おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

初心者だけどソロキャンプをはじめてみようと思う

f:id:kawabatamasami:20170120113622j:plain

2017年に入ったというのに、今年はどうもいつもと違ったスタートをきってます。

というのも、去年までは「やったるぜ」とメラゾーマのような気持ちで仕事の目標とかあったんですが、それがないです。とってもメローな立ち上がり。

 

目標をいろいろと考えたんですが、ソロキャンプにチャレンジすることに決まりそうです。これがいま一番やりたいです。

 

2017年はソロキャンプをはじめる

そんなの誰でもできると言われてしまいそうですが、綺麗に整理されたキャンプ場ではなく、渓流や山でのサバイバルなキャンプがしたい!

 

アウトドアやキャンプが好きな人は知っている人もおおいと思いますが、服部文祥さんの「サバイバル 人はズルなしで生きられるのか」を読んでからというもの、ずっと頭のなかに「やりたい」気持ちがあったんです。 

 

サバイバル的なソロキャンプはどんなものなのか?

f:id:kawabatamasami:20170120113240j:plain

一般的にキャンプといわれると、整備されたキャンプ場、テント、焚き火、椅子、テーブル、BBQセット、ランタン、タープ、など、ワクワクするようなたくさんのアイテムに囲まれてのキャンプを想像しますよね?

 

そうではなく、バックパックひとつに入るだけの、最低限のアイテムだけでキャンプをやるのがサバイバルキャンプのイメージです。

 

渓流で釣りをして魚をゲットし、山菜をゲットしながら食料を調達していくんです。書いてるだけでワクワクしてしまいます!

 

ブログにはたまに書いているんですが、ぼくはわりと休日が多くて去年は170日ほどあったので、キャンプしようと思えばたくさんできます。今年、30泊はソロキャンプしたいです。

 

モズクガニのゲット方はマスターしたので、夏にはカニを食べながら山に泊まるぞ!

www.kawabatamasami.com

 

 

YouTubeやInstagramもやります

f:id:kawabatamasami:20170120113256p:plain

最低限の装備とはいえ、必要なものは用意しなきゃいけないです。けっこう値がはるものもあります。。

 

道具のレビューや実際のソロキャンプの様子などを動画で残していこうとおもってますのでキャンプをはじめる人たちの参考になれたら嬉しいです。

 

よろしければ、ぼくのInstagramをフォローしていただけると激しくよろこびます。(ペコリ)

www.instagram.com

 

ソロキャンプに最低限必要なアイテム

  • テント
  • シュラフ
  • マット
  • コッヘル
  • ストーブ(バーナー)

これさえあれば、最低限キャンプらしいキャンプはできるみたいです。

solocampというブログを参考にさせてもらってます。めちゃ勉強になるブログです。

 

去年テントをゲットしたんですが、持ち運びができるテントじゃないので軽量なテントをゲットしなければならないです。少しずつそろえていきます。

 

テントはスノーピークのFal2を考えてます。

f:id:kawabatamasami:20170120110837p:plain

(画像はスノーピークHPより引用。)

 

まずはテントをゲットします。テントさえあれば、家の庭でもソロキャンプできるので。w

これについてはゲットしたらブログとInstagramとYouTubeでアップしたいと思います。

 

早く山でソロキャンプしたいですが、今の時期は寒いです。ダウンジャケットすらも持っていないし、シュラフもマットもコッヘルもバーナーももってないので、金銭的にもう少し先になるかなぁ。。

 

とりあえず、これはゲットしました!

f:id:kawabatamasami:20170120111752j:plain

冒険図鑑というレトロな本なんですが、これヤバいんです。

野外で生活する術が書かれているんですが、

f:id:kawabatamasami:20170120111815j:plain

雲で天気を予測する方法だったり、

f:id:kawabatamasami:20170120111858j:plain

食べることができる山菜や木ノ実だったり、

f:id:kawabatamasami:20170120111939j:plain

危険なものまで、野外で生活するいろんなアイデアや対処法が書かれてます。

まるで小学生のころに戻ったようなワクワクした気持ちで読める本なんですが、これを山に持ち込む作戦です。

 

 

最後に

取り組みたいことが明確になるとワクワクしてきます。

死なない程度に思いっきりエンジョイしたいです。

 

ダッシュ!

 

関連エントリー

www.kawabatamasami.com

 

www.kawabatamasami.com

 

www.kawabatamasami.com