おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

AKBを手がけたプロデューサーの「秋元康の仕事学」が刺さりまくったので感想書きます

f:id:kawabatamasami:20171020113642j:plain

AbemaTVでこれ→【無料】徹の部屋-徹の部屋#20 革命のファンファーレ出版記念

を見て、AKB作った秋元さんってすげー人だなぁと感動しました。

 

出演者が企画のアイデアをだしていく内容だったんですが、秋元さんの発言がズバぬけてて面白いんですよね。

めちゃくそ興味がでたので本を読んでみました。

「秋元康の仕事学」という本です。

↓これです

夢や仕事にたいする考えかた、とらえかた、どのように向き合っていくのかなど、秋元さんならではの考え方や受けとめかたが書かれています。

 

考えかたのひとつとして読んでみると、いろんなヒントをもらえる1冊でした!

スポンサーリンク

 

 

ヒットを生み出す考えかた

ざっくりと説明すると、なにげない日常にも面白さを見出す努力が大切。

で、なにかをやるならジャンルを絞りこんで、人の期待をうまく裏切れ!なんでもほめるな!といった感じです。

 

すごくいい本だったので、全部紹介すると長くなります!なので、僕なりに噛み砕いて紹介してみます。

 

ヒットを生み出すなら絞り込め!

f:id:kawabatamasami:20170923140801j:plain

なんでも屋さんって、なんにもない気がしませんか?

たとえば、ラーメン屋さんなのにカレーもうどんもあるみたいな。100円均一にはなんでもあるけど「これがやばい!」と思えるものってないですよね。

 

印象にのこらない感じとでもいいましょうか。

やっぱりヒットになるものは、絞り込まれていたり、とがっている物やサービスだと思うんです。

 

これはぼくが考える絞り込みですが、秋元さんとなると別格です。本には秋元さんならではの絞り込み、尖らせかたが書かれてました。

 

人の期待を裏切れ!

説明ができてしまうものって驚きがないですよね。

f:id:kawabatamasami:20171020114215p:plain

たとえばスポーツ。シュートがうまい人がシュートをするのは当然です。「あいつシュートうまいんだよ」と誰もが知っているとします。

 

試合で残り30秒、1点差。とうぜん、そのプレイヤーがシュートしてくると思いますよね?そこで期待を裏切り、パスしてほかのプレイヤーがシュートを決める!

 

人は予想外のことに驚きます。

 

これもAKBの活動などを例にあげながら、秋元さんの「裏切りかた」が書かれてます。

どうファンを裏切り、その時にどんな感動が生まれるのか、勉強になりました。

 

ダメなところも正直にいえ!

仲間うちの活動をほめることは簡単です。

大人になると、ダメなところを突っ込んでくれる人、こういう理由でうまくいかないかもしれないと意見をしてもらえることが少なくなります。

 

これは絶対に売れます!買ってください!

 

そればかりを言う人って、信用できないじゃないですか。

ぼくの仕事のネットショップでも、しっかり考えて、この商品はこの層には刺さるけど、この層にはダメだろうという意見ができるかどうかは大切です。

 

自分に自信をもて!

ちょっと自己啓発的になってしまいますが、俺は運がいいんだ!と思っている人と、俺はなんて運がわるいんだろう。。と思いながら生きている人だと、どちらが運がよくなりそうですか?

 

この2人の人生が、なにからなにまで同じ人生だったとしても、「運がいい」と思っている前者のほうが、楽しくいられそうです。

 

普段から、自分だったらできる。俺なら大丈夫。ダメでもともと。そう考えて仕事をすること、生きることが大切だなぁと、この本を読んで感じました。

 

最後に、本書に書かれている秋元さんの言葉を引用して、この読書感想文を終わりにしたいと思います。

他人から、「あなたは才能がある」と言われることはなかなか難しいことです。しかし、「自分には才能がある」「自分は運がついている」と思うかどうかは、自分が決めればいいこと。そう考えると、自信を持つということは、とても簡単で、今日から実践できることなのです。

 

周りがいくら「君は不幸だね」「ついてないね」と言ったとしても関係ありません。「そうですか? 楽しいですよ」と、平気でいられることが大切です。「人生に無駄はない」と思ってポジティブに生きていけば、たとえ目の前に壁が立ちふさがって、右か左へ逃げたとしても、その人は、きっとまた戻ってこれると思うのです。

 

秋元さんかっこいいっす!

 

この本について

たくさんのヒットを生み出した秋元さん。私生活でどのように感じて、どうやって仕事にむすびつけているのか、そんな内容がつめこまれた1冊でした!

 

この本めちゃくちゃ読みやすくて勉強になります。

天才の頭の中をのぞける、そんな本です。ぜひ読んでみてください。(^ ^)

↓「秋元康の仕事学」↓

ダッシュ!

スポンサーリンク