おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

ヤフオクで売れた時の発送について。運送業社はどこがいいのか?

この記事をシェアする

どうも、在宅ワーカーまさみ(@masamikawabata | Twitter)です。

f:id:kawabatamasami:20160705113617j:plain

副業エントリーを書いてます。過去のエントリーはこちらから見れますので是非!
 

はじめる準備も商品の準備も、商品画像も、出品ページもできた。次にやることは運送業者との契約です。

そのつど配送を依頼している人もいるようですが、契約したほうがメリットでかいので契約したほうがいいっす。

 

今日は運送業者との契約について書きます。

 

スポンサーリンク

 

 

インターネット販売をやるなら運送業者と契約しよう

他の人はどうやってるのか、これについて少しだけググって調べてみましたが面倒なこと書いてる人が多いです、ダメダメ。

個人で契約に最適な運送業者はおもに3つで、

  • ヤマト運輸
  • 佐川急便
  • 日本郵政

この3点のみ考えればマチガイないです、アマゾンだってそうしてる。

 

どこの業者が一番いいのか?ヤマト?佐川?郵便局?

どれもいいし、場所で変わる。住んでいるところの担当によってぜんぜん変わってきます。

で、カンタンに説明すると、電話して「契約したいんですが」と伝えれば担当の人が家まできてくれるので、3社全部に電話して、条件がいいところで選んでしまいましょう。

 

はじめは3つとも使って、じょじょに絞っていくとかいう人もいますが、面倒です。そんなことに時間をかけるくらいなら仕入れに時間をかけたほうが売り上げもあがります。

 

ちなみにぼくはヤマト運輸さんにお願いしていますが、ドライバーさんとも仲良くやってますし、ドリンクあげたらめちゃ喜んでくれます。w

 

商品が決まってないと話にならない

商品がきまってないと、配送方法を決めることができません。

運送業者にはそれぞれ商品(運送方法)があるので、コンパクトなサイズの場合と、大きいサイズの場合、保証がつくかどうか、運送スピード、などによって金額がかわってきます。

 

なので、商品をきめて、実際に売れてから運送業者に契約を依頼するのがベストです。

「これ送りたいんだけど、どう送ればお得ですか?」といった感じがスムーズ。

 

個数が増えたら割り引いてくれるか?はじめに伝えておく

f:id:kawabatamasami:20160705113734p:plain

慣れてきたら販売個数が増えてきます。

なので、発送件数がふえたら価格を安くしてもらえるようにしておくのが大切で、これは契約するときに伝えておきましょう。

 

何個以上になったら◯円、といったように明確な数字を出してもらっといたほうがスムーズです。

 

最後に

運送コストは販売をやっていくうえで重要になってきます。はじめは数個しか売れなくても増えてくると、だんだん送料の相場が分かってくるので、そのつど、契約を見直していくのも一つの方法です。

 

当たり前ですが、ドライバーさんとの関係も大切です。暑い日にはジュース1本もらえただけでも嬉しいはずで、「どうもありがとう」という気持ちでお付き合いするのをオススメします。

 

いかに値切るか、よりも、いかに仲良くなれるかの方が大切なのは、あらゆる物事に共通していることですね。

自分と仕事でかかわる人たちが、いかに喜んでくれるかを考えることが、インターネット販売で良い結果を出す要素なんじゃないかと、6年やってて思います。

では、しごとしまーす。

スポンサーリンク