おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

起業して独立したい人に副業がおすすめな4つの理由

f:id:kawabatamasami:20170215111911j:plain

いつの日か独立したいと考えている人は多いです。ぼくも小さいながらにフリーで仕事をしていますが、やりがいがあって楽しいです。

 

ですが、なかなかそのタイミングがつかめない人も多いです。

そこで今日は、いつの日か独立をしたい人には副業がおすすめな理由を書きます。

スポンサーリンク

 

独立したい人には副業がおすすめな理由

  1. 給料という柱がある
  2. 考えているビジネスができる
  3. 小さく始められる
  4. 独立のタイミングを作ることができる

ほかにもありますが、大きく取り上げるとこの4つです。それぞれまとめてみます。

 

1、給料という柱がある 

f:id:kawabatamasami:20161012113501j:plain

会社に勤めている人であればお給料が入りますし、フリーターの人でもアルバイトに出勤すればお給料をもらえます。

副業がむいている人、そうじゃない人

 

いきなり独立では収入がなくなってしまうリスクがありますが、約束されたお給料があれば、お給料をもらいながら副業でビジネスを回すことができるので安心して取り組めます。

 

2、考えているビジネスができる

会社以外のところでアルバイトなどをしながら副収入を得ることを副業だと考えている人がぼくの周りでは多いです。

 

が、ぼくがおすすめする副業というのは、自分のビジネスを起こすことです。

フリーランスとして何をやるのか分からないときにオススメのTips

 

自分がこれから独立したいと思っていること、もしくはそれにつながるもので、自分なりのビジネスを起こすチャレンジができます。

 

3、小さく始められる

いきなり大きな投資からスタートするのではなく、副業であれば、小さく始めることができます。

将来なにかしらのショップを持ちたいと考えているなら、ネットショップからはじめてみれば、コストもかなり抑えることができます。今の時代、ネットショップを開くだけであれば無料です。

 

商品もお給料の中から、生活を圧迫しない程度に仕入れをしていくこともできます。

副業なので会社からのお給料という柱があるため、実際に売れたとしたら、その利益はすべて資金として利用できるのもメリットです。

 

4、独立のタイミングを作ることができる

f:id:kawabatamasami:20160927184910j:plain

「いつか独立したい」では、その「いつか」はいつになるのかハッキリしないです。

副業として試行錯誤しながら、自分のビジネスを小さく回して軌道にのれば、そのタイミングは必ずあらわれます。

 

きっと、今の給料をこえたときが独立のタイミングになるでしょう。

独立したい人へ、独立するときに必要な手続き

 

いつか独立。ではなく、給料を超えた時が独立のタイミングだと決めてしまえば、ゴールに向かって突き進んでいくだけです。

 

最後に

ぼく自身、かたわらで始めたネットショップが軌道にのり独立して食べていけるようになりました。

 

1日1時間だけ、休日はがっつりビジネスを回していく。試行錯誤しながら継続していけば、独立への1歩につながるはずです。

ダッシュ!

スポンサーリンク