おとうさんは工夫した

在宅ワーカー3児のパパブログ

macbook airリカバリーで2002Fと2006Fエラーが出たときの対処法

f:id:kawabatamasami:20161202115839j:plain

ブログを書いたりウェブサイトを作ったりするときにはmacbook airを使っています。

 

思うことあって初期化することになったのですが、初期化してOSをインストールしようとした際に「2002F」エラーになり、なにもできない状態になって苦戦しました

 

数時間も苦戦してしまったので、同じような症状になった人のためにブログポストしておきたいと思います。

スポンサーリンク

 

macリカバリー時のエラー対処法

今回ぼくを悩ませたのは

  • 2002F
  • 2006F
  • 2003F

この3つのエラーです。あやうくプッチンしてmacbookをサバ折りして2枚にしてしまうところでした。。

 

では対処法をまとめていきます。

 

2002Fエラーはどうして起こるのか?その対処法

f:id:kawabatamasami:20161202114641j:plain

自宅でリカバリーしてそのまま自宅のWi-Fiにつないで作業しようとおもったら「2002F」と出て先に進めない。

なんどやってもダメだったので、いろんなブログで情報をかき集めたんですが分かりませんでした。

 

完全にプライドごとへし折られたぼくはAppleのコールセンターへ聞いてみたんですが、自宅のネットワーク環境が問題のようでした。

 

Wi-Fiはつながっても、OSをインストールできない回線があるのでしょうか?まぁそんな感じです。つまり

 

自宅以外のネット環境をつかう

ことで解決します。

 

ここで注意することがあるんですが、Appleストアの方はスタバで試してみることを提案してくれましたが、スタバのネット環境では2006Fエラーがでてダメでした。

 

解決したネットワークはADSL回線で、無線ルーターがBUFFALOという環境でしたので参考にしてみてください。

OSをインストールしたあとは、自宅のWi-Fiで問題なく作業できるようになりました。

 

2006Fエラーについて

f:id:kawabatamasami:20161202114654j:plain

これも原因がハッキリとはわからないんですが、自宅からネット環境をかえるために、スタバでやってみたらこうなりました。

スタバのWi-Fiにつないだ瞬間に「2006F」のエラーが表示され、このときもカッとなって危うくmacbookをサバ折りしてしまうところでした。危ない。。

 

これはあくまでぼくの予想なんですが、このエラーもネットワーク環境によるものだと思われます。

スタバの回線は、なんらかの理由で解消できる種類の回線ではなかったわけです。

 

スタバをはなれてデザリングでやってみると、2006Fエラーは消えたので回線が合わないことは間違いないと思われます。

 

最後に

2002F、2006Fエラーがでたときにはネット環境を変えてためしてみてください。

それだけで解決しましたので、友人宅や実家など、ダメだった場所以外でためしてみるとサクッと解決するはずです。

 

ダメだったらAppleカスタマーに任せたほうが安心です。(カッとなってサバ折りしてはダメです!)

ダッシュ!

スポンサーリンク