おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

子どもと自転車行動するときに気をつけるところ、危険な箇所

久しぶりにチャリンコ行動してます。楽しいです。

f:id:kawabatamasami:20170504115939p:plain

長男が小学生になったので、道路の歩きかたや自転車での走りかたを身につけさせようとおもい、チャリンコで息子と出かけるようになりました

 

これがとっても楽しくて、子どももすごく喜びますのでシェアしたいとおもいます。また、自転車で出かけるときに気をつけることもまとめます。

 

自転車行動のススメ

  • コンビニ
  • 自販機
  • 友達のいえ
  • ちょこっとサイクリング

いつもなら車を利用していましたが、自転車でいける範囲のところには自転車を使うようにしています。

 

ストップするタイミングに気をつける

f:id:kawabatamasami:20170504120316j:plain

庭先での自転車遊びだったら問題ないんですが、きほん急ブレーキ。w

 

曲がり角などに面する場所で、ゆっくりスピードを落としながらとまろうとしないので注意がひつようです。また、ギリギリで止まろうとするので手前でとまることを覚えてもらいました。

 

車が出てきそうなところでは、つねに「ゆっくりね」「あぶないよ」「そこ車がくるかも」など、声かけしてあげるようにしています。

 

少しずつ慣れてくると、どこが危ないか、止まるべきところ、車がでてきそうなところを覚えるようになります。できるだけ子どもを先にいかせて、曲がるところなどは一緒に、というのがやりやすいです。

 

休憩をこまめにとってあげる

数キロの距離でも、自転車にのりはじめだと疲れるみたいです。

f:id:kawabatamasami:20170504120042p:plain

なので適度に休憩をとるようにしています。おかしやジュースなどをバックにしのばせておいて、休憩のベンチなどでサプライズで出してあげると、子どもがめちゃくちゃ喜ぶのでオススメです。w

 

びみょうなのぼりの坂道などは、ペダルが重くなるので子どもの運転が不安定になることもあるので、気をつけたほうがいいです。

 

とくに気をつけるべきは、下り坂と高齢者ドライバー

ペダルをこがなくても坂道ではがんがんスピードがでます。

こわくないの?と思ってしまうほど楽しそうにするんですが、はっきり言って危ないです。

下り坂はとくに注意するようにしています

 

また、高齢者の車ドライバーもかなり危ないかたがいます。コンビニの駐車場やスーパーの駐車場とかリアルに危険度マックスだったりします。失礼かもしれませんが、息子には高齢者マークを覚えてもらうようにしています。

 

気をつけることまとめ

  • 曲がりかど
  • とまる位置
  • 坂道
  • 休憩
  • 高齢者ドライバー

ぼくが気をつけていることをまとめると、こんな感じになります。

 

最後に

チャリンコで息子と遊びにでかけるようになって、懐かしい楽しさを体験できています。子育ては大変ですが、やっぱり楽しいですね。

 

子どもが自転車に乗れるようになったら、「ちょっとそこまで」を車ではなく自転車でいってみるのをオススメします。

 

ダッシュ!

 

関連エントリー

www.kawabatamasami.com

 

www.kawabatamasami.com