おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

ブログ、書けなくなりました

f:id:kawabatamasami:20170710141410j:plain

このブログ、「おとうさんは工夫した」を、毎回楽しみにしてくれているかたの存在をぼくは知っています。

いつも読んでくださっている方、スターをつけてくださる方、ときにははてブをつけてくださる方、とても嬉しく思っています

 

しかし、なぜか分からないんですが、このところずっと、ブログが思ったように書けません。

このブログは2年目となり、先週も、もちろん楽しくブログを書いてましたが、なんか違うんです。

 

ブログ思ったように書けない

とかいって書いてるじゃん、と、いま自分で自分に突っ込んでいますが、あきらかに今までのブログ記事と違うはずです。

 

よし書こう→あれ、何書こう→え、なんだったけ?といった感じになってしまいます。

 

なぜだか、分かりません。悩んでいるわけでもなく、「あれ、なんかちょっと違うぞ、なんだこりゃ」といった感覚です。

 

試行錯誤しようと、ブログを複数にしてみた

こういう状態が続いていましたので、自分なりに工夫していました

最近、ブログを3つに増やしたんですが、それも工夫のなかの一つです。

 

結果的に、ほかのブログはスラスラ書けています。文字数もけっこうなボリュームで書けています。なぜか、この「おとうさんは工夫した」だけが自分のなかでしっくりこないんです。

 

スランプなのでしょうか?

ブログをあれこれやったからじゃない?

それが理由だと感じるかもしれませんが、そうじゃないような気がします。このブログは、ぼくが今とりくんでいる物事の中でも、一番大切な存在になっていて、やめるつもりもないですし、苦痛なわけでもないんです。

 

もしかしたら、これをスランプと呼ぶのかもしれません。

ぼくは20歳から社会に出て仕事をするようになって、東京へ上京しました。10年間で10回も転職をくりかえしてきたので、大人になってからのスランプ経験がないです。

 

フリーとなって独立してからは毎日が失敗ばかりなので、スランプどころか日々変化しているので、どこがスランプなのか気づかずに7年きました。

 

もしこれがスランプというものなのであれば、これを乗り越えると、もしかしたら凄く成長するのかもしれないと考えると、楽しみでもあります

しかし、書けません。。w もはや苦笑いです

 

無理してたのかもしれない

f:id:kawabatamasami:20170710141752j:plain

ブログブームに乗って、ブログをはじめて、毎日のようにブログを書いてきました。

ブログの書籍を読むと、「読んだ人のためになるブログを」といった言葉が並んでいます。もちろん意識してきましたが、無理をしていたのかもしれません

 

もっと等身大で書きたいと思っているのかもしれません。分かりません。今でも等身大ですし。

 

こんなにスラスラと書けなくなってしまったのは、ぼくのブログライフでは初めてなので、戸惑いました。しかし、もう開き直ってしまえ!ということで、今回、このようなエントリーを書きました。

 

ブログを書くのが嫌になったのではない

文章を書くのが好きというよりは、タイピングするのが好き。です。

リズムに乗って淡々と、タンタン、タン!ってエンターキーを叩くのが好きです。( 韻踏んでみました。)

 

ブログを書くのは楽しいです。いまも楽しく書いてます。ただ、なんか違うんですよ。。

 

最後に

ちょっと良く分からない状態です。

それでも書きます。ブログを続けていると、こんな感覚になることって、誰にでもあるんでしょうか?

----------------------------

■追記■ガンガン書けるようになりました。w

このエントリーで心配してくださった方々、コメントまでくださった方々、ありがとうございました。

ダッシュ!