おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

宮崎県で松林の大自然を満喫できるキャンプ場「えびの高原キャンプ村」

f:id:kawabatamasami:20161031105523j:plain

宮崎県には松林の自然を満喫できるキャンプ場があります。あたりいちめんが松林

標高も高い位置にあるので、赤松もちらほらと見ることができ、朝、昼、夜でその時間帯の景色を楽しむことができます。

 

今日は宮崎県えびの市にある「えびの高原キャンプ村」のレポを書きます。

 

松林の大自然を堪能できるキャンプ場

キャンプを堪能したら周辺スポットにも素晴らしいスポットがたくさんあってオススメです。

  • キャンプ場エントランス
  • テントサイト
  • 料金
  • 楽しみ方
  • 周辺スポット

これらをまとめます。

 

エントランスは広々、料金もわりと安めな設定

f:id:kawabatamasami:20161031110500j:plain

キャンプ場に入るといきなり大きなこの建物が出迎えてくれます。その前が駐車場スペース。

f:id:kawabatamasami:20161031110532j:plain

けっこうたくさんのキャンパーがきていました。

この「えびの高原キャンプ村」周辺には、宮崎県でも有名な観光スポットである3大池や、トレッキングを楽しめる山がたくさんあるので、県内外からたくさんの観光客でにぎわっています。

 

この日は10月の後半なので、紅葉もはじまっていたのでかなり多くの人で賑わってました。

f:id:kawabatamasami:20161031110527j:plain

こちらが管理棟、受付と道具の貸し出し、簡単な説明などをレクチャーされます。

 

知らずに来ると最悪な気分にさせられるので先に書いておきますが、管理人の接客には期待しないでください。ww

まぁ、ロケーションと素晴らしい自然と周辺スポットがうまくカバーしてくれてます。w

 

料金は小学生からかかります。

我が家は一番上の子がまだ5才だったので、ぼくと妻のみの料金でした。

 

テントとタープは持ち込み、道具は

  • BBQセット
  • 木炭3キロ
  • 焚き火用の薪セット

それと大人2人のキャンプ利用料で3600円くらいでした。有名観光スポットなので、まぁ安いんじゃないでしょうか。

 

ゴミは最後に仕分けして捨てることができるので、大きなビニール袋を何枚かもっていきておくと便利です

 

テントサイト・キャビンサイト・テントのウッドデッキサイト

キャンプ場がかなり広いスペースになっているので、たくさんのスペースがあります。

f:id:kawabatamasami:20161031112347j:plain

サイトが3つに分かれていて、中央から上(奥)が芝生のテントサイト、その奥がケビンサイトになります。

こちらが芝生のテントサイトで、

f:id:kawabatamasami:20161031112631j:plain

この辺がケビンサイトです。

f:id:kawabatamasami:20161031112519j:plain

f:id:kawabatamasami:20161031112531j:plain

中央から上の方にのぼるとウッドデッキのテントサイトになるんですが、今回こちらにテントを張りました。

f:id:kawabatamasami:20161031112817j:plain

車でテントサイトまで乗り入れができないので、リヤカーで荷物を運ばなきゃならんのですが、ファミリーだと大荷物でしょうから覚悟がいります!

f:id:kawabatamasami:20161031112938j:plain

f:id:kawabatamasami:20161031112946j:plain

けっこうな斜面の坂を登らなきゃならんのです。。これはマジでしんどかった!

テントサイトに到着すると松林がお出迎えです。

f:id:kawabatamasami:20161031113823j:plain

f:id:kawabatamasami:20161031113836j:plain

ウッドデッキのテントサイトから「えびの岳」への登山口もあります。

f:id:kawabatamasami:20161031113246j:plain

すんごいっす、、松!松!!

f:id:kawabatamasami:20161031113128j:plain

f:id:kawabatamasami:20161031114202j:plain

ウッドデッキの上にテントを張るんですが、このエリアには写真のように石でつまれた「かまど」が1サイトにつき1つ利用できるので、夜の焚き火の雰囲気はバッチリです。

f:id:kawabatamasami:20161031114014j:plain

f:id:kawabatamasami:20161031114024j:plain

また、各テントエリア(芝生、デッキ、キャビン)には、かなりきれいな調理場とトイレがあります。これはかなり嬉しかった。

 

調理場とトイレ

f:id:kawabatamasami:20161031114235j:plain

トイレ、けっこう広くて綺麗に手入れされていました。使いやすかったです。

f:id:kawabatamasami:20161031114303j:plain

こちらが洗いと調理場です。こちらもきれい。

f:id:kawabatamasami:20161031114325j:plain

ナイスな

f:id:kawabatamasami:20161031114338j:plain

広さやん!

 

周辺の観光スポットについて

  • 韓国岳
  • えびの高原池めぐり
  • トレッキング
  • 温泉

などがあります。

韓国岳とえびの高原池めぐりは、トレッキングが楽しめます。

f:id:kawabatamasami:20161031114916j:plain

f:id:kawabatamasami:20161031114919j:plain

それぞれ素晴らしいのでオススメなのだ!

温泉施設はキャンプ場のすぐ隣にあります。家族風呂(貸切風呂)が1000円ちょっとで入れるので、キャンプがてら楽しむのもありでしょう。

 

まとめ

周辺のスポットについてはまたの機会でまとめます。

キャンプ場も素晴らしいですし、周辺スポットは自然がつくりだしたダイナミックな景色を楽しめます。オススメですね!

 

また、

f:id:kawabatamasami:20161031115234j:plain

f:id:kawabatamasami:20161031115237j:plain

キャンプでの焚き火はほんとうに最高です。

火を見ると、なぜあんなにも気持ちが安らぐんですかね。お酒を飲みながら幸せなひと時を〜

 

ダッシュ!

 

こちらのエントリーもオススメです。

宮崎県のオススメスポット

宮崎県のキャンプ場

スマホ代3000円にする節約術!

1ヶ月間の断酒日記