おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

効果的なフェイスブックページの使いかた

ぼくが好きな「旅」をテーマに、コミュニティ的なフェイスブックページを作っていろいろ実験しながら運営しているんですが、ようやくもり上がってきました。

運営しているのはこの

 

f:id:kawabatamasami:20161111105941p:plain

宮崎の旅」というフェイスブックページです。

 

コメントをもらうことを目標にしていたんですが、投稿するとコメントをもらえるようにもなり、一回の投稿で30〜70くらいの「いいね」をもらえるようになって、リーチ数は1000近くまでいくようになって嬉しいです

 

今日はぼくがどのようにしてフェイスブックページを運営したのかについて書きます。

 

 

フェイスブックページの効果的な使いかた

自身が提供しているサービスや、お店のフェイスブックアカウントを運営している人がいますが、ざっくり3つに分かれています。

  1. いいねがいっぱいで賑やか
  2. ページのいいねはあるのに投稿に対するいいねが少ない
  3. 更新していないw

こんなかんじです。

1はいいけど、2だと寂しい。3はウンコです。

 

で、試行錯誤したんですが注目したのはこの3つ。

  • 「ページ」へのいいね
  • 「投稿」へのいいね、シェア、コメント
  • なにを投稿するか

それぞれまとめます。

 

「ページへのいいね」はあてにならない

「フェイスブックページに対するいいね」を大量に獲得しているお店やサービスはありますが、何万件といいねがついているのに、投稿に対するいいねがあまりつかないページがあります

 

これだとダメなんじゃね?と感じたので、盛り上がっているフェイスブックページをごっそり研究してみたんですが、一つの結論というか、目標値がでました。

 

それは

投稿いいね÷ページいいね

が、

1〜10%あればもりあがる!

です。

どういうことか?

 

投稿した内容に対してのいいねを見よう

これ昨日のぼくのページの投稿なんですが、

f:id:kawabatamasami:20161111111332p:plain

一回の投稿で80人以上の人からいいねしてもらいました。嬉しいです。いつも見てくださってありがとうございます。

 

このくらいの数のいいねがつくと、733人くらいの人にリーチできます。

シェアも3件もらえてコメントもきました。もちろん知り合いではなくページで繋がった人たちです。

 

んで、次にみるのが「ページへのいいね」です。

ぼくの宮崎の旅の「フェイスブックページへのいいね」はというと、

f:id:kawabatamasami:20161111112148p:plain

431人です。これは「ページへいいね」をしてくれている人ですね。

 

ここは、ぼくなりに効果的であろうとおもう属性に絞って1日200円くらいの広告費をかけました。今はもう広告は出していませんが、効果的な広告のかけかたについてはまた次回書きます。

 

この「ページへいいね431人」と「投稿のいいね80件」に注目し、割り算します

さきほどの、投稿いいね÷ページいいねに当てはめて「80÷431」とすると0、19。

 

この場合、10%以上のいいねを獲得していることになるんですが、ぼくが調べた結果だと、だいたい5%くらいあればもり上がっているフェイスブックページになっています。

 

間違ってたらゴメンなさい、、ただこの数字を目標としてやってみるとコメントやシェアももらえるようになったことは事実です。

 

なので目標としては、先ほどの計算で1〜5%くらいになるようにすれば問題ないはずです。

では何を投稿するのか?

 

フェイスブックページで投稿する内容

f:id:kawabatamasami:20161111113332g:plain

宣伝や特売、料金、価格、店休日のお知らせよりも、投稿を見たときに見てくれた人が何かしらの情報をゲットできるような投稿がいいんではないかという結論がでました。

 

たとえばぼくの宮崎の旅では、旅した場所の写真とともに、季節感の説明をちょこっと書いて、住所も書くようにしています。

 

カッコつけて言うなら、好きな旅をだれか他の人のために旅する、という視点です。(キリッ!)

 

料理屋さんであれば本日のオススメよりも、その食材をつかった「誰でもカンタンにできる一品料理」のほうが見た人にとっては情報としての価値が高いです。

見てくれる人を喜ばせてあげることが大切なんだという結論に達しました。

 

最後に

業種や内容によってはフェイスブックは合わないものもありそうです。

はじめは自分と同じようなサービスのフェイスブックをリサーチして、さきほどの計算で1〜10%くらいのいいねを獲得しているページを参考にするのがいいです。

 

ちなみにぼくのブログのフェイスブックページは全くもりあがっていません。。とほほ。

 

こちらも少しずつ改善しながら、いいやり方が見つかったらブログにポストします。

SNSについてはこの本がとても勉強になります。

ダッシュ!

 

関連エントリー

www.kawabatamasami.com

www.kawabatamasami.com

www.kawabatamasami.com