おとうさんは工夫した

在宅ワーカー3児のパパブログ

住宅ローン35年の月々の返済額ってどのくらい?35年間で合計いくら払えばいいの?

まさみです、マイホームも着々とすすんでます。我が家はツーバイフォーで家を建てるのでめちゃくちゃ早いです。

ツーバイフォーで家を建てるメリットとデメリット - 田舎DASH!

 

基礎工事完了してから、上物(家)の作業にはいって2日で棟上げまでいきました。

f:id:kawabatamasami:20170302111021j:plain

家が完成していくのを見るのは楽しくてワクワクしますが、ローンのことになるとひしひしとなります。

 

今日は、35年ローンを組んだ場合に月々どのくらいの返済額になるのか、完済時に総額どれくらい支払ったことになるのかについてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

 

住宅ローン35年での返済

宮崎県でぼくが住んでいる地域は、だいたいの相場がローン額が2000万円くらいになるんじゃないかとおもいます。

住宅ローンを組むときに銀行からチェックされる5つのポイント - 田舎DASH!

 

物件によって違ってきますが、2000万円を借り入れしたときを想定して計算してみますね。

 

住宅ローンの金利はかなり安い

f:id:kawabatamasami:20170302114526j:plain

事業をしていると、銀行から融資の話などがくることもあるんですが、事業で借り入れするのと比べると、今、住宅ローンはかなり金利が安いです。

 

ぼくんちはなんと

金利1、12%

 

この低金利で家をゲットして、仕事をするスペースまでついて、庭でキャンプもできて(笑)、となってくるとお得な気もしてしまいます

 

月々の支払額はどのくらいになるのか?

f:id:kawabatamasami:20170302115219p:plain

金利がずっと統一で最終まで変わらないばあいと、変わってしまうばあいとありますので、少し変動はしてきますが、変わらないと想定してみます。

 

返済方法は「元利均等」「元金均等」の2つがあります。

 

2000万円の借り入れで、我が家の金利である1、12で計算してみると月々の支払い額は元利均等の場合「5万8千円」くらいで、元金均等だと「6万6千円ちょい」です。

 

なにが違うのかというと、元利均等の場合は月々の支払額(元金+利子)が最終まで変わらない返済方法です。逆に元金均等というのは、月々の支払額(元金+利子)がどんどん減っていきます

 

どちらもメリットとデメリットはありますが、最終的な支払額が少なくなるのは元金均等になります。はじめの支払額はきついですけどね。

 

最終的にどのくらいの金額を返済することになるのか?

f:id:kawabatamasami:20170302115252p:plain

ざっくりとですが、2000万円を借り入れして、35年間で支払う総額は

  • 元利均等の場合:24,184,452円
  • 元金均等の場合:23,929,146円

このくらいになります。

ちょっとですが、元金均等のほうが少なくなりますね。

 

ちなみに我が家は元利均等です。また、途中でまとまった金額を返済することもできます。

 

最後に

ざっくりですが、住宅ローンの返済についてまとめてみました。

これから家を建てようと考えている方は参考にされてみてください。

ダッシュ!

スポンサーリンク