おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

子どもたちと秘密基地を作ることにしました

この記事をシェアする

f:id:kawabatamasami:20170831120403j:plain

小さいころ、秘密基地を作ったことありますか?

ぼくはたくさん作っていました。秘密基地はなによりも大切で、いるだけでワクワクドキドキしていたのを覚えています。

 

やっぱり今の小学生も、ぼくらの頃のように、秘密基地を作ったりするのでしょうか。

ぼくは宮崎県に帰省して、生まれ育った地元でいま暮らしていますが、田舎です。それでも、おがわや、空き地、裏みち、廃墟した小屋、などが減っています。

 

駄菓子屋すらも、ありません。

スポンサーリンク

 

 

子どもたちと秘密の部屋をつくる

そんななか、見つけてしまいました。小さな部屋を。

f:id:kawabatamasami:20170831114815j:plain

今年、家を建てたんですが、子どもたちが大きくなって部屋が必要になったときのための空き部屋。まったく使っていない6畳の部屋が2つあまっていたので、このスペースを、子どもたちとの秘密の部屋にすることにしました。

 

ここには、日頃のパパとママと子どもたちとのルールが存在しない、子ども主体でルールを作れるスペースにしたいです。

 

そして、一緒に仕事のできるスペースにしようと思います。

 

パソコン、スマホ、カメラ、自由に使って一緒に仕事する

ぼくがパソコンを使って仕事をしているので、子どもたち3人とも、パソコンに興味があります。大人になったら、パソコンを使って仕事をするとも言ってくれるんです。

嬉しいですよねぇ(笑)

 

そこで、この部屋で一緒にウェブサイトを作ったり、ブログを書いたり、ネットショップを出したりする予定です。

 

まぁ、押し付けはよくないので、子どもたちがやりたそうだったらですけどね。

 

値段も商品も子どもたちに決めてもらって、ぼくが出店する感じになるんかな、自分が作った作品、書いた絵なんかを商品にしたら楽しそうです。w

 

パソコンでウェブサイトを作りながら、このボタンはどこに配置する?アドセンスリンクなどの位置をどこにする?などと、一緒にクリエイトしていきたいです。

 

スマホを使ってもらって、カメラを使ってもらって、ユーチューブチャンネルなんかも作りたいです。フリーフォトサイトなんかもいいですね。

 

子どもへのインターネットやスマホに蓋をする大人が大半のなかで、教えてあげる、さわらせてあげる、やらせてあげる、作ってもらう。そんな大人が一人くらいいてもいいと思いました。

 

とまぁ、ぼくがやりたいことは、まずは無しです。子どもたちが主役ですからね。

 

ホームセンターでDIY

やはり、秘密基地といえばインテリアですよね。

机や棚などを子どもが作りたいように作ってもらおうと思います。ホームセンターで木を買ってきて、ナイスな秘密の部屋にしたいです。

 

子どもが主体となって作る部屋は、どんな部屋になるのだろうか!

 

今のようす

f:id:kawabatamasami:20170831120052j:plain

f:id:kawabatamasami:20170831120104j:plain

いまはまだこんな感じで、なにも手をつけていない部屋です。

どんな秘密部屋になるのか、とっても楽しみです。

ダッシュ!

スポンサーリンク