キャンプジャンキー

寝ても覚めてもアウトドア

6年ぶりに人と仕事をしてみて感じたこと〜日本一周にむけて〜

どうも、まさみ(@masamikawabata | Twitter)です。

f:id:kawabatamasami:20160828165521j:plain

ずっとこれまで個人で仕事をしてきましたが、6年という節目で「人と仕事がしたい」と思うようになりました

ブログでもそのことについては書いたりもしてきましたが、縁あってすぐに仕事をいただくことができました。

6年ぶりに人と仕事をしていて感じたことと、フリーの人が頭にいれておかなきゃならんなと思ったことがありますので、今日はそのことについて書きます。

 

6年ぶりに人と仕事をしていて感じたこと

まずはじめに感じたことは、やはり「めちゃくちゃ時間をとられる」ということです。

ぼくの仕事の方針が下手くそだという理由もありますが。。

一人でやっていたときとは違い、こうした方がいいなと思ったことを次の瞬間に実行できません

間にワンクッション「確認」という作業と時間コストがかかります。

 

相手の要望に合わせるのがプロなのか、という葛藤

f:id:kawabatamasami:20160828165948j:plain

たとえばウェブサイトを作る仕事をいただいたときに、クライアントが「作るだけでは意味がない」ということを理解していればスムーズです。

そうじゃない場合も、玄関口としてのホームページだと割り切っているケースもスムーズです。

 

ですが、ウェブサイトを作りさえすればお客さんが増えると勘違いしているクライアントだときついです。亀田選手に強烈な左ストレートをくらって目の前に星がチカチカに出てきてダウンするくらい強烈です。

 

また、「客がこないのは知ってるけど玄関口として」という割り切ったケースも正直さびしかったりします。やはり意味のあるものを世の中に生み出したいという、シャムシェイドばりの3分の1の純情がうずきます。

 

こうしようと思ったことに対してすぐに対応できない。「確認」という時間ロスへの複雑な感情

f:id:kawabatamasami:20160828170433g:plain

これまで個人でずっと黙々とやってきたので、「こうしよう」というアイデアが思いついた次の瞬間に試すことができました。

でもクライアントとの仕事だと、確認という時間ロスが生まれます

 

これはきっと当たり前のことなんでしょうが、ずっと個人でやってきたぼくにとっては歯がゆさもあります。

しかし、作り上げた先にどんな喜びがあるのかは楽しみです。やはりクライアントには喜んでほしいです。それがぼくの喜びです。(好感度アップ狙いw)

 

同じような環境に進もうとしているフリーの方は、きっと同じようなことを思うと思いますので、頭に入れておいた方がいいです。

 

成功体験をくれるという思いを忘れてはいけない

f:id:kawabatamasami:20160816115119j:plain

個人でやると効率もいいし時間的な束縛もなく、自分の好きなように仕事をやっていけることを知っている人は、「やっぱ個人でやってこう」と思うときがあるかもしれません。

 

そんなときには、「クライアントは成功体験をくれる相手だ」ということを頭にいれておくとブレません。

人と仕事がしたいと思ったからには、あきらかにやりたくない仕事であれば引き受けませんが、少しでも「面白そうだな」と思った案件はやっていこうと思っています。

これは失敗だったな、とか、うまくいったな、という経験をもって成長していきたいです。

 

「人と仕事がしたい」という内容で、こんなことがやりたいんだという願望はすでにありますが、いきなりそんな仕事ばかりをできるわけじゃないのは分かっています。

ぼくのようにブレそうになったときには、成功体験をつんだ先にある、ネクストレベルの景色を思い描いてほしいです。

 

最後に

6年ぶりにチーム(クライアントと)で仕事をしています。

いくつかお仕事をいただいていますが、どれも違った面白さ、大変さ、難しさ、楽しみなどがあり、勉強させてもらっています。

 

6年ぶりの人との仕事でえた収入は全て家族で日本一周の資金にします!

ぜったい日本一周いってみせるぞー!!

エイエイオー!

では今日はこのへんで。

バイバイキーン!

 

こちらのエントリーもオススメです。

スマホ代3000円にする節約術!

家族で日本1周の旅

1ヶ月間の断酒日記

スマホ&SNSのセキュリティ