おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

在宅ワークを卒業します。

この記事をシェアする

f:id:kawabatamasami:20170908160904j:plain

子どもが誕生したときに、妻とひとつの目標をたてました。子どもが3才になるまでは子どもと一緒に過ごそうという目標です。

 

それからぼくは、在宅ワークにこだわり子育てに参加してきました。在宅ワークだったら、いつでも子育てのサポートができます。なにより、いつも子どもたちの近くにいることができました

 

3人の子どもを授かり、ようやく今年、一番下の子が3才になり保育園に行くようになりました。

 

家にはぼくと妻だけがいるという状況が今年の4月から続きました。ひとつの節目をむかえたのです。

 

心の中に空洞ができたような、ガランとした気持ちでしたが、ようやく新たな目標にむかう気持ちになれましたので、ブログに書いておきたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

これから何をしていくのか?

f:id:kawabatamasami:20170908161012j:plain

これまでどおり、在宅でできる仕事はつづけていきます。それにプラスして、海外の商品市場をめぐりながら展開していきたいと思っています。

 

アジアをはじめ、海外のおもしろそうな商品市場をまわりながら、ブログでも発信したいですし、ぼくを通して、誰でも取りあつかえるような環境を作りたいです。

 

ぼく自身、海外の工場で商品を作ってもらったりしているのですが、言葉の壁があり、なかなか伝わらないことが多々あります。そういった問題もクリアしたいです。

 

また、中国をはじめ、東南アジアは急速に発展しているといいます。ぼくが最後にアジアをこの目で見たのは3年前になるので、世界の動きを肌で感じたいというのもおおきいです。

 

面白い商品を見つけたい、作りたい

f:id:kawabatamasami:20170908161104j:plain

商品の市場をまわりながら、面白そうな商品を見つけたり、新しい商品を作りたいと思っています。

 

ネットショップを始める人のサポート

これからネットショップを作りたい人のために、ショップを作ったり、コストを抑えたいい商品を提供していきたいと思っています。

 

どこで販売をするのか、どこのネットショップがいいのか、自社のショップへ人を集めるにはどうすればいいのか?など、7年間の経験を活かしたいです。

 

オリジナルの商品も低コストで作成できますし、いろんなジャンルの商品を作れます。なので、ブログで発信しながらサポートできればいいなと考えています。

 

ネットショップは子育てをしながらでもできる仕事なので、これまでの経験をいかして、一緒にショップ作りができるような存在になりたいですね。

 

とりあえず海外に行ってきます

近いうちに海外へ行ってきます。

ぼくになにができるのか、誰の力になれるのか、まだハッキリとは分かりません。

 

ひんぱんに海外へ行けるわけでもないので、少しずつ目標にむかっていきたいと思います。

ダッシュ!

スポンサーリンク