キャンプジャンキー

寝ても覚めてもアウトドア

インターネットで販売しても売れないときにやるべき改善策

f:id:kawabatamasami:20160909120739p:plain

 

久しぶりに仕事のことを書きます。

6年ぶりに人と仕事がしたいと思いはじめて、いくつか新しい取り組みができるようになりました。

で、本業のインターネット販売も同時進行でやっているんですがハードです。目の下はくぼんでしまい、黒ずんだクマはほっぺたまで広がってきました。(嘘)

 

ぼくの周りでもインターネットを利用してブログやショップを始めた人もいるんですが、ショップを始めた友人が、なかなか思ったように売れずに困っているようだったのでブログに書きたいと思います。

 

 

リアルショップでも、インターネットでも売れないときに考えること

一応インターネット販売をやって6年になりますが、はじめはやはり売れない時期がありました。今もですが。。

で、ぼくはリアル店舗でスニーカーショップを開業して、わずか半年で潰したというミラクル失敗の経験から学んだ事をお伝えします。

 

自分の売りたいものや趣味を押し出しすぎていないか?

ぼくがスニーカーショップを失敗した理由はこれが一番大きくて、自分がカッコイイと思っている商品だけをラインアップしていました。

 

ここでいう意味は、「幅広く商品をそろえなければいけない」ということを言っているのではなく、自分の趣味や価値観が主体となった商品だと売れないということです。

 

めちゃくちゃにセンス抜群で、芸能人なみの認知度があれば話はべつですが、

f:id:kawabatamasami:20160909114509g:plain

こんな奴(これぼくです。w)が自分の趣味ゴリゴリの商品を提供しても誰も見向きもしない。だって人間だもの。

 

これを欲しい人はどこに集まるか、なぜ欲しいのか。これをズバッと言えなければ売れないです。

 

ではどうすれば良いのか?

売れている人のマネをするか、アイデアを変えることをオススメします。ときには勇気ある撤退も考えて次にいくべきだったりします。

 

まず、売れている人のマネをするためには情報をゲットしなければいけないので、「売れている人、もしくは売れている商品」を探します

方法は

  • 楽天の売り上げランキング
  • メルカリの販売評価が多い出品者
  • ヤフオクの販売評価が多い出品者

自分の取り扱っている商品のジャンルの、このあたりをチェックすれば、だいたいどんな商品が売れていて、出品者の情報もわかります。

で、チェックするポイントは、

  • 商品画像の違い
  • 説明文の違い
  • 商品タイトルの違い
  • 価格の違い

です。

これらを自分と売れている人のものを比較してみて、できるだけ近づける努力をします

 

マネをして売れるようになれば、自分のスキルになり、そしてゆくゆくは自分のアイデアもリミックスされてオリジナルになります。

それまでは見習いながら販売をやっていったほうがスムーズです。

商品撮影の方法などはこちらのエントリーにまとめていますのでチェックしてみてください。

www.kawabatamasami.com

www.kawabatamasami.com 

www.kawabatamasami.com

www.kawabatamasami.com

 

それでも売れない場合は?

それでも売れない場合には、最終手段でヤフオクで「1円スタート」してみることをオススメします。

「なぜ売れないんだ」ということが分からないときにオススメ。

 

ヤフオクの販売力はすごくて、特に1円スタートはハンパじゃなく売れます。だって1円だもの。

 

で、ここで全く入札が入らなかったり、入札がきても価格が上がらない(欲しい人が少なくて入札ラッシュがこない)場合には、「売れない商品を扱ってるんだな」ということがわかります。

そんなときには、勇気ある撤退をして次にいったほうがいいです。

 

これを繰り返して、少しずつ自分の中にスキルがたまっていけば、どうにかこうにか収入を得るくらいにはなるはずです。食えるかどうかは分からないです。

 

最後に

6年前はとにかく何でも売れてましたが、今はそうじゃないですね。

自分の好きなものを売る、から、人に喜んでもらえるものを売る、という意識にシフトチェンジすればいろいろ見えてくるかもしれません。

 

では今日はこのへんで!

バイバイキーン!

 

こちらのエントリーもオススメです。

スマホ代3000円にする節約術!

家族で日本1周の旅

1ヶ月間の断酒日記

スマホ&SNSのセキュリティ