おとうさんは工夫した

在宅ワーカー3児のパパブログ

お金の勉強をしたいなら本多静六さんの「私の財産告白」をまず読めばいい

f:id:kawabatamasami:20171127154315j:plain

僕はコツコツ貯金をすることが大の苦手でして、、

この「私の財産告白」という本は、本多静六さんという人が今の価値にして、およそ100億円ほどの資産を築き上げてきた記録を学ぶことができるという内容が書かれています。

 

というわけでこの本です!

 

ざっくり言うと、コツコツ節約をしながらお金を運用すれば、誰でもある程度の資産を作れる。私がどのようにしてきたのかを教えるね。という内容になっています。

 

成功者の本や言葉を参考にしてみても、僕のような一般人には当てはまらないことが多いです。

頭のいい人や、才能のある人が成功した方法、資産を築いた方法は、誰にでも応用することができないものだからです。

 

しかし!この本多静六さんの「私の財産告白」では、誰にでも当てはまる答えを用意してくれています。

私の財産告白の著者である本多静六さんは、誰でもしっかりと貯金をし、たまったお金をしかるべきところに投資をしていけば、資産を作ることができると書かれていました。

初めはホンの小さな玉でも、その中心になる玉ができると、あとは面白いように大きくなってくる。これはおそらくだれがやっても同じことであろう。

だそうです!

 

じゃあその内容を教えてくれっ!ということで、本書の中身をちょっとだけご紹介します。

スポンサーリンク

 

▽目次

本多静六さんの「私の財産告白」に学ぶ資産の作り方

f:id:kawabatamasami:20171127154455p:plain

基本的なことなんですが、貯金をして投資をする。という方法ですね。

投資なんてわからねーよ!

おっしゃる通りなんですが、投資の前にやるべきことがあります。

「節約」と「貯金」と「勉強」です。

だーかーら、その貯金がなかなかできないんじゃないか!と言われてしまいそうですが、本書に書かれている貯金の方法は、誰でも貯めることができる貯金の方法です。

 

給料の4分の1を無いものと思い貯金する

f:id:kawabatamasami:20171127154638p:plain

まず、受け取った収入のうち、あらかじめ決めておいた金額をなかったものとして全て貯金するというものです。

いやいや無理むり。リームーりーむーでしょ?

と思われてしまうかもしれませんが、これって誰でもできることなんですよね。

 

給料をやりくりした中で余った金額を貯金するんじゃなくて、はじめから「給料の何分の1」と決めて貯金するというものです。

本多静六さんも、給料の4分の1を無いものとして貯金することを、ずーっと続けられたそう。

すげぇなって思いました。

 

この方法だったら、イヤでもお金がたまりますよね。

足りないんだったら、どこかで働く必要だってあるだろうし、とっても我慢して貧乏をすすんでやらないといけないかもしれません。

それくらいの覚悟をもてば、誰にだってできる貯金法です。

 

いまの価値にして100億円もの資産を作り上げた人でも、こんな地道なことを大切だと言うんだから「コツコツ貯める」って大切なんだなぁとしみじみ感じます。

 

ボーナスや臨時収入は全て貯金する

ボーナスくらいはご褒美として家族旅行に♪

じゃなくって、貯金だそうです。w

そんなに貯金ばかりしていたら、楽しくない。いつまでたっても我慢なんてイヤだ!

といった方は次を読んでください。

 

お金がたまったら投資にあてる

f:id:kawabatamasami:20171127154818p:plain

本でも書かれていたんですが、個人が普通に働いて稼ぐ金額では、大した資産を築くことができないとあります。

たしかに、収入の4分の1をコツコツ貯金にまわしても、たいした金額にはならないですよね。

 

そこで出てくるのが、「投資」です。

うわー!でたよ、投資!

 

「投資」と書くとめっちゃむずかしく感じてしまいますが、投資っていろいろありますよね。

  • 事業をはじめる
  • お店をだす
  • 積立投資
  • 株式投資

もちろん、すべて勉強が必要になります。

 

ざっくり言うと、収入源をいくつか確保していくとうことになりますね。

しかも、できるだけ確実に投資をしていく。

そのためにも勉強が必要です、ということになります。

 

失敗しても「なかったもの」として貯めたお金だから諦めもつく

もしも失敗してしまったとしても、もともと無いものとして貯金をしていた分なので諦めもつきやすいというわけですね。

まぁ、そんなカンタンに諦められるわけでもないんだけども。ww

 

で、投資をして成功した新しい収入源にも4分の1貯金をあてはめていくわけです。

はじめは20万円の4分の3を使えていたのが、収入が増えるたびに大きくなっていくわけです。

それと同時に貯金(資産)も作られていくという手段ですね。

 

これらをしっかり突き進めていくためには、節約、貯金、勉強。これが大切だということになります。

これって当たり前のことだし、誰でも分かっていることだけど、大人になると勉強をしなくなったりと、当たり前のことができなくなるんですよね。

 

当たり前のことを当たり前に継続する

f:id:kawabatamasami:20171127155045p:plain

ちょっと稼げたら贅沢をしてしまう。

貯金に手を出してしまう。

大人になったら「学生の頃に勉強しておくべきだ」なんて立派ないいわけを作って勉強しなくなる。

 

これらは誰でも大切なことだと分かっているし、当たり前だということも知っています。

ですが、それを実行するのってとても難しかったりしますよね。

 

しっかりと勉強をしながら、貯金をして、節約をする。

お金がたまったら勉強した先の投資先へ投資をしていく。

これを確実にやっていくことで、誰にだって資産を作ることができると本書には書かれています。

 

すすんで貧乏をやっつけろ!というわけですね。

いや、ほんと勉強になる本でした。

当たり前のことを「こうやってやるんだよ」と、やさしく言語化してくれています。読んでいると、そうだよなぁと思わされました。

 

なにごとにも、凡人にはお金持ちになる近道なんてないわけです。

しっかり、地道に、自分のできることをしっかりやっていく。これが近道なんでしょう。

凡人には凡人なりの、当たり前の工夫が学べる1冊です。

 

まとめ

自分で貯金ルールを作って、それを厳守して貯金していく。

ボーナス、臨時収入もすべて貯金する

ある程度お金がたまったら投資する

新しい収入源にも貯金ルールをあてはめて貯金する

くりかえし

 

ざっくりですが、こんな感じです。

ほかにもお金、人望はどのようにして集まる仕組みになっているのか?

投資における考えかたなど、いろんな角度から見た「お金」についての勉強満載の内容です。

 

実は我が家もこの本を読んでから、妻と一緒に4分の1貯金からの投資を実行するために進めています。

資産を築くぞっ!

お金の勉強の入門にオススメな1冊となっていますので、ぜひ手にとって勉強されてみてください。 

ダッシュ!

スポンサーリンク