おとうさんは工夫した

メインはファミリーキャンプ

macのストレージでシステムの容量が大きすぎる時の対処法。アップルに電話で聞いてみた。

愛用のMacBook Airが、この数日どんどん動作が重くなって仕事できなくなっていました

容量がパンパンなのかな?と、ストレージを見てみると、

f:id:kawabatamasami:20170825100255p:plain

この「システム」というデータが60GBくらいになっていてびっくり

空き容量が10GBもない状態になってしまっていました。

こうなってしまうと、システム容量を小さくするためにアプリやファイルを削除しても改善しません。

そこで今回は、マックのストレージでシステムの容量が大きくなってしまった時の対処についてまとめてみたいと思います。

アップルに直接電話をしながら改善させた方法なので、同じような症状でお困りの方のお役にたてるはずです。

スポンサーリンク

 

▽目次

 

Macbookでシステム容量を小さくする方法

対処法は次のとおりになります。

1、セーフモードで起動する

2、NVRAMをリセットする

3、OSの再インストール

4、ディスク消去(初期化)

この順番に試してみてください。

僕のマックはどれもダメで、最終的に初期化することで改善しました。

 

まず正確なシステム容量を確認する

ストレージ内の「システム」の容量が大きくなっている場合、実際には表示されている容量ではない場合があります。

マックが間違ってシステム容量を認識しちゃってるわけです。

実際にぼくのMacBook Airではシステム容量60GBとなっていましたが、実際は9GBしかありませんでした。

そこでまず、システムの本当の容量はどのくらいなのかを調べます。

 

システム容量を確認する手順

1、Finder→移動 

f:id:kawabatamasami:20170825102247p:plain

f:id:kawabatamasami:20170825102535p:plain

 

2、コンピュータ→Macintosh HD

f:id:kawabatamasami:20170825102649p:plain

f:id:kawabatamasami:20170825102743p:plain

 

3、システムを右クリック→情報を見る

f:id:kawabatamasami:20170825102827p:plain

f:id:kawabatamasami:20170825102914p:plain

 

この手順でシステムの正確な容量が見れます。

f:id:kawabatamasami:20170825103003p:plain

見ての通り僕のマックはこのようにシステムの容量は9GBしかないのに、60GBと表示されていました。

明らかにエラーです。

このようなエラーになってしまっている場合は、セーフモードで起動してみましょう。

 

調べたシステム容量が本当に大きかったら

容量を確認して実際のシステム容量が大きかった場合には、セーフモードでは改善しません。

セーフモードはやらずに、「2」のNVRAMをリセットする手順に進んでください。

 

1、セーフモードで起動する

セーフモードで起動する方法は、いったんパソコンの電源を切るか、再起動する必要があります。

電源を入れてすぐに「shiftキー」を押し続けてください。そうするとセーフモードで起動できます。

詳しくはこちらを参照→https://support.apple.com/ja-jp/HT201262

 

起動後にストレージをひらいて、修正されていれば改善されたことになります。

この手順で改善されないようだったらセーフモードでは修復できないので、NVRAMをリセットします。

 

2、MacのNVRAMをリセットする

次に試すのがNVRAMのリセットです。

聞き慣れない言葉なので難しく感じてしまうかもしれませんが、手順はとても簡単なので安心してください。

 

まずマックの電源を落とします。

起動後すぐに「option」「command」「P」「R」を同時に押し続けるだけです。

詳しくはアップルサイトを見てください→https://support.apple.com/ja-jp/HT204063

起動後にストレージを確認して改善されていれば修復完了です。

改善されていなければOSを再インストールする手順にうつります。

 

3、OSを再インストールする

かならずバックアップを取っておきましょう。

必要なファイルやデータが消えてしまう恐れがありますので、外付けのハードディスクなどにバックアップをとります。

バックアップが完了したら、OSを再インストールしていきましょう。

外付けのハードディスクを持っていない方は、良かったらこの記事をどうぞ!

OS再インストールの手順は、まずパソコンの電源を落とします。

そして、起動時に「commandキー」「Rキー」を同時に長押しします。

すると、

f:id:kawabatamasami:20170825104154j:plain

ユーティリティが出ますので、上から2番目のmacOSを再インストールをクリックします。

あとは出てくる画面にそって進んでいくだけで完了です。

ほとんどの場合OSの再インストールで改善されますが、ダメだったら最終手段のディスク消去(初期化)をすることになります。

 

4、ディスクを消去する

ディスク消去も、かならずバックアップをとってから作業してください。

手順はOS再インストールと同じでパソコンの電源を落とします。

そして起動時に「commandキー」「Rキー」を同時に長押しです。

f:id:kawabatamasami:20170825104527j:plain

ユーティリティが表示されますので、ディスクユーティリティをクリックして進みます。

削除の対象をMacintosh HDにして削除します。

詳しくはアップルサイトを見てください→https://support.apple.com/ja-jp/HT204904

 

f:id:kawabatamasami:20170825110557j:plain

削除するとMacの設定が始まります。

手順にそって進んでマックを起動させたらストレージを確認してみてください。

f:id:kawabatamasami:20170825110627j:plain

初期化なのでこのように全て消えて綺麗になっているのが確認できたら完了です。

もしも初期化をして治らないようだったら修理の必要があるかもしれません。アップルストアに電話をして修理の手順をふんでください。

 

最後に

マックはとても使いやすいですがこのようにトラブルが生じることもありますね。

同じような症状で困っているかたの参考になれれば幸いです。 

スポンサーリンク