キャンプジャンキー

寝ても覚めてもアウトドア

Facebookページで1300人以上のファンを集めた手順をすべて公開

f:id:kawabatamasami:20170525145254p:plain

フェイスブックページは、自分のページと別に運営できるので便利です。ぼくもフェイスブックページはいくつか運営しています。

 

試行錯誤しながら運営した結果、1000人以上のかたからフォローしていただけるページへと成長し、毎日いろんなかたからフォローしていただけるようになりました。

f:id:kawabatamasami:20170525145239p:plain

▼ページはこちら

https://www.facebook.com/miyazakijapan.tabi/

今日はフェイスブックページでファンを集めるためにやったことを全て公開します。

 

フェイスブックページの運営方法

やったことは、

1、ジャンルをしぼる

2、どんな情報を求めているかを考える

3、ページを作る

4、定期的に投稿する

5、コメントには必ず返信をする

6、広告を出す

この6つです。それぞれまとめていきましょう。

 

フェイスブックページのジャンルをしぼる

f:id:kawabatamasami:20170525155800p:plain

まずはどんなフェイスブックページを作るのかを考えていきます。

・お店

・サービス

・仕事

・ブログ

いろんな目的のフェイスブックページがありますが、あれもこれも手をつけずに「ジャンルをしぼる」ことを考えました。

 

ぼくが運営しているのは「宮崎の旅」というページなんですが、はじめた理由は旅が好きだったから、です。w 単純すぎてアホですね。せっかくいろんなところに旅に行くんだから、いろんな人におすすめのスポットを紹介したいと思ったわけです。

 

ぼくは宮崎県に住んでいますが、もちろん宮崎県以外にも旅にいきます。しかし、ページは「宮崎」にしぼりました。

・旅好き

・日本の旅

・九州の旅

こういうページにすることもできたんですが、あえてジャンル(このページでいうと土地)をしぼりこんで情報を発信していく相手を「宮崎の人たち」にターゲットロックオンしたわけですね。

 

ジャンルをしぼることで発信する相手も明確になり、運営がやりやすくなります

たとえば「子育てブログ」のフェイスブックページを運営するなら、母親、父親、どちらかに絞ることで焦点がビシッとさだまり「誰に向けたページなのか?」が明確になりますよね。

 

フェイスブックページを運営しているけど、なかなかファンが増えないという場合にはジャンルが広すぎないかをチェックしてみることをオススメします。

 

人がどんな情報を求めているのかを考える

f:id:kawabatamasami:20170525155850p:plain

ページのジャンルが決まったら、そのジャンルを好きな人たちが、どんな情報を求めているのかを考えました

 

宮崎の旅では写真をメインに投稿していこうと考えました。でも、ぼくが旅した場所をひたすらアップしてもつまらないはずです。なので、

・どこの

・なんというスポットで

・どんな特徴があるのか?

これを、わかりやすくシンプルに写真と一緒に投稿することにしたんです。

 

投稿を見てくれた人が、「何かしらのメリット」を得られるような投稿を心がけました。ぼくのページで考えた価値は、「この場所がどこにあって、どういう特徴があるのかを知れる」という価値です。

 

価値がある情報なのかどうかは、見てくれた人が決めることなのでどうすることもできませんが、「どんな投稿が見たいか?」「どんな情報をもとめているのか?」を想像しながら投稿することで、無価値な情報からは遠ざかるとかんがえています。

 

実際にページをつくる

フェイスブックページを作成したら、なんのページなのか?を明記する必要があります。

ここはシンプルに「なにを紹介するページなのか」という情報をもりこみました。

f:id:kawabatamasami:20170525152057p:plain

こちらが実際の説明なんですが、あれもこれもを書かずに、自分が紹介できるものを並べただけです。簡潔にまとめるのがポイントだと感じています。

 

定期的に投稿していく

いつが休みかわからないお店には人が集まりません。これはお店だけじゃなく、SNSでも同じだとおもいます。

定期的に投稿していくことで、フォローしてくださっている人たちが「楽しみ」にしてくれるはずです。

 

また投稿する時間帯も、朝やお昼に投稿するよりも夕方の17時以降がいいんじゃないかと体感してます。データとってないのでなんとも言えないんですが、17時くらいからの夕方のほうがたくさんの人に見てもらえる気がします。

 

もうひとつ頑張っていることがありまして、

f:id:kawabatamasami:20170525153737p:plain

多くの人は「画像」で判断しているんじゃないかと思うわけです。おしゃれだったり、面白かったり、分かりやすいなど、ぼくも画像を見て「いいね!」と瞬間的にかんじて「いいねボタン」や「シェアボタン」をクリックするので、投稿画像は工夫するようにしています

 

おしゃれな画像はアプリをつかえばすぐに作れます。こちらの記事にオススメの加工アプリを紹介していますのでチェックしてみてください。

 

コメントには必ず返信する

f:id:kawabatamasami:20170525160222p:plain

SNSは宣伝やものを売る場所ではなく、コミュニケーションを楽しむ場所だと思っているので、もらったコメントには必ず返事をするようにしています。

 

というよりは、これは一番の楽しみです!

ぼくが行った場所に反応してくれる人たちの言葉は嬉しいですし、好きなことを発信しているのに「素晴らしい」なんて言ってもらえたら高まりますよね。

 

広告を出した

f:id:kawabatamasami:20170525160338p:plain

フェイスブックページには2通りの広告があります

・投稿をひろめる広告

・ページ自体をひろめる広告

この2つの種類の広告があるんですが、ぼくが出したのは「ページ自体をひろめる広告」 になります。

 

広告は100円から出すことができて、たくさんのフォロワーを獲得することができるのでスタートダッシュにはオススメです。が、広告ターゲットをしっかり考えないと、まったく無関係の人からのフォロワーしか集めることができません

 

目安としては

投稿のいいね数÷フォロワー数

この数値が5〜10%くらいになっていれば、しっかり広告が役に立っていると判断しています。

やたらフォロワーが多いページなのに、まったく「いいね」「シェア」されていないページがありますが、そうなってしまうと広告は無意味です。

 

まとめ

以上6つを書いてきましたが、この6つがぼくが実践したことになります。

フェイスブックページを運営していて、あまり効果がでていないときの参考になればとおもい書かせてもらいました。

 

最後に

フェイスブックページの運営は、もりあがってくると楽しいです。

こちらが情報を発信していると、逆にフォロワーさんからも情報をもらえることがあります。

これからも楽しみながらやっていきたいです。

 

ダッシュ!

 

関連エントリー

www.kawabatamasami.com

 

www.kawabatamasami.com