おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

息子と2人で行く男旅。キャンプ旅で息子とのアドベンチャーを楽しもう!

この記事をシェアする

f:id:kawabatamasami:20170728170143j:plain

去年2016年から始めたキャンプ、家族でいくのも、一人でソロキャンプするのも最高ですが、なんといっても息子と行く男旅キャンプは格別です

 

勝手に父親であるぼくが思っているだけかもしれませんが、絆が深まります!

そんな男旅キャンプについて、どんなアドベンチャーが楽しめるのか。まとめたいと思います!

スポンサーリンク

 

 

▽目次

 

息子と行くキャンプ2人旅

家族でキャンプにいくと、子供が小さいうちは、どうしても主導権が親になってしまうんですよね。しかし、親父とのキャンプでは自由な旅を味あわせてあげることができます。

 

ご飯の楽しみ

f:id:kawabatamasami:20170728170425j:plain

息子と2人で行く男旅。はじめに一緒にやる作業はご飯のチョイスです。

これが非常に楽しいんですよね。近場であれば出発前に、旅先が遠ければ旅先で調達するのがぼくのスタイルです。

 

朝、昼、夜の食事を一緒に決める

朝、昼、夜の食事内容を一緒に決めていきます。息子が食べたいものはもちろんですが、まだ息子の知らない男の料理などを披露するのもオススメです。

 

主にメインになってくるのは、夜の食事と、翌朝になります。

一度、一緒にふたりで男キャンプ旅を味わってもらうと、キャンプ後に次回の食べ物などを一緒に考えたりできるのも楽しいですよ

 

一緒に食材を選ぶ

f:id:kawabatamasami:20170728170456j:plain

ぼくはスーパーで一緒に食材を選ぶようにしています。

息子が手にとってぼくが持っているカゴに入れていくんですが、とても楽しそうにキラキラしてます。w

 

一緒に調理する

一緒に食材を切ったり、切った食材を調理したり、塩をふりかけてもらったり、鍋に具を入れてもらったり、普段は料理なんて子供はしないので楽しそうです

 

父親と作ることをどう感じてくれているのかはわかりませんが、一緒に作った料理を「美味しいね」とか「微妙だねww」なんて一緒に食べる時間は、なんともいえない時間です。

 

焚き火の楽しみ

f:id:kawabatamasami:20170728170525j:plain

夜もふけてきたら、焚き火を二人で囲みます。ぼくは焚き火ができるキャンプ場では、必ず焚き火をします。w

この時間は、男同士の話をする時間です。

 

一緒にする薪拾い

f:id:kawabatamasami:20170728170546j:plain

焚き火になれないうちはホームセンターなどで売っている薪がいいです。綺麗にカットされていますので、火をおこしてくべるだけで焚き火を楽しめます。

 

焚き火になれてきたら、息子と一緒に薪拾いを楽しんでみてほしいです

すでに我が家の小学1年生の長男ハルは、「薪ひろいにいこーぜ!」なんて言ってきますよ。w

 

火を囲んで乾杯

f:id:kawabatamasami:20170728170912j:plain

焚き火をする準備がととのったら着火!

着火してぼくはビール、息子はお気に入りのジュースで乾杯です。

 

男同士の話

乾杯をしたら学校のこと、仕事のこと、息子がやりたいこと、息子が今一番すきなこと、ぼくの夢、いろんなことを語り合っています。

男同士の話の時間。

 

やっぱりぼくは、好きな女の子の話が一番楽しいです。w

 

夜テント内での楽しみ

f:id:kawabatamasami:20170728171043j:plain

夜も深まって寝る前の時間はテント内で一緒にすごします。テントの狭い空間は、秘密基地のようでワクワクしますね。

 

息子と2人旅でキャンプをするなら、コールマンのツーリングドームSTというテントがオススメです。上の画像のテントですね。

1万2千円で夏からオールシーズン使うことができます。いろんなテントを試しましたが、これは本当にオススメです。

 

サイズ的にもちょうど2人で泊まれるサイズ、いろんなキャンパーさんがプッシュしていますが、とても人気のテントですね。

 

「ひろしです」の芸人ひろしさんは本格的なアウトドアキャンパーなんですが、彼が動画で絶賛していたのを見て買いました。w

このテントの詳しい詳細が知りたかったらチェックしてみてください。

youtu.be

 

一緒にゲーム遊びを楽しむ

カードゲーム、指ずもう、腕ずもう、たまにスマホゲームなどを寝るまでやってます。

テント内はランタンの光でとてもいい感じ。そこで息子と2人で一緒に寝るまで遊ぶんです。

 

寝顔を眺めながらの1杯

息子の方が先に寝てしまいますが、寝顔を見ながら飲むお酒は格別です

毎日の生活のなかで、息子にきびしくしてしまったり、時にはケンカをしたりもありますが、この時間でリフレッシュ。

 

息子が大切なことを素直に父親から伝えると、嬉しそうにしてくれます。

 

想像してみてください。

朝から食材を一緒にえらんで、調理して、一緒に食べて、一緒に焚き火して、ないしょの話で盛り上がって、テントという秘密基地で一緒に寝る。たまらんでしょう!

 

キャンプ中にやっておきたいこと

全てがとてもいい思い出になります。やはり写真は残しておきたいですよね。

 

記念になる写真を撮る

はいポーズ!といった写真ではなく、息子の自然な姿を写真におさめるのが好きです。

あらたまったポーズの写真よりも、頑張っている顔、楽しそうな顔、母親を思い出してちょっぴり寂しそうにする顔などを切り取ることができます。

写真はスマホで十分です!

 

最後に

家族旅行もいいですが、息子と一緒に行く男旅はやはりいいもんです。

我が家は息子が2人いますので、そのうち3人での旅になりそうですが、たまに息子それぞれと2人旅を続けたいです。

 

まだ娘とは2人キャンプをしたことがありません。そろそろですかね!

ダッシュ!

スポンサーリンク