おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

フリーランスが効率よく生産性を上げるために実行できること

どうも、在宅ワーカーまさみ(@masamikawabata | Twitter)です。

f:id:kawabatamasami:20160720140834j:plain

フリーランスとして仕事をしていくなかで、とても大切な事があります。

それは「生産性を上げること」です。

 

やみくもに仕事をしていくよりも、考えながら効率を上げていく事がとても重要です。

 

今日は、生産性をあげるために実際にぼくが実行している事について書きます。

 

生産性を上げるために実行できること

自分の仕事全体を客観的に見て、生産性のある仕事と、そうじゃない仕事を区別します。

 

生産性のない仕事は徹底的に後回しにして、まずは生産性のある仕事から取りかかる。

さらに生産性をあげるために使えるもの(ツール)は使っていきます。

 

それでは具体的にまとめます。

 

はじめる前にその仕事は利益を生み出す仕事なのかを考える

ぼくのインターネット販売で例えるなら、出品ページを作る仕事は利益を生み出す仕事です。

逆に、売れた後にしなければならない梱包や発送業務といった仕事は1円も利益を生み出しません。

 

帳簿をつけるといった仕事や、メールを送るといった仕事も同じように、1円も利益を生み出すことはないので、後回しでやっています。

 

利益を生み出す仕事には、徹底的にウエイトをかけてしっかり考えて仕事していくようにすれば効率があがります

 

効率をあげるためにできること

1、仕事をはじめる前に1日のスケジュールを組み立てる

ぼくの場合は、朝おきてデスクに座ってまずやることがコレです。

 

メモに、その日にやるべきこと(利益を生み出す仕事)を書いていきます。まずはそれを終わらせてから、利益を生み出さない仕事に取りかかっています。

 

2、時間で区切って仕事をする

出品ページや商品画像の作成などは中途半端におわってしまうと気持ちが悪かったりします。

最後までやりきってから次の仕事に進んでしまいがちですが、グッと我慢して次回にまわすようにしています。

f:id:kawabatamasami:20160719112317j:plain

時間で区切ってその通りに突き進んでいったほうが、最終的にはスムーズに完了できます。

 

ぼくはブログの時間を2時間とっていますが、その間で書き終わらなくてもブログを書くのをやめるようにしています。

 

他にも大切な仕事はありますので、全て時間スケジュール通りに進行してタイムアップがきたら作業終了を徹底します。

タイムアップがきてもダラダラと作業を続けてしまうと、結局すべてがずれ込んできてしまうので効率が悪いです。

 

3、ツールを使って作業量を増やす

f:id:kawabatamasami:20160720142500p:plain

一人でやっていると、作業量のキャパに限りがでてくるので、そういった時には便利なツールを利用すると便利です。

 

ぼくは商品画像のリサイズや白抜きの加工、発送作業、メールの自動返信などのツールを実際に使っています。

 

ツールを使うことで1人でできる作業量のキャパがグッと高まるのでオススメです

 

4、マニュアル化・テンプレ化していく

f:id:kawabatamasami:20160720143834p:plain

1日の作業はマニュアル化できることが大半だったりするので、マニュアル化できることはマニュアル化してその通り作業を進めていくようにします。

 

ユーザーへのメール対応などはテンプレート化できるものが大半なので、メールはほぼテンプレート返信にすることで、時間をかけずにスムーズに処理できるようになります。

 

特にテンプレート化にすることは、とても効率が上がるのでオススメです

 

5、その仕事は何のため(結果)にやるのかを考える

全ての作業は結果にフォーカスしてやっていくべきです。

これからやろうとしている仕事は何のためにやるのかを考えて、その結果から逆算して最短距離で完了させるにはどうすればいいかを考えます。

 

ダラダラとやってしまうと、大幅に時間をロスしてしまうことになるので、もったいないです。

 

最後に

あくまで僕が心がけて実行していることなので、人によって異なります。

 

自分の作業をふりかえって、「もっと効率よくできないか」「使えるツールはないか」「自動化できないか」といったことを考えることで、無駄に浪費していた時間を他のことに使えるようになります。

 

自分の仕事について意識したことがなかった場合には、これらをチェックしてみると良いかもしれません。