては、

「自分のプロジェクトをつくる」

   

「審査・プロジェクトの公開」

   

「融資をうけて、リターン発行」

といった流れになるみたいです。

 

いまの時代、何かをやりたいとおもったときに、そのハードルはとても低くなっています。

 

ちなみにどんなプロジェクトがあるのか見てみました。

ボンドで画をかく人とか、

camp-fire.jp

 

音楽やっててアルバム作りたい人とか

camp-fire.jp

 

こちらのブログを書いている宮森さんという方も、CAMPFIREのクラウドファンドを利用して、なにか面白いことをやろうとしているみたいです。

camp-fire.jp

 

ほかにもキングコングの西野さん。

mag.camp-fire.jp

 

なんでもアリですね、やりたいことがあるなら早めに行動したほうがお得です。

 

最後に

やりたいことはあるんだけど〇〇が。。よく聞く言葉ですが、この〇〇に入る言葉は人それぞれ違います。

 

〇〇に入る言葉が、お金であるなら、クラウドファンディングを試したいですね。 

試してみるだけで実現できるかもしれないのにやらないのであれば、できない原因はきっと「お金」じゃないんだとおもいます。

 

ぼくも、やりたいことがあって、コンパクトなキャンプ場のような施設を山の中につくって、面白い人が集まれる場所を作りたいとおもっています。

 

コンセプトが定まったら、クラウドファンディングを利用するかもしれないです。