おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

キャンプ用に用意したサーマレストのマット「リッジレスト」は最強のマットでした!

f:id:kawabatamasami:20170328191042j:plain

ソロキャンプをはじめるにあたり、ようやく全ての装備がそろいました。冒険のはじまりです。

初心者だけどソロキャンプをはじめてみようと思う - 田舎DASH!

 

先日、さっそく用意したマット(リッジレスト)とシュラフを使うためにファミリーキャンプに行ってきました。で、気温3度という環境の中で使ってきました

 

結論からいうと、マットもシュラフも最強でした。

 

リッジレストは最強のマットである

ぼくが用意したマットはTHERMAREST(サーマレスト) リッジレストのソーライトというマットです。サイズはレギュラー。

これです。

f:id:kawabatamasami:20170328103211j:plain

ソロキャンプ用のマット、サーマレストのリッジレストが届いたのでレビュー - 田舎DASH!

 

気温3度という環境で(深夜と真冬はもっと気温がひくかったはずです。)、地面からの冷気は完全にシャットアウトしてくれてました

 

マットは銀が上です。ほのかに暖かさまで感じます

f:id:kawabatamasami:20170328103211j:plain

f:id:kawabatamasami:20170328103356j:plain

かんたんに一言でいうと銀マットですね。で、どっちが上なのか?と思うかたも多いと思うんですが、銀の面を上につかってください

 

テントに入ったときには

やべぇ、めちゃくちゃ寒ぃ!

だったんですが、シュラフに入ってマットにゴロンと寝るとまったく寒くなかったです。

 

マットからは暖かさまで感じました。自分の体温がはねかえって温まるのかもしれません。

 

キャンプじゃなくてもアウトドアや車内泊では便利なマット

f:id:kawabatamasami:20170328103652j:plain

(スニーカー26、5センチ)

めちゃくちゃ軽いんですが、ゴツいのが難点です。。

が、キャンプだけじゃなくて、アウトドアな環境で利用したり、車内泊でのマットがわりにしたりと、いろんな使い方ができると思います。

 

夏でも使えるみたいなので(夏に使ってレビューします)、オールシーズン使えるわけですね。子どもがいるパパは1つ持っておくと、遊びの幅がひろがりそうです。 

 

シュラフはモンベル、これも評判どおりの最強シュラフでした

f:id:kawabatamasami:20170328104442j:plain

ぼくがチョイスしたのは、モンベルのスパイラルアルパイン、ダウンハガーというシュラフで、「#1 」です。

 

この「♯」というのがこのダウンシュラフの番号になっていて、♯の後の数字が小さいほど耐久温度が強いものになります。ちなみにぼくの#1 」は使用可能限界温度がマイナスの22℃までいけます。が、たぶんマイナス22度はムリです。www

 

そこまでの厳しい環境ではつかわないと思いますが、冬でもキャンプするキャンパーさんたちの間では、かなり人気のあるシュラフなのです。

f:id:kawabatamasami:20170328104821j:plain

サイズはこのくらいですね。ザックにも入るくらいのコンパクトサイズです。

f:id:kawabatamasami:20170328104855j:plain

こちらも気温3度という環境でしたが、まったく問題ないです快適に眠ることができました。値段はけっこうしますが、型落ちでしたら定価よりもかなり安くで買えます。ぼくのも型落ちのモデルです。 

上下うすーいスエットで気温3度で余裕だったので、冬場のキャンプでも威力を発揮してくれそうですね。

 

最後に

やはりベテランキャンパーさんの情報をもとに、キャンプ用品を揃えてよかったです。

そろそろソロキャンプに出かけなきゃですね。

 

ダッシュ!

 

関連エントリー

www.kawabatamasami.com

 

www.kawabatamasami.com

 

www.kawabatamasami.com