おとうさんは工夫した

メインはファミリーキャンプ

NewモデルのFire7タブレットをレビュー|Fire HD 8との比較まとめ

f:id:kawabatamasami:20180202100438p:plain

アマゾンからリリースされたNEWモデルのFire7。

使いはじめてから約半年がたちました。

Fire7よりもサイズがひと回り大きいFire HD 8も持っていますが、7は読書用として、8は映画・アニメ鑑賞用として使い分けてます。

ひじょうに良い感じです。

今回はFire7を実際に半年ほど使ってみての感想・レビュー・良い点と悪い点・Fire HD 8との比較についてまとめていきたいと思います。

▽目次

 

Fire7の概要

スペックと価格

価格 8,980円 / 10,980円
ディスプレイ 7インチ
サイズ 192 × 115 × 9.6mm
容量 8 / 16GB
Wi-Fi
プライム会員価格 4,980円 / 6,980円

Fire7は、価格がとても魅力的なタブレットですねー

Fire7の容量は8GBと16GBを選べます。

容量少なくない?と感じてしまうかもしれませんが、microSDカードを利用して256GBまで容量アップすることができるので、容量不足の問題はありません。

f:id:kawabatamasami:20180202092624j:plain

このように本体サイド部分にmicroSDカードを挿入して容量をアップできます。

僕はアマゾン推奨のサンディスクmicroSDカードを使っています。

32GBのハイスピードのクラス10のものですが、価格も2690円と激安です。

f:id:kawabatamasami:20180202092621j:plain

 

Fire7の内容品

・Fire7本体

・充電ケーブル

・充電器

・説明書

Fire7の内容品はこの4点です。

非常にシンプルな内容ですね

f:id:kawabatamasami:20170609140522j:plain

こちらが本体とケーブル類になります。

f:id:kawabatamasami:20170609140605j:plain

説明書もシンプル。

Fire7の操作はとても簡単ですし作りもシンプルなので、説明書がなくても使えます。

 

Fire7のレビューとFire HD 8との比較

Fire7とFire HD 8の価格を比べると、Fire HD 8の方が3000円高く11980円になります。

Fireタブレットはプライム会員だと4000円引きで買えるので、プライム会員であればFire7が4980円Fire HD 8が7980円で買えてしまいます。

f:id:kawabatamasami:20170609141336j:plain

続いて大きさを比較してみました。

右がFire 7で左がFire HD 8、Fire7が一回り小さいですね。

f:id:kawabatamasami:20180201134736j:plain

余裕で片手持ちできます。

f:id:kawabatamasami:20180201134741j:plain

Fire7は縦でも横でもストレスなしで片手で楽しめるサイズです。

片手だけでの操作はきついですけどねー

Fire HD 8も片手持ちはできますが、手が小さい人にとっては持ちづらいかもしれませんね。

f:id:kawabatamasami:20180202095231j:plain

ボタンの配置は全く同じで、本体の厚みもそれほど変わりません。

f:id:kawabatamasami:20170609141638j:plain

重ねてみると大きさの違いが分かりやすいですね。

 

見た目やサイズ感は説明したとおりですが、Fire7とFire HD 8の違いは液晶画面の画質にあります。

Fire HD 8は液晶がHD仕様になっているので、Fire7よりも画質が綺麗です。

Fire7の画質が汚いわけではないので安心して大丈夫なんですが、Fire HD 8よりは劣るといった具合ですね。

Fire HD 8についてもっと詳しく知りたい方は、この記事にレビュー書いてますのでご覧ください。 (^ ^)

 

Fire7とアマゾンプライム

Fire7にかぎらずFireタブレットを持っていれば、 アマゾンプライムの特典を思いっきり楽しむことができます。

アマゾンプライムって何?といった方はこちらの記事をご覧になられてみてください。

とてもお得なサービスなのでFireタブレットを買うタイミングでプライムに加入するのがベストでしょう。

Fire7を4000円引きで買えますからねー

 

Fire7の良いところ

・安い

・軽くてコンパクト

・操作が簡単

Fire7の良いところはやはりその安さにあります。破格すぎますよね。

重量も295gと軽いですし、コンパクトなので持ち運びにも便利。操作も簡単にできるタブレットです。

 

Fire7のイマイチなところ

・アプリが少ない

・インターネット向きではない

・カメラがダメ

グーグルプレイからアプルを入れることができないので、アプリ数が少ないです。

Fire7はインターネットも使えますが、ipadなどのタブレットと比べると、インターネット向きではないかなーといった感じですね。

カメラ性能が良くない点なども、Fire7のイマイチな点と言えるでしょう。

こういったイマイチな点はありますが、アマゾンプライムを楽しむためのタブレットとしては、やはり最適なタブレットだと言えるのではないかと感じています。

 

Fireタブレットが故障したら

Fireタブレットの保証期間は90日となっていますが、普通に使用していて壊れてしまった場合には、1年間の限定保証がついているので交換対応してもらうことができます。

電子機器ですから初期不良や故障してしまうこともあるんです。

この記事でFireタブレットを交換してもらう手順についてもまとめていますので、良かったら参考にしてください。

 

Fire7のまとめ

Fire7はプライム会員だと4000円台会員じゃなくても8000円台で買えるコストパフォーマンスに優れたタブレットになります。

コンパクトなので持ち運びにも便利。

アプリが少ないこととカメラ機能についてはあまり良くない点になりますが、アマゾンプライムの特典を思いっきり楽しむためのタブレットとして使うならオススメですね。

Fire7を検討されている方は参考にされてみてください。(^ ^)

Fireタブレットは全部で3種類ありますので、どれにしようか迷っている方はこちらの記事をどうぞ!