おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

複数ブログにするべきか?1つのブログに取り組むべきか?複数ブログにチャレンジして感じたこと

f:id:kawabatamasami:20170703150318j:plain

ブログで結果を出している方の本を、たくさん読んできました。

人によっていろんな意見があって、複数のブログを書いているかたもいれば、1つのブログに絞るべきという意見もあって、さまざまです。

 

1年ちょっとブログを書いてきましたが、ぼくはいつのまにか「ブログは1つに絞って書いていくべきだ」という考えになっていました。でも、アフィリエイトに挑戦しはじめて、ブログを2つ、3つと増やしてみたんですが、これがけっこう楽しかったのでシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

▽目次

 

ブログは1つに絞るべきか?

このブログのほかに、2つ開始しました。ひとつは「宮崎の旅」というブログです。 

もうひとつは、アフィリエイトブログです。そちらは、ぼくのこれまでの人生のなかで、大きな挫折をしてしまった経験について書いています。

このように、複数のブログを書くようになって感じたメリットと、勉強になったことをまとめてみます。

 

ネガティブなものも書ける

3つとも、顔出しのブログにしてあるんですが、ひとつだけ、失敗談のブログは名前をハンドルネームにしています。そこで感じたメリットは、距離の近い人に知られたくない内容のブログでも、気にせず書けるということです。

 

もちろん顔は出していますので、あまり変わらないといえばそうなんですが。

子供もいますし、家庭に配慮したいという理由からハンドルネームでブログはじめたんですが、これがけっこう書きやすくていいなぁと感じています。

誹謗中傷ブログではないです。w

 

書きたい(需要があるから)けど知り合いも見ているし書きづらい、といった場合には、ブログを分けるのもアリだと感じています。

 

比べながら実験できる

f:id:kawabatamasami:20170703150537p:plain

ひとつのブログだと、ほかのブログとの比較や実験ができません。

どういった比較ができるようになったのかというと、2つあります。

 

1、雑記ブログと専門ブログの違い

「おとうさんは工夫した」は雑記ブログです。そして、新しく開始した「宮崎の旅」と、アフィリエイト用のブログは専門ブログです。

 

いろんな内容を書いている雑記とちがい、ジャンルをガチっ!と絞ったブログが、どのような成長をしていくのかを比べることができます。

まだ書きはじめたばかりなので分かりませんが、この比較はブログにもポストしていきたいと思っています。

 

また、文字数の実験もしています。

お父さんは工夫したブログでは1記事あたり、1000〜2000文字ほどのボリュームで書いていますが、新しく開始したアフィリエイトブログは、2500〜上限なしで書いています。

 

内容も特化させていますし、余計なことは書かずにそのくらいのボリュームを書いてますので、どうなるか楽しみです。またこの比較も、ブログにポストしていきたいです。

 

2、SNSでうまくいっているブログとの比較

これも楽しみな比較になりそうです。

おとうさんは工夫したブログでは、ジャンルがばらついていますので、フェイスブックページでも人が集まっていません。

しかし、「宮崎の旅」では、すでにフェイスブックページに1600人以上のかたがファンになってくれています。いいね数も、シェア数も比較になりません

 

SNSでうまくいっている宮崎の旅がどんな成長をしてくれるのか、比較していきたいです。ちなみに宮崎の旅ではブログエントリーをポストすると、いいね数が200ほど、シェア数が20ほどつきます。いまの様子だと、ブログ開始初月で5000PVほどいきそうです。

 

広告が貼りやすい

アフィリエイトブログにも、宮崎の旅ブログにも、まだ広告は貼ってませんが、内容を1つのジャンルに特化させているので、広告を絞り込めます。

 

雑記ブログではなんとなく邪魔に見えてしまう広告も、特化ブログだとそんなに気にならないなといった感じです。このあたりは素人なので、いいのか悪いのかはわからないんですが、なんとなく広告が貼りやすい印象です。

 

主ブログ以外にも書きたいことがあればアリ

複数にして分散してしまったことで書きづらくなってしまうこともあるでしょう。

どちらがいいのか、実際「人による」ところが大きいと思います。

 

ただ、はじめから「ブログは1つに絞るべきだ」と考えている場合には、一度試してみてもいいと思います。

ダメだったら、また元に戻せばいいだけですしね。

 

最後に

どうなるかは分かりませんが、いまは楽しく書けているので続けてみます。

結果はこのブログにポストしていきます。

ダッシュ!

スポンサーリンク