おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

あなたのフェイスブックページに10倍人を集めるための作戦

f:id:kawabatamasami:20170621153429p:plain

6年ほどフェイスブックを研究してきて、なんどもページを作っては削除をくりかえしてきました。ようやくしっかり運営というものが分かってきましたので、シェアしたいと思います。

 

このエントリーではフェイスブックページに人を集めるための考えかたについて書きます。

スポンサーリンク

 

 

人気フェイスブックページに成長させる秘訣

▽目次

ぼくのフェイスブックページは「宮崎の旅」というページです。これから説明する内容を実践してきた結果、現在、1600人ほどのかたに支えられ、1投稿あたり6000人ほどにリーチするようになりました。

f:id:kawabatamasami:20170621154004p:plain

f:id:kawabatamasami:20170621154119p:plain

ではそれぞれ説明していきます。

 

宣伝はしない

f:id:kawabatamasami:20170621154243p:plain

フェイスブックページを作っているなら、目的は「お客さんの獲得」、つまり集客でしょう。お客さんを増やしたいなら、そのサービスを知ってもらう必要がありますがフェイスブックでは宣伝をする必要はないです。

 

え?と思われてしまうかもしれませんが、ぼくが研究してきた結果、宣伝は必要ないという考えにいたりました。うそじゃないです、鼻から脳みそが出るくらい考えてやってきた結果です。

むしろ、宣伝してはいけない。と感じています。

 

たとえばぼくのブログで考えてみましょう。ぼくがブログに人を集めたいと考えたとします。それをこのように

ブログを開始しました!

更新しました!

インスタはじめました!

フェイスブックはじめました!

登録お願いします!

いいねクリックしてください!

なんてやられたら、うざいですよね。宣伝はしなくていいのです。ではなにを投稿すればいいのか?

 

共通点を投稿する

f:id:kawabatamasami:20170621154452p:plain

ぶっちゃげこれは6年間の集大成なので書きたくなかったんですが、ブログネタに困っていたので書いちゃいます。(ちくしょう。。)

 

フェイスブックページに投稿する内容は、相手との「共通点」を投稿するべきです。どういうことなのか、具体的に説明してみます。

 

例えば、あなたは犬を飼っていて、犬が大好きだとします。それをふまえて、こちらの例にたとえてみます。

f:id:kawabatamasami:20170621095316g:plain

どちらに「いいね」したくなるか、考えてみてください。

Aの美容師さんは、トリートメントの写真をおしゃれに撮影して「トリートメントが入荷しました」と投稿しているのに対して、Bの美容師さんは愛犬がベッドで可愛らしく寝ているのをおしゃれに撮影して、オブジェとしてトリートメントをのせています。

 

犬好きなあなたは、可愛らしく寝ている犬の写真に「いいね」してしまうはずです。Bの美容師さんとあなたは「犬LOVE」という共通点でつながります。エル、オー、ブイ、イー、ラブ!

 

こんな風にフェイスブックでは「共通点」つまり、「ぼくが、私が、めちゃ好きな〇〇」をリミックスさせて投稿することで突き刺さるものになります。ひとつだけポイントがあって、「とんでもなく」好きなこと。ハマっていることであるべきです。

 

美容師さんであれば紅茶やコーヒーでもいいでしょう。紅茶やコーヒーが好きでたまらないのであれば、休日には美味しいカフェ探しをしているはずです。お店でお客さんに出すコーヒーや紅茶はこだわりぬいた1杯でしょう。それを投稿します。

 

美容室だからといって、かならず美容のことを投稿するべきではないんですね。これに気づくのに、ぼくは6年かかりました。w

 

営業日、休業日の投稿はいらない

賛否秒論ありますが、この営業日、休業日の投稿は必要ないと考えています。なぜか?

フェイスブックは突き刺しながら広げていくソーシャルというイメージです。さきほどの例でたとえるなら、犬好きな人を突き刺しながら広がっていくかんじです。

 

「今日はお店をお休みします」という投稿はこんな風になります。

f:id:kawabatamasami:20170621145823g:plain

犬好きという共通点でつながっているAさんは「いいね」してくれるでしょう。そしてAさんに「いいね」されると、Aさんの友達にも「今日はお休みします」という情報が伝わります。もちろんこのAさんの友達は美容師さんのことを知りません。興味をもってくれるでしょうか?

 

知らない人のお店、行ったこともないお店の休みの日の情報なんて無価値なので、広めてくれることはないです。

 

でも、この投稿が可愛らしくご飯を食べている犬の様子の投稿であればAさんの友達のなかの犬好きの人に突き刺さります。突き刺さった人は「いいね」してくれる可能性があります。よって広がっていきます。

 

Aさんでとまってしまう投稿は無価値なので、無価値な投稿はするべきではないというのがぼくの考えです。

 

バリエーションを増やす

これは単純に写真の投稿だけだと飽きてしまうので、動画などをおりまぜながらポストしていったほうがいいでしょう。

写真→ブログ記事→動画

といった風にバリエーション豊かに投稿をするようにしていけば、みてくれる人も楽しんでくれるはずです。

 

徹底的に相手目線になる

f:id:kawabatamasami:20170621154748p:plain

人を集めるには価値のある投稿をするべきです。なにかしらの情報を得ることができる投稿を続けていれば、フェイスブックページには人が集まってきます。

関連記事:無名の個人がフェイスブックを使って注目を集める方法

 

犬好きな人であれば、たんに犬をのせるだけじゃなく、「犬好きな人はどういう投稿をみたいのか?」鼻から脳みそがでるくらいに考える必要があります。

 

最後に

ちょっと極端な話になってしまいましたが、「共通点」を投稿していくというのは、ぼくのこれまでの経験でうまくいった方法です。

 

美容師さんが愛犬をのっけて人を集めるというのはマーケティング的にどうなの?という話はおいといてください。w

ダッシュ!

スポンサーリンク