おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

2016年に出会ったこれからも読み返したい本4選「ビジネス編」

この記事をシェアする

f:id:kawabatamasami:20170107180131j:plain

2017になってからもう3冊よみました。

いろいろな知見を知ることができる読書は、コストパフォーマンスがよいツールですね。

 

今日は、2016年に出会った経営本やビジネス書の中から、ぼく的にくり返し読み返したい本を4つ厳選してみます。

スポンサーリンク

 

2016年に出会ったベストブックス

  • Think Simple
  • 必ず食える1%の人になる方法
  • SNSが会社をツブす!
  • 金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ

ズバリ、この4冊はなんども読み返したいと思えるものばかりで、とーっても勉強になります。

それぞれ簡単にまとめてみます。

 

Think Simple

f:id:kawabatamasami:20170107173110j:plain

みんな大好きアップル。

そのアップルとのマーケティングに関わってきた本人が書いた1冊で、アップルの経営哲学「シンプルに考える」術がすべて書かれたヤバいブツです。

 

コンピューター関連の会社だけでなく、どんな業種にも「シンプル」を取り入れることで業績も飛躍的に伸びるといった内容で書かれています。

 

アップル、スティーブ・ジョブズが考える「シンプル」とは一体どんなものなのか、ぜひ読んでみてください。 

 

必ず食える1%の人になる方法

f:id:kawabatamasami:20170107173506j:plain

タイトルがちょっとアレですが、、(怪しいw)

会社勤め、独立派、それぞれで2パターン、計4パターン別に「必ず食える」ヒントが書かれた1冊です。

 

成功できるのは1%の限られた人だけなのか?

そうじゃありません。みなさんは1万時間の法則をご存知でしょうか?

どんな人でも、ある物事に1万時間を費やすことができればプロフェッショナルな技術を手に入れることができるという考え方です。

 

それぞれタイプ別に書かれていますので、自分があてはまるタイプを読んでみてほしい!

 

SNSが会社をツブす!

f:id:kawabatamasami:20170107173927j:plain

SNSがこれだけ世の中に浸透しているので、会社やお店、サービスのフェイスブックやツイッター、インスタグラムなどのソーシャルを利用しているところは多いです。

 

使い方をあやまってしまうと、会社やお店をマイナスにしてしまうSNS

その利用法や考え方などが書かれているのですが、とくに誤った使い方をしてしまった失敗例が実際の企業名入りで書かれています。w

 

自分の取り組んでいることにSNSを利用したいと思っている人、すでに利用している人は必読の1冊といえます!

 

金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ

f:id:kawabatamasami:20170107174455j:plain

WEB系のマーケッター、コンサルタントとして活躍している永江一石さんの1冊、これめちゃヤバです。

 

これは経営に関わる人だけじゃなく、サービス業や顧客を大切にするべき業種のすべての人に読んでもらいたい1冊で、「常にユーザー目線で考える」という当たり前だけどなかなかできない基本中の基本について書かれています。

 

いろんな業種でヒント満載、とってもとっても勉強になりますので、ぜひとも! 

まさかの227円!!!

 

永江さんが書いているMore Access! More Fun!というブログも、とても勉強になるのでオススメです。

 

最後に

ほかにもたくさん良い本と出会ったんですが、これは絶対に読み返しつづけるなと思える本だけをチョイスしてみました。

ダッシュ!

スポンサーリンク