おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

お店、サービスのホームページやブログをどう仕事につなげるか?

どうも、在宅ワーカーまさみ(@masamikawabata | Twitter)です。

今月に入り、またブログのアクセスが伸びてきました。4月からほぼ毎日書いてますが4ヶ月たってようやく見てくれる人が月間で2000人を超えてきました。

f:id:kawabatamasami:20160807092140p:plain

で、最近はホームページの作成などもやっていますので、どのようにすれば見てくれる人が増えるのかを徹底的に勉強しています。

そこで今日は、お店、サービスのブログやホームページをどう仕事につなげるか、について書きます。

 

お店のブログやホームページで意識するべき事

f:id:kawabatamasami:20160807192417j:plain

ズバリSEOです。

うわっ!でた、苦手なやつ。と思った方々、安心してください。ww

僕なりに勉強したことについて簡単に説明します。

 

お店、サービスのホームページやブログは日記じゃダメ

ブログは日記みたいなもんだと思っていたんですが、大きな間違いでした。

個人的に自己満でブログやホームページをやっているなら日記でもいいんだけど、お店やサービスだとそれじゃ意味ないです。

 

まず、ホームページやブログを何のためにやるのか?考えなきゃいけません

ズバリ、お店やサービスのホームページやブログ運営は、「売り上げを上げるため」にあるはずです

予約を取りたい、人に知らせたい、新規ユーザーが欲しい、などを目的としてやるはずです。

「やらないよりはマシ」的なニュアンスでお店のブログを日記的に書いていたりもするかもですね。

ではどのように運営するのか?

 

狙いたいキーワードに対して的確に弾丸を撃ち込む

f:id:kawabatamasami:20160807192502j:plain

お店やサービスのためにインターネットを利用するということは、不特定多数の人に知らせるためです。

例えば、ブログやホームページを「新規ユーザーを増やしたい」という目的で始めるなら人はどう検索して自分のお店やサービスを知るか?を考えないといけない

 

僕は宮崎県に住んでいますが、宮崎県で美容室をやっているとします。

美容室の新規のお客さんを増やしたいなら、来てくれるであろう見込みのある人はどんな検索で宮崎県の美容室を探しているか、または、普段インターネットでどんな検索をしているのか?を想像します。

 

具体的に行きたい美容室を探す時にはこんな風な検索をしているはずです。

  • 「宮崎県 美容室」
  • 「宮崎 ◯市 美容室」
  • 「激安 宮崎 美容室」
  • 「30代 宮崎 ◯市 美容室」

など。

また、美容室に定期的に通う人たちが探している情報はなにかを考えます。

普段どんなことに興味があって、インターネットでどんな検索をしている人が来てくれる可能性があるか?

例えば

  • 2016 流行 女性
  • 女性 ファッション
  • オシャレ 髪型
  • 髪の毛 手入れ
  • 女性ファッション セール情報

などを予想したとすると、新作の情報や商品の入荷情報ではなく、このようなキーワードをブログに盛り込んで徹底的に役にたつ情報を発信していきます

 

ブログやホームページにこれらの情報を書いていくのです。

例えば

「美容室のスタッフが注目している宮崎県のセレクトショップ」

「トップスタイリストが選ぶトリートメント10選」

などといったエントリーでしょうか。

 

自分のお店に来てくれるであろう人たちの興味のあるキーワードを予測して、徹底的に情報を発信していく。その情報が素晴らしいコンテンツであれば、Google検索から評価されて上位表示されるようになります。(SEO)

 

さらに、その情報が本当に素晴らしいコンテンツであれば、見てくれた人はソーシャル(フェイスブックやツイッター)でシェアしてくれるようになります

するとどんどん拡散されて見てくれる人も増えてきます。

 

その中の数パーセントの人が、自分のお店に予約を入れてくれたりするようになる。また、ブログやホームページをお気に入りに追加してくれて、定期的にサイトを見てくれるようになれば、違ったサービスを展開することもできます。(お店のオリジナル商品の販売など)

 

最後に

僕なりにキーワードを選びながらブログを書いてきましたが、ようやく2000人を超える人たちから見てもらえるようになりました。

いろいろ勉強して辿り着いたので、もっと意識してみたいと思います。

 

お店やサービスのホームページやブログをやる目的をしっかり決めて、その目的を達成するためのキーワードで情報を発信していきましょう。

 

また何か新しい発見や修正するべき箇所がわかったら書きたいと思います。

では今日はこのへんで!

バイバイキーン!