おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

フェイスブックページのフォロワー1000人を突破したのでやったことをまとめました

この記事をシェアする

f:id:kawabatamasami:20170118115319p:plain

フェイスブック依存症のまさみです。ぼくのiPhoneのアプリは「F」の一文字でデザインされたアプリしか入っていません。うそです。

 

なんと!ぼくが運営させてもらっているフェイスブックページ「宮崎の旅」のフォロワーさんが1000人を突破しました!ありがとうございます(^ ^)

f:id:kawabatamasami:20170118110631p:plain

 

じゃんっ!

f:id:kawabatamasami:20170118110654p:plain

なんだかとっても嬉しいです。

今日は、こうなった結果どうなるのか?ぼくなりのフェイスブックページの運営の仕方、やったこと、気をつけていることなどを書きます。

スポンサーリンク

 

フェイスブックページをたくさんの人に見てもらう

ここまでくるのに、いろんなページを作っては失敗して削除をくりかえしてきました。苦労しました。w

そこで、これまでの数々の失敗と経験をもとに勉強させてもらったなかから、

  • ページの作りかた
  • 結果
  • 心がけたこと
  • 広告の使いかた

ざっくりですが、この4つについて語りたいと思います。

 

ページの作りかたについて

ここでは実際にページをつくる手順ではなく、どんなページにするか?について語ります。焼酎片手に語ります。(うそ)

 

趣味、活動、仕事、お店、サービス、いろんなシーンでフェイスブックページを作ることがありますが、まずはそのページがなにを表現するのかを絞り込むことが大切でした。

 

たとえば美容室だったら、ネイルサロンだったら、ラーメン屋さんだったら、居酒屋さんだったら、いろいろありますが、それぞれに提供できる価値ある情報があるはずです。

 

それは定休日やセール情報、特売日の情報、サービスや商品の素晴らしさではない気がしています。(ぼくは絶対にアップしません、アップしていたページはすべて失敗した)

 

ぼくが考える例として、美容であれば「簡単にセットできるヘアアレンジの方法」や、居酒屋さんだったら「5分で作れるおつまみの紹介」などを、動画や写真付きでアップする感じです。

 

お店の休みとかセール情報とか、ぶっちゃげ、どうでもいい情報ですよね。(対象すべてがお客さんだったら別だけど)

 

たくさんの人にフォローしてもらって、どうなったか?

ぼくはフェイスブックページは友人知人にむけて発信するものではなく、まだ知らぬ人にむけることで効果を発揮すると考えてます。

 

1週間でのデータがこちら

f:id:kawabatamasami:20170118113115p:plain

たくさんの方々にフォローしてもらった結果、1回投稿するとたくさんの人に見てもらうことができるようになりました。

 

今週はさがってますが、それでも1万人くらいの人にリーチしてます。自分でもびっくりです。

 

1回の投稿によるデータがこちら

f:id:kawabatamasami:20170118113823p:plain

1回投稿すると、だいたい3000人から1万人の人にリーチできるようになりました。コメントしてもらえるようになり、いろんな方からシェアしてもらえるようになってます。

 

たまにブログのエントリーなどもアップさせてもらっているんですが、

f:id:kawabatamasami:20170118113924p:plain

1万人くらいの人にブログエントリーがリーチするようになりました。これがお店のページやホームページであれば、いろんな人にお店やサービスを見てもらえるチャンスになるはずです。

 

フェイスブックページでぼくが心がけたこと

ぼくはいろんなところに行くのが好きなので、「旅」をテーマにフェイスブックページを運営してます。

それをふまえて心がけたことがいくつあります。

 

実際に足をはこんだ場所をアップする

当たり前じゃん!と思うかもですが、どこかから写真をパクってきてアップするような人たちってマジでいるんですよ。

 

調べる

イルミネーションだったら、いつからいつまで。場所がわかりづらければ、地図やアクセスの方法などを調べてアップするようにしています。

 

本当にオススメだけを投稿する

ご当地の紹介ページとかにありがちなんですが、なんでもかんでも褒めてしまうあの感じはやめてます。

 

ここはオススメだと感じた場所だけをアップするように心がけてます。これはブログでも心がけています。

 

コメントには必ず返事をする

ぼくが行った場所に「いいね」や「コメント」「シェア」をしてもらうと、とても嬉しいです。

なので、なにかしらリアクションしてくれた方にはコミュニケーションしてます。

 

フェイスブックページの広告について

フェイスブックには、フェイスブックページを宣伝するための広告が用意されています。

いろんな人にページに「いいね」してもらうのに効果的なんですが、やりかたを間違うとまったく意味のない「いいね」ばかりを集めてしまいます

 

それも研究しまくって、投稿にたいする「いいね」が、どのくらいの割合でくれば、盛り上がっているページなのかを判断できるようになりました。

 

詳しくは、こちらのエントリーにまとめていますのでチェックしてみてください。

www.kawabatamasami.com

 

ページに興味をしめしてくれる人たちが、どんな人たちなのかが明確になれば広告は有利になります。

1日あたり100円から宣伝することができます。効果的にやることができれば、かなりローコストですよね。

 

まとめ

ざっくりですが、ぼくがやったことになります。

  • 喜んでもらえる情報はなにか?
  • それはどんな人がよろこぶか?
  • 本当にオススメできるか?

自分のページをこういった目線で考えれば、いい結果につながると思います。

 

SNSについてはこの本がオススメです。激プッシュです!

 

自分の好きなことを発信して、いろんな人とコミュニケーションをとるのは楽しいですし、「楽しみにしている」などとコメントしてもらえるのは嬉しいです。

 

今年は「宮崎の旅」を、より楽しんでもらえるように違った取り組みも考えたいです。

ダッシュ!

スポンサーリンク