おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

仕事に行きたくない人へ20代で10回転職したぼくの意見

f:id:kawabatamasami:20170425131302j:plain

30才で独立して6年がたちました。今年36才になりますが、なんとかきりもりしています。

 

フリーランスになる前、ぼくはフリーターでした。就職は1回のみ、あとはバイトですね。カラオケ屋さんもしたし、パチンコ屋もやりました。10種類以上も、いろんな仕事を転々としてきました

 

こんなぼくですから、仕事にいきたくない人の気持ちがいたいほどわかります。仕事に行きたくない人へ、語りたいとおもいます。

 

やめて次にいこう、必ず糧になる

ひとつだけ言えることがあるとすれば、まちがいなく10回以上も転職したことが糧になって今があるということです。

 

仕事にいきたくなくなる理由としてざっくりですが

  1. 心が病みそう
  2. つまらない
  3. マスターした

3つあげてみました。だいたいこれに当てはまるのではないでしょうか。

 

1、心が病みそう

f:id:kawabatamasami:20170425131012p:plain

世の中に絶対というものはないので、絶対やめたほうがいいとは言えないんですが、ぼくの周りに仕事が原因でこうなってしまった人がいたら、「仕事を辞める」ことを提案します

 

小池さんもこう言ってます。

心を病んでまで、なにかを頑張らなきゃいけない必要なんてどこにもないですね。

 

2、つまならいから行きたくない

f:id:kawabatamasami:20170425131157j:plain

これは、すぐにやめてしまうともったいない気がします。

なんとかして面白いぶぶんを見つけようとする努力はしたほうがいいかもしれません。

 

どんなに探しても面白いとおもえないようだったら、次にいくべきだと思います。

面白くないことにダラダラ取り組むのはもったいないですし、それを面白いと感じながら取り組んでいる人のほうが成長するので、面白いとおもえる仕事を見つけるべきです。

 

3、マスターしてしまってつまらない

これはもう次にいくべきです。

続けることも大切だけど、やめることも同じくらい大切だとぼくは感じてます。勇気が必要ですけどね。

 

次々にいろんなスキルを盗みながら、自分をメキメキ成長させたほうがいいです。

 

いつか独立するかもしれないという考えを頭に入れておく

ここで10回も転職してきたぼくがオススメしたいことなんですが、いつか独立するかもしれないことを頭に入れて仕事にとりくんでみると、また違った視点で仕事にとりくめます。

いつか起業して独立したい人は副業がおすすめな理由4つ - 田舎DASH!

 

いつかこの仕事が役に立つかもしれない、この仕事の経営者はこう考えてやっているんだな。といったことを自分の頭で整理しながら仕事をすると、学べることがたくさんあるはずです。

 

カラオケ屋さんをやっていて良かったなと思えることの一つとして、アルバイトの中に中国人の人がいたんですが、その人とぼくはとても仲良くなったんです。

 

サボりかたをぼくにトコトン教えてくれたんですがww いかにサボるか?を考えるようになったのは、今のぼくの財産になっています。

忙しくて時間がない人はいかにサボるかを考えてみよう - 田舎DASH!

 

最後に

必ず楽しい仕事に出会えるとはいえませんが、探し続けなければ出会うこともないです。

 

探し続けましょう!ぼくは探し続けた結果、独立していまは在宅ワークやっています。今も探し続けています。

 

ダッシュ!

 

関連エントリー

www.kawabatamasami.com

 

www.kawabatamasami.com