おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

一眼レフで晴れた日の風景を綺麗にマニュアル撮影する設定

この記事をシェアする

f:id:kawabatamasami:20161221115607j:plain

先日、人生はじめてとなる一眼レフのレンズを買いましたが、おっもいろいですカメラ。

 

カメラには自動ですべて撮影できるオートモードから、絞りを自分で設定したり、シャッタースピードを自分で設定して撮影できるモードなどがあります。

その中でも、ぜんぶを自分で設定して撮影するマニュアルモードにチャレンジしているんですが、楽しいです。

 

そこで今日は、晴れている日に綺麗な風景を撮影する設定について書きます。

スポンサーリンク

 

晴れた日の風景を綺麗に撮影する

オートモードでの撮影でもカッコよく綺麗な写真をとることはできますが、マニュアルでとると、また違った印象の写真になります

 

で、いろんな人の写真を

写真共有サイト:PHOTOHITO - 人と写真をつなぐ場所

このサイトで見まくった結果、たどりついたのが

  • F(絞り):4前後
  • シャッタースピード:1/500〜1/800程度
  • ISO:オートか100くらい

です。

 

絞り4前後でシャッタースピードは1/500〜1/800で撮影する

いろんな数値で撮影してみたんですが、明るすぎて真っ白になったり、逆に真っ黒になったり。。

はじめは難しかったんですが、さきほど紹介したサイトでグッとくる写真の設定どおりに練習してみると綺麗に撮影できるようになりました。

 

この設定で撮影した写真たち。

f:id:kawabatamasami:20161221112401j:plain

このボコボコした岩は、宮崎県のシンボルのひとつで「鬼の洗濯岩」とよばれるものです。海沿いで綺麗なんですよ〜!

 

と、話がそれてしまいましたが、この写真が

  • 絞り:4
  • シャッタースピード:1/640

です。マニュアル初心者にしては、なかなか綺麗にとれてませんか?

 

f:id:kawabatamasami:20161221112649j:plain

こちらが

  • 絞り:4
  • シャッタースピード:1/500

f:id:kawabatamasami:20161221113427j:plain

こちらも同じ設定です。

 

明るさやISOを変えると違った印象になる

ジャングルに入るのをためらっているような印象で撮影したかったので、ISOを100に設定して、明るさを落としてみたのがこちら。

f:id:kawabatamasami:20161221113729j:plain

設定はさきほどと同じで

  • 絞り:4
  • シャッタースピード:1/800

これにISOを100に設定して明るさを落とすことで、今までとは違った印象で撮影できました。

 

逆光はちょっとムズイ!

f:id:kawabatamasami:20161221114058j:plain

逆光はちょっと難しかったです。

  • 絞り:4
  • シャッタースピード:1/4000

へんてこな設定になってしまいました。。このへんは勉強しなきゃダメですね。

 

ただ、構図は自分的に好きだったので、こういうのは小細工します。w

写真をパソコンに取り込んで、明るさを自動補正すると、

f:id:kawabatamasami:20161221114956j:plain

よし!ってなります。ww

 

最後に

とりあえず晴れた日の風景は

  • F(絞り):4前後
  • シャッタースピード:1/500〜1/800程度
  • ISO:オートか100くらい

この設定で綺麗に撮影できますので、ぜひやってみてください。

 

星空や動きのあるもの、夜景などもマニュアルで撮影できるようになりたいです。またそれらもブログにポストしていきます。

 

ちなみにぼくの愛用機はSONYのα6000、レンズはSONYの「E 20mm F2.8」です。

  

コンパクトで持ち運びにもオススメなカメラで気に入っています。

ダッシュ!

スポンサーリンク