おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

アマゾン架空請求とググれカスについて

この記事をシェアする

↓これが知人にきたらしい。

f:id:kawabatamasami:20170901132801j:plain

スマートフォンで検索することできますか?

知り合いからの電話だったんですが、声のトーンがすごく暗くて「なにかあったな」といった様子だったので、どうしたのか聞いてみると

アマゾンから未納料金を支払えと言われている

とのことでした。

 

ぼくはアマゾンユーザーなので、すぐに「詐欺だな」と分かったんですが、知人は恐怖で怯えていました。同時に、調べればすぐにわかるのに、と思ってしまいました。

スポンサーリンク

 

 

スマホを持っているのに調べられない人が増えている

「詐欺だよ」と教えてあげると、とてもホッと安心してくれていたようですが、これ、すぐにスマホで調べればわかることなんですよね。

 

このメールの電話番号を、持っているスマホで検索するだけで

f:id:kawabatamasami:20170901130300p:plain

↑すぐに「詐欺である」「架空請求である」ことが分かります。

最近、なんでスマホをもっているの?という人が、めちゃくちゃ増えていませんか?

 

ちなみにこのアマゾンのフリした架空請求がかなり多いみたいなので注意してください。アマゾンのフリした電話番号はこの「0120-234-486」だけじゃなくて、数種類あるみたいです。

 

なんでもかんでも聞いてくる

インターネットに詳しいというレッテルをはられているぼくには、こういう依頼がめちゃくちゃ来るようになっていて、困っています。

ほかにも

  • au光の設定方法
  • ネットのセットアップ
  • パソコンのセットアップ
  • チケットの取り方
  • 旅行を予約する方法
  • お店を予約する方法

こんなことをお願いされたりするんですが、そのたびに「ググればわかるのに」と思ってしまいます。

 

どうやら、スマホをパソコンとして使うことができない人たちが多いみたいなんですが、これってちょっとした問題だなぁと思うようになりました。

 

調べられない人は調べられる人よりも生活にお金が必要

ネットやスマホを利用して、当たり前のようにアマゾンの格安の動画サービスや、ほかの動画サービスが使えない、そもそも知らない。

携帯料金を3000円にできるのに、ドコモ、AU、ソフトバンクしか知らない。

など、情報にリーチできない人は、できる人よりも生活にコストがかかるようになっているように感じます。

 

このブログを読んでいる人の多くは、

「いやいや、それって年配の人たちでしょ?」

と思っているかもしれませんが、20代の人でもゴロゴロいますし、30代だとめちゃゴロいます。

 

本当に騙される人がいる

最初にのせてこういう↓

f:id:kawabatamasami:20170901132801j:plain

架空請求バリバリのメールって「騙される人いるの?」といったものですが、「えっ、やばい、どうしよ。。」と思ってしまう人、本当にいるんです。

調べられないって恐ろしいです。

 

ある程度の使い方をレクチャーする場はあったほうがいいんじゃないか?と感じます。

 

ぼくだけじゃなくて、「自分で調べてよ。。」ってことになっている人ってたくさんいると思うんです。

 

キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)のコールセンターに

スマホのトラブル係

とか

スマホで詐欺かな?と思ったらこちらへお電話

みたいなのがあれば、少しは解決するのかな?と思ったんですが、めちゃくちゃ忙しくなりそうですね。もうあるんですかね。

 

ググれカスについて

「ググれカス」はインターネットではよく見かける言葉です。

はじめは強烈だなぁと思っていましたが、優しい言葉に感じるようになりました。

 

「ググれば?」と言われて、はじめは何のことか分からなくても、一度スマホで調べてみる体験をすれば、今後できるようになっていきますもんね。

 

スマホを覚えるのは面倒かもしてないけれど、ある程度は使えるようになっておかないと、逆に危なかったり、損する時代ですね。というお話でした。

ダッシュ!

スポンサーリンク