おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

【キャンプ記】宮崎県高鍋町のキャンプ場へ突撃!装備品などまとめ

この記事をシェアする

f:id:kawabatamasami:20170727142340j:plain

先週突撃したキャンプ記をまとめておきます。

このキャンプでは夏用に準備したコールマンのテント「ツーリングドームST」を使うことと、Lサイズのスノーピークのタープ「アメニティタープ ヘキサ Lセット」を使うことが目的でした。

スポンサーリンク

 

 

夏7月のソロキャンプ

▽装備品

服装:ショーツ、Tシャツ

テント:コールマン「ツーリングドームST」

タープ:スノーピーク アメニティ ヘキサLセット

マット:銀マット

シュラフ:なし

クッカー:DUGの焚火缶

調理器具:コールマン アウトランダーマイクロストーブ

食料:ベーコン、椎茸、アスパラ、地鶏

ナイフ:モーラナイフ

焚き火:スノーピーク 焚火台S

薪:落ちている枝と木

今回の装備品はこのセットで。海沿いのキャンプ場で灼熱を予想して、シュラフ(寝袋)は無しでタオルケットを1枚のみ準備しました。

 

子供たちとのキャンプ

f:id:kawabatamasami:20170727142541j:plain

長男ハルは行かないということで、真ん中の娘りんかちゃん、末っ子のカイジくんと3人でキャンプしました。子どもたちはキャンプとはいいません。

「テントでお泊まり」と呼んでいます。w

 

キャンプ場でのキャンプはやはり快適です。家族でいくのであれば、川沿いや山の中での野営ではなく、施設が充実しているキャンプ場がいいですね。

遊具もあるので、飽きずに遊んでました。

 

テントの使用感

ソロキャンプ用で使っていたスノーピークのFAL2を夏に使用して暑くて死にかけました。

なので、夏でも利用できそうな、コールマンのツーリングドームSTをゲット

これが快適でした!

f:id:kawabatamasami:20170727142928j:plain

見ての通り大きなメッシュが向かい合っています。風がつねに通り抜けるので涼しかったです。

さすがに日中はテント内は厳しいですね。夜になり、少し涼しくなってからテントインがベストです。

 

今回は大きめのタープの中に、テントをすっぽりと入れてキャンプしましたので、テントのフライシートは無し。

f:id:kawabatamasami:20170727143204j:plain

そのぶん涼しくて通気性もいいのですが、メッシュにしていると中が丸見えです。w

 

タープの使用感

f:id:kawabatamasami:20170727143153j:plain

やっぱりタープを張るとアウトドア感が増します

大きなタープはとても快適です。このタープでしたら、一人でも設営可能ですし、広いので重宝しそうです。

これからガツガツ使っていきたいと思います。

 

食事

食事はベーコン、椎茸、アスパラガス、宮崎の名物である地鶏を食しました。

使用したのは愛用しているDUGの焚火缶です。

f:id:kawabatamasami:20170727143452j:plain

キャンプを開始した当初から、必ず持っていくアイテム。今のぼくの一番のマブダチです。

こいつの良いところなんですが、

軽い

熱伝導率がすごい

フタがフライパンになる

墨壺になる

安い

と、いくらでもあげられるところですね。悪いところは作りが雑なところなんでしょうけど、ぼくにとってはそれが良いんです。

 

今回はフタをフライパンがわりにして焼きまくりました。

f:id:kawabatamasami:20170727144021j:plain

こんな感じです。

アルミなので熱の伝導率がハンパじゃなくいいので、すぐに熱くなります。ですので、

f:id:kawabatamasami:20170727144039j:plain

こういうので挟んで調理したりするんですが、こういうのがたまらんですね。カッコいいです。

冬には鉄板の焚火鍋がこいつでできてしまいます。

f:id:kawabatamasami:20170727144154j:plain

 

焚き火について

もはや焚き火をしにキャンプしているようなものなんですが、子どもも妻も焚き火が大好きです。火を見ているとなんともいえない気持ちになれます。

f:id:kawabatamasami:20170727144337j:plain

他のキャンパーさんの動画かブログで、松ぼっくりを焚き火で使うと綺麗だという情報をゲットしたので試してみましたが、ほんとに綺麗でした。

松ぼっくりのフシというか、この1本1本から炎が出るんですね。

 

焚き火はいつもスノーピークの焚火台、Sサイズを使ってます。

f:id:kawabatamasami:20170727144555j:plain

質感も見た目も収納性もかなりピカイチです。オススメなんですが、家族で使用するなら、サイズはM以上がいいでしょう。Sだと小さいので薪がはみ出します。

 

ぼくはナイフでバトニング(薪割り)しますので問題ないですが、そこまでしない人の方が大半だと思いますのでMサイズ以上をオススメしてます。

 

ソロキャンプについて

雨が降って雷もなり始めてしまったので、妻へSOSコールしました。

りんかちゃんと、カイジくんが怖がってしまったので、子どもだけ連れて帰ってもらうことに、なんと急遽ソロキャンプ!

 

ソロキャンプ、実は怖いです。w

しかし、自分と向き合う時間として、ぼくにとって、とても大切な時間になっています。

今の世の中、仲間、友達、家族、スマホ、テレビ、雑誌など、普通に生活しているだけでも、いろんな情報にふれることになり、自分という存在と向き合うことが難しいです。

 

自分がどんな人生を歩みたいのか、どんなライフスタイルを送りたいのか、どのような人たちを大切にしていきたいのか、なにが好きなのか、なにがやりたくないのか、なにを始めるべきなのか、なにが必要ないのか。

 

そんな自分の奥底にある声を聞いてあげる時間として、たどり着いた先がソロキャンプです。w

 

最後に

朝方の9時ごろに撤収しました。来週はどこを攻めようか。 

インスタグラムで、ぼくのキャンプフォトをアップしています。よかったらフォローしていただけると大変うれしいです(^ ^)

www.instagram.com

 

今後は、キャンプの動画を記録してユーチューブにアップしていきたいです。

ダッシュ!

スポンサーリンク