おとうさんは工夫した

いつお父さんと呼ばれるのかな?

反対していた住宅ローンを組んでまで家を建ててよかったと思う理由3つ

f:id:kawabatamasami:20171023150913p:plain

家をたてて暮らしはじめてから半年たちました。早いです。家をたてる、買うのって、ぶっちゃげ迷うじゃないですか。

 

家をたててよかったと思うかどうかなんですが、結論からいえば、「よかった」です。

 

デメリットは「ローン」だけで、ほかは全部よかったと思えることばかりですね。

 

じつは、ぼくは持ち家について、ギリギリまで妻に反対をしていました。移動できなくなるし、ローンはリスクだし、今の時代にそぐわないと思っていたからです。

 

そんなぼくが、どうして家を建ててよかったと思えるのかまとめます。持ち家について迷っていれば、参考にされてみてください。

スポンサーリンク

 

▽目次

 

家をたててよかったと思えること

ぼくが家を建ててよかったと思えることは、この3つです。

 

  • せまいストレスがなくなる
  • 妻と喧嘩をしなくなった
  • 子どもがひろく遊べる

 

えっ?それだけのメリットのために住宅ローンを組んだの?

 

そう思われてしまうかもしれませんが、子育て中であれば、この3つは、はてしなく大きなメリットだと思います。

 

せまいというストレスがゼロになる

家をたてるまえ、我が家は6畳の部屋が3つある借家にすんでいました。

 

ぼくは在宅ワークなので、1つは仕事で使っていました。家庭でつかえるのは2部屋のみという環境だったんです。

 

それなりに満足していたんですが、3番目の子が誕生してからかなり変わりました。

せまいんですよね。。

 

思い出すだけでもぞっとします。w

5歳のわんぱくな時期の男の子に、2歳のイヤイヤ期の女の子、産まれたてのベイビー。これにプラスしてぼくと妻。

 

ご飯をたべるときも、5人用のテーブルをおくと部屋がパンパン。そこにテレビ、おもちゃ、ぼくらの私物、もうストレスマックスだったんです。

 

家を建ててから気づきましたが、このストレスから解放されるのは、とってもとってもラクです。天と地の差とはこのことですね。

 

夫婦喧嘩ががっつり減った

f:id:kawabatamasami:20171023151059p:plain

さきほど説明したとおり、そんなせまい空間で育児をしていると妻もストレスがたまってきます。よく喧嘩をしていました

 

ぼくも在宅ワーカーで、24時間、こどもがいる環境で仕事をしながら育児もしていると、もうワケが分からなくなるんですよね

 

一体このストレスはなんなんだ?と。

 

で、家をたてて引っ越してからは、リビングもそれなりに広くなりました。

そうすると、子どもの「ギャーギャー」遊んでいる声が、せまい部屋のときとくらべると、そんなに気にならないんですよね。

 

ほんとラクです。

ここだけの話、妻とはけっこう喧嘩してました。ww 喧嘩がなくなったのは、子どもにとってもよかったと思えます。

 

子どもがひろびろと遊べる

f:id:kawabatamasami:20171023151201j:plain

さきほどの延長ですね。

小さい子どもがエネルギッシュに遊ぶと、壁にぶつかったり、テーブルでおでこを打ったりと危ないです。

 

今は広いので、ひろびろと遊べています。戦いごっこのリクエストが多くなるのが、たまに傷ですけどね。w

 

夏には外でプールをつくって遊ばせたり、BBQをしたり、幅がぐんと広がりました。

我が家は、子供達の年齢が近いこともあったので、大変だったんです。

 

同じようにせまくてストレスになっているなら、今より広いスペースの家に変えるだけで、めちゃくちゃ快適に感じるはずです。

 

最後に

子供が大きくなるにつれて、家を買うか、建てるか悩みますよね。

関連記事:これからの時代に住宅35年ローンは間違っているのか?

 

もしも今のスペースでは厳しい、ストレスがたまる、なんてことになっているなら、広いスペースは有効ですよ。

ダッシュ!

スポンサーリンク