キャンプジャンキー

寝ても覚めてもアウトドア

ブログの過去記事を再チェックする5つのメリットについて

f:id:kawabatamasami:20161022154219j:plain

ブログを本格的に書くようになってから7ヶ月くらいがたち、エントリー数もいつのまにか200を超えていたので、過去に書いたエントリーをチェックしてみました。

 

はじめのブログエントリーから全てに目を通している最中なのですが、これがとってもオススメなのでシェアします。

過去記事のチェックは、メリットがかなりあってオススメです。

 

定期的にブログの過去エントリーをチェックしよう

まず、メリットをまとめてみると

  • 思い出にひたれるw
  • 役に立つ記事なのかわかる
  • 成長をかんじることができる
  • 再ポストできる
  • 構成の手直しができる(SEO)

でしょうか。それぞれ具体的にまとめます。

 

思い出にひたることができる!

f:id:kawabatamasami:20161118114526j:plain

専門的なブログではなく、ぼくのような雑記ブログでは過去をふりかえって「あぁ、こんなことあったなぁ」なんて思い出にひたることができます。

 

ぼくは過去にはまったくもって興味がないのでアレなんですが、、

懐かしい気持ちにさせてくれるのは間違いないです。あんまりメリットじゃねーなコレ。www

 

書いた記事が役に立つエントリーなのかがわかる

個人的な日記としてブログをやっているなら気にする必要はないですが、仕事につなげるためだったり、何かしらの目的のためにブログを書いている場合はメリットです。

 

リアルタイムに書いたブログは今のレベルでできるかぎりのエントリーを書いていますが、過去のものは違います。

時間がたっているので自分のスキルがあがっているのです

 

読み返すことで、「これはこう書いたほうが人のためになるな」「これは役に立たない私的なものだな」ということを客観的に判断することができるはずです。

 

ぶっちゃげ、顔から火がでるくらいに恥ずかしい文章を書いている自分がいるはずです。w

 

過去のエントリーをチェックすることで自分の成長を感じられる

f:id:kawabatamasami:20161118115059j:plain

なかなかに文章が上手くなってきてんじゃね?とドヤリングできます。w

なにを隠そう、ぼくは文章のトレーニングをしたことがありません。思い出せるのは小学校のころに書いた「将来の夢」くらい。

 

半年以上もほぼ毎日文章を書いたことなんてなかったので、とても成長を感じることができました。

 

過去記事が、なんだか可愛らしく思えてクスッと笑えますよ。ww

 

過去記事を再ポストできる

f:id:kawabatamasami:20161118120412j:plain

チェックした記事が役に立つもので、今でも「アリ」な内容であれば再ポストできます

再ポストには、かなりメリットがあるんじゃないかと感じました。

 

理由は、ブログをはじめたばかりの頃は読者もいなければ、ソーシャルで「いいね」されることもありません。

しかしブログを継続しているなかで、わずかながらでも読んでくれる読者の存在を感じることができるようになったら、日の目をあびることがなかった過去記事にスポットを当ててあげることができるからです。

 

あの時には誰の役にも立たなかったけど、今なら役に立つと感じてくれる人がいるはずだと思える過去のエントリーは、積極的に再ポストしていきたいです。

 

構成のチェックをすることができる

勉強しながらブログを書くことで、HTMLなどのタグについても詳しくなってきます。

 

たとえば「見出し」です。

ぼくのブログでは見出しをかなり使うようにしています。これは読んでもらう時の読みやすさを重視しているからなんですが、見出しには気をつけるべき「タグ」の存在があります。

 

見出しのタグには

  • <h1>見出しのテキスト</h1>
  • <h2>見出しのテキスト</h2>
  • <h3>見出しのテキスト</h3>
  • <h4>見出しのテキスト</h4>

などがありますが、順番どおりに設定していないとSEO的に(検索表示)よくないです。

 

ざっくりいうと、h1の次はh2、h3と続いていくのがよくて、h1のつぎがh3とかだとよろしくないわけなんですが、はてなブログって見出しのh2タグないっすよね。。?

これってどうなんでしょうか、詳しい人がいたら教えてほしいです。

 

最後に

ブログはとっても面白いですね。

これからも長い目で継続していきながら、定期的に自分の成長を感じていきたいです。

 

また、いつも読んでくれている方々には、とっても感謝しています。ありがとうございます。

 

ダッシュ!

 

関連エントリー

www.kawabatamasami.com

www.kawabatamasami.com

www.kawabatamasami.com