おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

引っ越しするときに住所を変更しなければいけないリストまとめ

この記事をシェアする

f:id:kawabatamasami:20170410120141j:plain

マイホームが完成して、引っ越しも完了しました。ずっと引っ越し作業にあけくれていて、ブログもまったく書けず。。今日からまた毎日書きますので、どうぞよろしくです。

 

引っ越しも大変ですが、いろんなものの住所変更もめんどくさいですよね。

今日は、新居に引っ越しするさいに、変更しなければいけないものをまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

 

引っ越しで変更すること

  • 住民票
  • 保険証・年金・こども手当
  • 免許書
  • 郵便物
  • 銀行系
  • 電気・水道・ガス

と、今のところ変更した(しているところ)ものはこのくらいです。

 

住民票(転出と転入)

f:id:kawabatamasami:20170316112321j:plain

これをやっておかないと、国民健康保険証が新しいもので受け取ることができないので、早めにやっておきましょう。

 

実印を印鑑登録している人は、転入届けを出して受理された時点で印鑑登録の住所も自動的に変更されるみたいです。これはちょっぴり嬉しかったです。国民健康保険、年金も同時に変更になればいいですね。

 

免許証の住所変更

f:id:kawabatamasami:20170410120447p:plain

免許証の変更は、警察署でサクッとやってくれます

変更するには、新住所を証明できるものが必要です。

 

ぼくは保険証をもっていきましたが、新住所でプリントされているものでなければNGなので注意が必要ですね。

 

保険証・年金・こども手当

これも一括でやってくれればいいんですが、自分でひとつひとつ回って変更しなきゃいけないです。けっこう大変です。

 

転出と転入をするときに、一緒にまわって完了させるのが手っ取り早いですよ!

 

郵便物

f:id:kawabatamasami:20170410120659p:plain

郵政があつかう荷物は、新住所へ転送することができます

届け出をしておくことで、古い住所に送られてくる郵便物を新住所あてに転送してもってきてくれるんですね。

 

こちらも早めにやっといたほうがいいです。

 

銀行系(通帳、クレジットカード)

これはかなり面倒なんですよね。。

ぼくも今ちょうど奮闘しているんですが、地方だと都市銀行がないので、都市銀行のカードや通帳はウェブ通帳に移行しておいたほうがいいです。

 

ウェブ上で取引できるようにしておけば、インターネット上から住所などの変更ができるので便利なんです。

 

電気・水道・ガス

これは電話1本で変更できるのでわりと楽チンです。

住んでいたところの電気、水道、ガスをとめて、新しく住む場所で契約するかたちです。

 

住所と名前と電話番号などを伝えるだけのやりとりになります。

 

最後に

まだ引っ越しも完了したばかりなので、また変更しなきゃいけないものが出てきたら追記していきます。

 

引っ越し、新築をされるかたは参考にされてみてください。

ダッシュ!

スポンサーリンク