おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

秋冬キャンプでテント内の寒さ対策はどうすればいい?

この記事をシェアする

f:id:kawabatamasami:20170330111803j:plain

これから暖かくなってくるので、家族でキャンプをするファミリーも増えることでしょう。家族で焚き火をかこみ、満点の夜空をみあげながら過ごすひとときは最高です

 

そんな最高のキャンプを、あたたかい夏だけのアドベンチャーにしてしまうのはもったいないです!

 

やはり秋冬、春先でのキャンプをむずかしくするのは「寒さ」ですよね。そこで今日は、寒いときでも暖かくすごせる我が家の防寒対策について書きます。

スポンサーリンク

 

寒くても快適にキャンプをたのしもう!

  • ダウンジャケット
  • ダウンパンツ
  • 冬用のシュラフ(寝袋)

などなど、いろんな対策はあるけれどやはり寒い。

そんなときにはこれです。

f:id:kawabatamasami:20170330110332j:plain

f:id:kawabatamasami:20170330110340j:plain

これ、セラミックヒーターというアイテムなんです。

使いかたと、メリットについてまとめます。

 

秋冬、春先でのキャンプは「コンセント」がつかえるキャンプ場にしよう

f:id:kawabatamasami:20170330110927p:plain

個人の趣味でキャンプして、山の中とかにいくのであれば別ですが、子どもを連れての家族キャンプであれば、コンセントが利用できるキャンプ場からはじめるのがベターです。

キャンプをはじめる時に初心者が用意するべきアイテムをスノーピークに電話で聞いてみた - 田舎DASH!

 

あまりに寒いと子どもの体にも負担がいきます。キャンプ後に風邪をひいてしまうと大変ですよね。

 

コンセントがあれば、セラミックヒーターだけではなく電気毛布なども使えるので、防寒対策がカンタンです。

 

セラミックヒーターは電気だけで動くので、テント内の空気がきれい

f:id:kawabatamasami:20170330110332j:plain

まず、テント内でストーブやガス系のもので「暖」をとると危険なケースがあります。

一酸化炭素中毒などの心配があるので、小さい子どもがいる家族では心配です。

 

でも、このセラミックヒーターであれば電気だけで動くので空気をよごしません

 

オイルヒーターを利用する人もいるみたいですが、これは機械が60度くらいの高温になります。小さい子どもがいるキャンプだと触る危険があるので、ぼくはセラミックヒーターを利用しています。

 

我が家は5人家族ですが、5人用のテントであれば、問題なくあたたかい室内で快適にすごせます。2台あると暑いくらいですよ。

f:id:kawabatamasami:20170330111522j:plain

f:id:kawabatamasami:20170330111527j:plain

冬キャンプでも、こんなにぐっすり眠ってます。ww

 

メリットその3、安い

セラミックヒーターは財布に優しいんです。ww

ストーブはキャンプの雰囲気がぐっと高まるのでカッコイイです。

 

こういうのですね。ナイスなんだけど、値段が高いんですよね。

これで4万円くらいします。

 

そのてん、セラミックヒーターはリーズナブルなのに防寒の威力を発揮してくれます。

 

これで6千円くらい。

 

我が家のはパナソニックで加湿器までついてるこれ

加湿器がついてて1万3千円くらいです。アマゾンで調べたら一番安くて7千円でした。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

秋冬、春先のキャンプは虫も少ないので快適に楽しめます。

 

お子さんがいるパパさん、ママさん、今年は夏前からオールシーズンでキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか!

ダッシュ!

スポンサーリンク