キャンプジャンキー

寝ても覚めてもアウトドア

家族キャンプ用のテントに迷ったらスノーピークのアメニティドームにしよう

f:id:kawabatamasami:20170323104452j:plain

つい先日、ファミリーキャンプにいってきました。まだ寒かったですが、楽しいひとときを過ごすことができました。

 

温泉などのファミリートリップもいいですが、自然の中でアウトドアにすごす旅も楽しいもんです。ぼくら以外にも、数組のファミリーキャンパーがいました。みんなそれぞれに違うテントで楽しんでいました。

 

家族キャンプをしたいと考えている、パパ、ママは多いかと思いますが、テントで迷ってしまうことも少なくないとおもいます。

 

そこで今日は、我が家のファミリーキャンプ用のテントの紹介をします。

 

スノーピークのアメニティドーム

f:id:kawabatamasami:20170323104807j:plain

我が家のファミリーキャンプ用のテントは、Snowpeakのアメニティドームというテントになります。

キャンプをはじめる時に初心者が用意するべきアイテムをスノーピークに電話で聞いてみた - 田舎DASH!

 

メリットとして、

  • わりと安い
  • 設営がカンタン
  • 広い
  • 前室わりと広い
  • 通気性よし

などがあげられます。

 

Snowpeakのテントの中でもわりと安い、設営もカンタン

スノーピークは価格が高いです。ww ですが、このアメニティドームはエントリーモデルとしてリリースされているので価格が安いです。

 

S、M、Lの3サイズ展開。

我が家のアメニティドームのサイズは「M」です。子ども3人(6、4、3才)とぼくと妻で使用しますが、のんびりゆったりスペースをとることができます。

 

価格は3万円ちょい、32800円です。ほかの有名なブランドのテントでも、このくらいのクオリティのテントだと、この価格は安いほうです。

 

f:id:kawabatamasami:20170323110325j:plain

設営もカンタンで、ポールが色でわかれていますので、黄色は黄色に、緑は緑のさしこみ口にポールを入れるだけでOK。

 

立ちあげるときにコツがいりますが、カンタンにテントをたてることができるのもメリットです。夫婦でいっしょに組み立てると楽しいですよ!

 

全体的にわりと広い

ちょうどいいスペースです。高さがないテントになるので、入ったときに天井は低くなりますが、そのスペース感がワクワクするかんじなんです。

 

広すぎないそのコンパクト感が、冒険てきなワクワクするスペースでいい感じなんです。

 

また、このテントには前室があります。

f:id:kawabatamasami:20170323104807j:plain

こんな風に前室をタープのようにひろげて利用したり、

f:id:kawabatamasami:20170323111010j:plain

タープのようになるところを、丸めて広く利用することもできます。

子どもが寝た後に、このスペースで妻とお酒を飲んだりしてます。いいスペースですよ。

f:id:kawabatamasami:20170323111124j:plain

前室をとじるとこんな風になります。このときのキャンプでは、この前室の中にテーブルなどを収納しました。

 

通気性もいい

前からも後ろからも出入りができますし、メッシュにすることもできるので通気性はかなりいいです。

f:id:kawabatamasami:20170323111535j:plain

f:id:kawabatamasami:20170323111547j:plain

天井部分にもメッシュにできるところがあるので便利。

 

最後に

実際に我が家もつかわせてもらっていますが、すごくいいテントだと思います。

スカートがついていないので、真冬はめちゃくちゃ寒いですが。。w

 

防寒する方法もありますので、それについてはまた次回ブログにポストしたいと思います。

 

ダッシュ!

 

関連エントリー

www.kawabatamasami.com

 

www.kawabatamasami.com

 

www.kawabatamasami.com