おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

誰でもできる上手なブログ記事のタイトルのつけかた

この記事をシェアする

f:id:kawabatamasami:20170511120149j:plain

ブログの目標を10万アクセスにしたので、ブログについて勉強しています。毎日マックブックとにらめっこしましょうアップップです。

 

ブログのタイトルは重要ですよね。ブログを読んでくれる人はタイトルを見て読みたいかどうかを判断しますし、検索で表示されるためにもタイトルは重要です。今日はブログタイトルについて書きます。

スポンサーリンク

 

ブログタイトルを工夫してアクセスアップを目指す

・これから書こうとしているキーワードを調べる

・調べたキーワードをタイトルに入れる

・そのキーワードで検索している人を想像する

 

ブログのタイトルはこの3つを意識していきます。詳しく説明していきましょう。

 

書く内容でキーワードを調べる

ブログのアクセスをアップさせるには検索されることが大切です。ぼくのこのブログも検索からブログを見にきてくれる人の割合がいちばん大きいです↓↓

f:id:kawabatamasami:20170519104810p:plain

検索してもらうためには、ブログのタイトルにキーワードを入れる必要があります。

たとえば「子育て」という内容でブログエントリーを書こうとしたばあい、どのようなキーワードで検索されているのかを調べます。

 

調べるツールはグーグルキーワードプランナーキーワード検索数 チェックツール|無料SEOツール aramakijake.jpになります。(ぼくが利用させてもらっているサイトになります)

 

aramakijake.jpで「子育て」のキーワードを調べてみると

f:id:kawabatamasami:20170519105501p:plain

 

月間で6万以上のボリュームがあることがわかります。

また、このように↓↓

 

f:id:kawabatamasami:20170519105534p:plain

「子育て」という検索キーワードで上位表示されると、月間でどのくらいのアクセス数が見込めるのかも知ることができます。

が、しかーし。こういったビックキーワードで検索上位を勝ち取るのはむずかしいです。なので、「子育て」が入った関連キーワードをしらべます。

 

利用するのは、goodkeywordです。

このサイトで「子育て ←スペース」と入力します。

 

f:id:kawabatamasami:20170519111246p:plain

すると、

f:id:kawabatamasami:20170519111310p:plain

「子育て」+「どんなキーワード?」が分かります。上から4番目の「子育て 仕事」で見ていきましょう。どのくらいの検索ボリュームがあるのか、さきほどのaramakijake.jpで「子育て 仕事」で調べてみると

f:id:kawabatamasami:20170519111659p:plain

 

「子育て」だけのキーワードと比べるとだいぶ減りますが、

 

f:id:kawabatamasami:20170519111756p:plain

それでも検索で表示されるようになると、月間でこんなにアクセス数が見込めます。

このようにタイトルに入れるキーワードを決めていきます。それではじっさいに、「子育て 仕事」でタイトルを考えていきましょう。

 

そのタイトルで検索されるかを考える

検索=悩み

ぼくはこのように考えています。

 

「子育て 仕事」で検索(悩んでいる)する人はどんな立場におかれているのかを想像します

・忙しくてフルタイムで働けない
・子育て中でも働ける場所を探している
・子育てに集中するために仕事の休暇をとりたい

 

いろんな悩みが考えられますが、これらの悩みを解決することができるようなエントリーの内容をブログに書いていきます。そうすると、タイトルはいくつも考えることができるんです。たとえば

タイトルの例

・子育て中で忙しいママでも働けるオススメの仕事はこれ!

・子育て中だけど仕事が休めない?そんなときの解決策

・子育て中でもできる仕事!じっさいに募集している職場をリストアップ!

 

こういったタイトルなんていかがでしょうか?

悩みを解決するという視点でタイトルを考えると、上手につけることができます。

 

これには、どんな悩みで検索するのかという想像力が必要です。

 

最後に

どうでしたか?

ただ書きたいことを書きなぐるだけではブログのアクセスは増えないですね。

最近このようなツールを知りましたので、シェアしました(^ ^)

 

人の悩みを解決する手助けやヒントになれるのも、ブログの楽しみだと感じます。

ダッシュ!

スポンサーリンク