キャンプジャンキー

寝ても覚めてもアウトドア

東京を離れ地方(地元、田舎)に6年ほど住んでわかったメリット

f:id:kawabatamasami:20170310105947j:plain

2011年の3月に、ぼくと妻は10年暮らした東京から、ここ宮崎県へかえってきました。もう2017年なんで、まるまる6年ほど、地方に住んでいることになります。

 

社会人になってから宮崎県ですごしたのは初めてでした。学生のころとは違った面白さを体験することもできました。

 

そこで今日は、この6年間で、感じた地方(地元、田舎)に住むメリットデメリットについて書きます。

 

都会から地方に住むメリット

まだヤンキーがいっぱいいるんだろうなと思ってたんですが、コンビニにもたむろしている若者はあんまりいませんでした。ww いや、ほとんどいないです。

 

ではまずメリットから上げていきます。

 

メリットについて

f:id:kawabatamasami:20170310110108p:plain

  1. 家賃が安い
  2. のんびりできる
  3. 自然が多い
  4. 子どもを育てやすい
  5. 独立コストがかからない

いろんなメリットはまだあるんですが、都会から移り住んだときに感じるのはこれがデカイんじゃないかなぁ。

 

1、家賃が安い

圧倒的に安いです。ぼくと妻がはじめに住んだ場所が、宮崎県の市街地から車で10分ほどの土地です。

 

間取りは2LDK、風呂トイレ別、駐車場1台ついてお値段なんと

4万8千円!

 

そのリッチでお店も出したんです。坪数わすれちゃったんですが、60か70平米くらいで5万円でした。

 

お店や事務所だって探せば5万円くらいからあります

 

2、のんびりできる

けっこうのんびりしてます。

学生の頃は、宮崎の人はトゲトゲしくて激しい人がおおいと思ってたんですが、優しいです。

 

人によりますが、東京のようにタイトにこなしていく感じではないです。

 

3、自然が多い

もはや自然だらけです。w

ちょっと車を走らせるだけで、ヤマメ釣りなどの渓流遊びまでできてしまいます。

田舎(宮崎県)サバイバルライフ!日本版の上海蟹(モズクガニ、山太郎ガニ)を求めて山へ。 - 田舎DASH!

 

東京にいたころにはクラブへ行って、DJしたり、渋谷で飲んだりなどの遊びかたをしていましたが、遊びかたがガラリと変わってしまいました

 

飲みにはほとんど行かなくなり、自然にどハマり中です。w

宮崎県に移住するなら覚えたい遊び5選 - 田舎DASH!

 

4、子どもを育てやすい

f:id:kawabatamasami:20170310110754j:plain

東京では家賃14万円のところに住んでいたので、今のように、子どもと3歳までは一緒にすごすこともできなかったんじゃないかと思います。

 

保育園も定員数があるので心配はしていましたが、子どもが3歳になったときに保育園に入れないといったこともありませんでした。

 

おじいちゃん、おばあちゃんが多いので、こどもと公園や散歩をしているとよく話しかけられます。平日の公園は、かしきり状態ですよ。www

 

5、独立コストがかからない

家賃も安いので、とくにインターネットを利用してフリーランスとして独立をするのにコストがあまりかかりません。

 

田舎で独立を考えている人は、コネクションの有り無しが問題にならない業種であればオススメだと言えます。

 

最後に

メリットだけをまとめると、めちゃくちゃいいじゃん!と思われてしまうかもしれませんが、やはりメリットだけではないです。

 

関連記事:東京を離れ地方(地元、田舎)に6年ほど住んでわかったメリット - 田舎DASH!

 

ダッシュ!

 

関連エントリー

www.kawabatamasami.com

 

www.kawabatamasami.com

 

www.kawabatamasami.com