おとうさんは工夫した

メインはファミリーキャンプ

日本版の上海蟹(モズクガニ、山太郎ガニ)を求めて山へ。捕まえ方と道具、食べ方について

f:id:kawabatamasami:20160825113050j:plain

夏になると日本版の上海蟹であるモズクガニ(山太郎ガニ)の漁が解禁になります。

食べたことのある人はお分かりでしょうが、モズクガニは塩茹で・味噌汁でいただくと、めちゃくちゃ美味しいカニです。

そこで今回は、モズクガニ漁を3年ほどやってきましたので、モズクガニの漁に使う道具、食べ方についてまとめたいと思います。

実際のモズクガニ漁の様子と一緒にごらんください!

スポンサーリンク

 

▽目次

 

モズクガニ・山太郎ガニを捕まえる(漁)

8月から11月まで解禁される山太郎ガニ(モズクガニ)

山太郎ガニ(モズクガニ)は8月から11月の期間で漁が解禁されます。(許可が必要)

漁をするには遊漁券が必要になりますので、お住いの地区の漁業組合に問い合わせをします。

遊漁券の発行と、漁のできる川を教えてくれますよ!

 

モズクガニ・山太郎ガニ漁に使う道具と仕掛け

モズクガニ・山太郎ガニの漁は高価な道具はいりません。

5千円ほどで仕掛けもそろいますので、初心者の方でも始めやすいアウトドアです。

使う道具はこの3つ。

・カニカゴ

・鮎足袋(長靴)

・エサ(鶏肉など)

・カニを持ち帰る容器

だけです。

f:id:kawabatamasami:20160825125849j:plain

こちらがカニを捕まえるためのカニカゴになります。釣具屋さんに行けば1000円ほどで手に入れることができます。

モズクガニ・山太郎ガニ漁の仕掛けは、このカニカゴの中にエサとなる鶏ガラや鶏肉を入れて、川の中にしずめておくだけです。

仕掛けをセットした翌日にカゴを引き上げにいくだけなので簡単なんですよー

f:id:kawabatamasami:20160825113140j:plain

準備がととのったら、さっそく山の中へ!

靴は「鮎タビ」という川靴を履いていきます。

f:id:kawabatamasami:20160825114142j:plain

鮎タビじゃなくとも、山を歩ける渓流シューズなどでも大丈夫です

 

実際のモズクガニ・山太郎ガニ漁の様子

渓流へ行く

では実際の漁の様子をお届けします!

f:id:kawabatamasami:20160825113644j:plain

ここを下ります。かなり急な斜面ですが、下りるとすぐに綺麗な川があります。

f:id:kawabatamasami:20160825113723j:plain

僕にモズクガニの漁を教えてくれている師匠は80才を超えてます!

しかし、僕よりも軽やかで山の中の動きは早いです。w

f:id:kawabatamasami:20160825114321j:plain

f:id:kawabatamasami:20160825114332j:plain

f:id:kawabatamasami:20160825114342j:plain

渓流はとっても癒されますねー自然は綺麗です。

 

仕掛けたカニカゴを引き上げる

仕掛けているカニカゴを引き上げながら渓流を進んでいきます。

カゴの中にカニが入っていれば持ち帰り用の容器に捕獲。

捕獲したらエサをつけかえて、再度、川の中にカニカゴを仕掛けていきます。

f:id:kawabatamasami:20180226163853j:plain

仕掛けるポイントは、このように水深があるところにカニカゴを仕掛けていきます。

エサは鶏肉のほかに、魚のガラなどでもモズクガニを捕まえることができます。

f:id:kawabatamasami:20160825130111j:plain

ゲット!カニカゴ左下の黒いやつがカニ。f:id:kawabatamasami:20160825130340j:plain 

挟まれるとめちゃくちゃ痛いらしいです。

サイズが小さいモズクガニは、とらずに川にリリースします。

f:id:kawabatamasami:20160825130600j:plain

 

カゴを補修する

仕掛けのカゴを引き上げたらエサを付け替えて仕掛けなおす。

これを繰り返しながら、上流まで登って行いきます。

f:id:kawabatamasami:20160825130744j:plain

カニカゴの網をハサミで切ってにげるカニもいるので、破れてしまったカニカゴを修理しながら進みます。

f:id:kawabatamasami:20160825130944j:plain

f:id:kawabatamasami:20160825131005j:plain

切られてしまったところは、太めのロープや紐で補修するようにします。

けっこう切られてしまうので、修復用のロープや紐は多めにもっていくと便利です。

f:id:kawabatamasami:20160825131316j:plain

f:id:kawabatamasami:20160825131331j:plain

f:id:kawabatamasami:20160825131540j:plain

なかなか大漁でした!

 

害虫・毒ヘビに注意

山の中ですからマダニ・スズメバチ・マムシには注意が必要です。

ポイントによっては身を守るためにも、ウェーダーなどをしっかり着用するようにしたほうがいいですね。

モズクガニ(山太郎ガニ)漁にかぎらず、山や川での漁や釣りの時には同じように害虫や毒ヘビには注意するようにしてください。

この記事で害虫・毒ヘビへの注意点や対策についてまとめてますので、良かったら参考にしてください。

 

モズクガニ・山太郎ガニの調理法

獲れたモズクガニ(山太郎ガニ)は味噌汁にするか、塩だけで茹でて食べるのが一番美味しいです。

 

モズクガニ・山太郎ガニの茹で方

持ち帰ったカニを鍋に入れていきます。

f:id:kawabatamasami:20160825131831j:plain

大きめの鍋にカニを入れて、

f:id:kawabatamasami:20160825131849j:plain

クリップでフタを固定します。

f:id:kawabatamasami:20160825131910j:plain

f:id:kawabatamasami:20160825131917j:plain

塩を入れたら火にかけます。

アクをとりながら30分から1時間ほど茹でていきます。

茹でているとアクが出なくなってきますので、そのタイミングが完成ですねー

f:id:kawabatamasami:20160825132016j:plain

できあがり。

上海蟹を食べたことがある人は知っていると思いますが、強烈にコクがあって本当に美味しいです。

酒好きにはたまらんでしょー!

 

モズクガニ・山太郎ガニの食べ方

f:id:kawabatamasami:20180226165043j:plain

カニを開いたらこの部分(ガラ)はとりのぞきます。

あとは普通のカニと同じですねー。爪や足の身の旨味はとっても濃厚です。

f:id:kawabatamasami:20160825135412j:plain

カニ味噌!

ぶりっとしてますね!ウニみたい。

f:id:kawabatamasami:20160825135450j:plain

ミソにかぶりつきます、最高!

f:id:kawabatamasami:20160825135512j:plain

カニ身は小さいですが旨いです。

f:id:kawabatamasami:20160825135528j:plain

甲羅に酒を入れて甲羅酒、うまくないわけないです。

ヤバイっすよー

 

まとめ

モズクガニ漁は道具も安いので、あまりお金をかけずに始めやすいです。

田舎ではモズクガニの他に、ヤマメ・アユ、地域によってはイワナなど、様々な川の食材をゲットする事ができます。

ヤマメや鮎釣りについてはこちらの記事でまとめていますので、良かったら見てください!

自分でとって自分で食べる、この体験はすごく刺激的なんですよねー

田舎に住んでいる方や、これから移住を考えている方は、是非とも山でのサバイバルを体験してみてください。

漁には許可がひつようになりますので、お住いの漁業組合に問い合わせてみましょう。

遊漁券を発行してくれますし、漁が可能なポイントや注意点なども全て教えてくれますので、初心者でも安心して始めることができますよ! 

スポンサーリンク