おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

ソロキャンプ用のテントにスノーピークのFAL2を用意したのでレビュー

f:id:kawabatamasami:20170123161326j:plain

まさみです。とてつもない強風の中、テントのレビューのためにテントを設営してきました。テントごと吹き飛ばされそうになり、なんどもくじけそうになった気合のレビューになります。w

 

今年の目標にソロキャンプ30泊をかかげたので、さっそくテントを用意したんです。

www.kawabatamasami.com

 

さっそくレビュー開始です!

 

snowpeakの2人用の山岳テント「FAL2」

f:id:kawabatamasami:20170123153606j:plain

じゃんっ!かっこいいです。

スノーピークのオンラインストアで購入、ついでにFAL2用のグランドシート(地面の上にしくシート)も合わせて書いました。 

つい先日、佐川急便のおばちゃんが届けてくれました。あざっす!

f:id:kawabatamasami:20170123153752j:plain

一番下の息子がまちがった遊びをしてました。やめろ!

 

  • セット内容
  • 設営方法(ざっくり)
  • 仕様(ざっくり)
  • 広さ
  • 感想

についてまとめていきます。

 

FAL2テントとFAL2用のグランドシートのセット内容とサイズ

f:id:kawabatamasami:20170123154016j:plain

上からテント、フレーム、グランドシートです。なかなかのコンパクトサイズ。

ぼくの足が26.5のスニーカーなので参考にしてください。

 

テント本体の収納時が17×33センチ、ばっちりバックパックに入るサイズです。

もっと圧縮して収納すれば、写真よりもコンパクトにできます。

 

グランドシートを敷いてみる

まずはグランドシートからやってみます。

グランドシートはものによっては価格が高いですが、そのままテントを設営してしまうとフロアの生地が傷んでしまうので、あったほうがいいです。

f:id:kawabatamasami:20170123154517j:plain

スノーピークのFAL2専用のグランドシートは、こっち側の光沢があるほうを上(テント側)にします。

f:id:kawabatamasami:20170123154554j:plain

こっちが下ですね。

とっても風がつよかったので不安でしたが、ペグダウンしながら敷くとやりやすかったです。

f:id:kawabatamasami:20170123154650j:plain

ペグもレッドでかっこいいです。

f:id:kawabatamasami:20170123154711j:plain

完了。つづいてテントいきます。

 

グランドシートの上にテントを設営する

FAL2はインナーテントとフライシートを一体化することができるテントです。なので、あらかじめインナーテントとフライシートを組み合わせていきます。

f:id:kawabatamasami:20170123154850j:plain

こんなかんじです。んで、広げます。

f:id:kawabatamasami:20170123155046j:plain

赤い部分がテントの入り口になります。ひろげたらポール(フレーム)を用意する。

f:id:kawabatamasami:20170123155139j:plain

フレームは2つです。

ここからは省略するので、snowpeakのFAL2設営の動画でチェックしてみてください。

 

このテントのウリの一つとして、20秒で設営できるってのがあるんですが、慣れるまではきついっすね。w

そもそも20秒で設営しようとも思っていないので、問題ないです。

f:id:kawabatamasami:20170123155817j:plain

また、フレームがなかなか差込口に入らないので(ジャストサイズのため)、はじめは苦戦しそう。 

 

FAL2の仕様

強風の中でしたが、なんとかテントを張りました。綺麗にできた。w

では見ていきましょう!

f:id:kawabatamasami:20170123155841j:plain

綺麗なフォルムです、思ってたより大きいです。

f:id:kawabatamasami:20170123155847j:plain

こちらが後ろ側なんですが、この3角コーナーみたいなところはメッシュになってます。

f:id:kawabatamasami:20170123155853j:plain

マジックテープをはずすと、縦にある支えを

f:id:kawabatamasami:20170123155901j:plain

こんな風にくっつけて空間をつくることができます。

では入り口にいってみます。

f:id:kawabatamasami:20170123155914j:plain

入り口はファスナーで、下の部分だけマジックテープになっている作りです。

フライシートの入り口をあけると、インナーテントです。

f:id:kawabatamasami:20170123155924j:plain

インナーテントの入り口もジップ。テントの中に入ってみます。

f:id:kawabatamasami:20170123160620j:plain

ぼくは身長が170センチくらいですが余裕です。背が高いひとは斜めに寝る感じになりそう。

f:id:kawabatamasami:20170123155930j:plain

さきほど見たテントの後ろについている三角メッシュコーナ。通気性のためについているのでしょうか?あまり風通しはよくなさそうです。

が、めちゃあったかいです。

f:id:kawabatamasami:20170123155940j:plain

こちらがテントの前室になります。あんまり物を置くことはできなそうですが、これだけあれば十分ですね。

f:id:kawabatamasami:20170123155956j:plain

注意事項。テントの中では調理などできなそうですね。

前室があるので、お湯を沸かしたりといったことはできそうですが、前室で調理をするのはスペース的に厳しそうです。

 

まぁ、これは知っていたので問題ないです。焚き火で料理するのが目的です!

 

FAL2の広さ。コンパクトだけど、わりと広い

めちゃ狭いと思っていたんですが、なかなか広くていい感じです。

f:id:kawabatamasami:20170123160005j:plain

息子と2人でもまだまだ余裕があるのがわかりますか?

子供が小さいうちは、コンパクトなFAL2でも男旅にいけそうです。楽しみ。

f:id:kawabatamasami:20170123160014j:plain

 

FAL2にしてみてよかった!

実はこのスノーピークのFALシリーズはインターネット上に情報があまり出てないんです。なので、買うのは勇気がいりました。w

f:id:kawabatamasami:20170123160030j:plain

モンベルやアライテントなんかの情報はたくさんあったので、そっちにしようと思ってたんですが、ぼくが使っていく中でFALを買おうか迷った人のためになればいいかなと思って買ってみて正解でした。

 

かなり満足です!

 

最後に

あとはシュラフとマット、コッヘルにストーブ(バーナー)を揃えればサバイバルソロキャンプにいけます!

 

楽しみです!

これから揃えていくアイテムもレビューしていきます。

 

ダッシュ!

 

関連エントリー

 

www.kawabatamasami.com

 

www.kawabatamasami.com

 

www.kawabatamasami.com

 

www.kawabatamasami.com