キャンプジャンキー

寝ても覚めてもアウトドア

ブログの成長がとまったときの解決策を考えてみる

f:id:kawabatamasami:20170608103545j:plain

去年からはじめたこのブログの当初の目標は、1年以内に月間1万PVのブログにすることでした。目標をこえて、1年以内で月に3万PVを達成。そこで成長がとまったままです。w

 

これまでどおり更新しているんですが、2017年この6ヶ月間のあいだ、成長が停滞しています。ブログには停滞期があると本で読みましたが、まさにそれなのかもしれません。

 

目標は今年中に月間10万アクセス 、とても達成できるような状態ではありません

そこでこのエントリーでは、ブログの成長がとまったときになにをやるべきか?について考えてみます。

 

ブログのトライ&エラー

▽目次

成長がとまってからこれまでに考えてきたことですが、4つ、やれそうなことが見つかりました。ちょっとずつ修正をかけている段階なので結果はまだわかりませんが、紹介したいと思います。

 

これまでに書いてきたブログ記事の修正・加筆・削除

f:id:kawabatamasami:20170511120149j:plain

ブログをはじめたばかりの頃のエントリーから順に読みかえしてみましたが、とっても恥ずかしいですね。w ういういしいとは、まさにこの事だと感じました。

 

読んでくれる人を意識してはいたんですが、足りない部分が見えてきます。この部分を修正していくことで、ブログの成長を再起動させることができるのではないかと考えました。

 

記事数を増やすために、1つのエントリーですむものを強引に2記事にしているものもたくさん見つかりました。これも1つにまとめる必要がありそうです。

 

また、重複して同じ内容を書いているものもたっくさん。。(笑)

ぼくが書く必要のないもの、誰も読みたくないであろう、内容のないエントリーは削除してみることにします。

もしブログの成長がとまっているなら、これまでに書いたエントリーをチェックしてみてください。課題がいくつもあることに気づけます。

 

コメント欄の追加

f:id:kawabatamasami:20170608103945p:plain

ぼくのブログにはコメント欄がありません。ほかのかたが書いているブログを見てまわることもあるんですが、コメント欄がにぎわっていて、読者との距離感が近いブログをたくさん発見しました。

 

ちょっとだけ調べてみたんですが、グーグル的にもコメントで賑わっているウェブサイトやブログを評価しているようです。だれからもコメントされないブログよりも、多くの人の共感や意見であふれているブログのほうが読者を楽しませているからでしょう。

 

コメント欄の設置には賛否秒論あるみたいですが、設置してみますので、感じたことなどコメントをいただけるとありがたいです(^ ^)

楽しませるというよりは、いっしょに楽しみたいです。

 

ストーリーのあるプロフィール作成

f:id:kawabatamasami:20170606121237j:plain

以前はぼくのプロフィール記事はあったんですが、内容がふるくなったこともあって下書きのままにしてしまっていました。さっそく書き出していきます。

 

ぼく自身、共感したり、参考になったブログエントリーを読んだあとには「どんな人が書いているのかな?」と興味をそそられます。自分をおおきく見せるプロフィールではなく、客観的にみつめてストーリー性のあるプロフに仕上げるつもりです。

 

プロフィールの作成には、この関連記事で書かせてもらっている本田直之さんの「パーソナル・マーケティング どんな時代でも“選ばれ続ける人”になる39の法則」の本が参考になります。本のとおりに仕上げてみます。

 

また読みにきてもらうための工夫

ぼくはインターネット販売で生計をたてていますが、どの道でもこの「またくるね」と感じてもらうことが大切だと感じます。また読みにきてもらうための工夫としては、

SNSでフォローしてもらう

読者になってもらう

RSSの登録をしてもらう

ことを考えていく予定です。

 

ブログのカスタマイズをするときに、ついつい「見栄え」重視でやってしまいがちだったので、フォローしてもらえるようなブログデザインにするために試行錯誤してみます。

 

最後に

ブログを開始してから、はじめての大きな壁がやってきました。

過去記事が1年分なので300記事以上あります。

今年中に修正など、このエントリーに書いたことを完了させられるように作業してみようと思います。

結果がでましたら、またブログエントリーにしたいです。

 

ダッシュ!

 

関連エントリー

www.kawabatamasami.com

 

www.kawabatamasami.com