おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

フリーランスになる手続きと、何を武器に仕事をしていくかを考える

この記事をシェアする

どうも、在宅ワーカーまさみ(@masamikawabata | Twitter)です。

f:id:kawabatamasami:20160718101922j:plain

よく、インターネットを使ってどんな風に仕事をしているのか、フリーでやっていくには何が必要なのかといったことを聞かれます。

 

今日はフリーランスの始め方と、何を武器に始めるかについて書きます。

スポンサーリンク

 

 

フリーランスの始め方と何を武器にやっていくか

フリーランスとしてやっていくのに、何か特別な資格やものが必要といったことはありません。

誰でも今この瞬間から始めることができます。

 

それでは詳しく書いていきます。

 

フリーランスの始め方と手続きについて

フリーランスを始めるのに必要な手続きはとくにありません。

業種が決まっているようでしたら、税務署へ開業届を提出するだけになります。

 

開業届を出さなくても、確定申告さえしっかりやっておけば問題はないです。

 

開業届の提出方法

f:id:kawabatamasami:20160718102055j:plain

最寄りの税務署へ行き、開業届の用紙に必要事項を書いて出すだけです。

書き終わったら税務署の職員がいろいろとチェックしてくれますので、それに従って進んでいけば、すぐに完了します。

 

これからフリーとしてやっていく中で、税金の面もふくめて分からないことは聞いておくとスムーズです。

 

フリーランスとして何を武器にやっていくか?

フリーランスとして仕事をやっていくのに何を武器にしたらいいのか?

やはり自分の得意な分野で仕事を考えていったほうがうまくいくはずです。

 

ぼくの場合は、コンピューターやインターネットが得意だったので、その2つを武器にやっています。

フリーランスでやっていきたい人は、やりたいことを抜きにして、一度、自分が何が得意なのか、人よりも得意なスキルなどをしっかり考えることで、何を武器にしていくべきかが見えてくるはずです。

 

自分の得意なことが見えたら仕事と結びつける

ぼくの場合は、自分の得意なことと、やりたいことなどを組み合わせました。

ぼくはインターネットとコンピューターを利用して、どこでも仕事ができるワークスタイルを実現させたかったので、いろんなものを組み合わせて考えました。

 

やりたいことの他に、自分が何に喜びを感じるかを考えて、喜びを感じることと自分の得意なことを組み合わせてみるのもオススメです。

 

最後に

フリーでやっていくのは大変ですが、とてもやり甲斐があります。

そもそも失敗の連続なので、失敗を前提にやっていくと気持ち的にも楽に仕事ができると思います。

 

フリーランスを始めるにあたり、難しい手続きなどは一切必要ありませんので、何を武器にやっていくかを考えながらやっていけばスムーズです。

スポンサーリンク