おとうさんは工夫した

メインはファミリーキャンプ

春のファミリーキャンプの装備品|防寒・寒さ対策や子どもの服装について

f:id:kawabatamasami:20180216103302j:plain

春はキャンプをはじめる人にとってもベストなシーズンです。

日中はポカポカと暖かく子供も思いっきり遊ぶことができますし、桜や菜の花などを見て、陽気な気分になることもできます。

気をつけることといえば日中と朝晩の気温の変化がはげしいので、防寒対策もしておくこと。

それだけ気をつけておけば、春キャンプを快適に思いっきり楽しむことができます!

そこで今回は、春キャンプの装備品・防寒対策・注意点についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

▽目次

 

春キャンプを楽しもう

春キャンプがオススメな理由

f:id:kawabatamasami:20180216112245j:plain

秋と同じくらいキャンプにオススメなシーズンが春です。

キャンプは夏がベストシーズンだと思われがちですが、春・秋のキャンプこそベストシーズンと言えます。

その理由は主にこの4つ!

・人が少ない

・日中は思い切り遊べる

・初心者にもオススメ

・虫が少ない

人が少ない

夏にはキャンプ場がこみあってしまうことが多いですが、春キャンプではまだそこまで人が多くありません。

キャンプ場が夏のようにこみあっていると、キャンプをはじめる方にとっても周りのキャンパーさんに気を使ってしまうこともありますからねー

春のキャンプでは、自分たちのペースでのんびりキャンプを楽しめますので夏から始めるよりもおすすめです。

 

日中は思いっきり楽しめる

冬キャンプのように「さむいぃー」と縮こまる必要がないです!

ポカポカ暖かいので子供も思いっきり遊べますし、トレッキングやウォーキングなどを一緒に楽しむにもオススメの季節ですね。

 

初心者にもオススメ

防寒対策も冬のように難しくはありませんので、春キャンプは初心者にもオススメです。

夏だと日中はテント内が灼熱地獄となってしまいますが、春キャンプはテントの中も快適なので、ゆっくりと過ごすことができます。

テント内を春風がそよそよ通り抜けるのがめちゃくちゃ気持ちいいんですよねー

外でのBBQなどもやりやすい季節ですから、楽しめる要素が満載です(^ ^)

 

虫が少ない

女性陣は虫が苦手だったりしますからねー

夏場とくらべると虫も少ないので、キャンプがしやすいと言えます。

ただ冬のキャンプと比べると、やはり虫はいますので、念のために虫除けスプレーや、子供用の虫刺され薬などは持参しておいたほうが安心です。

 

春キャンプの装備品

f:id:kawabatamasami:20180216111524j:plain

キャンプを楽しむための最低限の道具は必須ですよね。逆に言えばこれさえあればキャンプが楽しめます。

・テント

・シュラフ(寝袋)

・マット

・テーブルや椅子

・調理器具(BBQ用品など)

春からキャンプを始めようと考えている方は、良かったらこちらの記事を参考にしてください。

春キャンプでは道具にそれほど迷う必要はないですから、家でBBQをやるような環境で使う道具プラス、寝泊まりのできるテントさえあればなんとかなります!

POINT

・道具選びも簡単

・BBQもオススメ

 

春キャンプの防寒対策

春になって暖かくなっても朝晩はけっこう冷えますので、冬用の防寒着冬用のシュラフ(寝袋)などは念のために持っていくようにしたほうが良いです。

夜寒くて寝れなかったりしてしまうと、せっかくの楽しいキャンプが台無しになってしまいますからねー

毛布・掛け布団なども持参しておくと何かと便利です。

この記事にも書いたんですが、冬の防寒対策としてセラミックヒーターなどを1台持っておくと完璧ですね。

電源コンセントのあるテントサイトを利用すれば暖房器具が使えるので、初心者の方は電源サイトを選ぶようにすると安心です。

POINT

・冬用の防寒着は念のために持っていく

・セラミックヒーターなどの暖房器具があえば完璧

・毛布や掛け布団も便利

 

春キャンプにオススメのキャンプ場

f:id:kawabatamasami:20180216113842j:plain

桜などの花見ができるキャンプ場もありますので、そういったキャンプ場だったら圧倒的に春キャンプを楽しめますよねー

ちなみに桜の花見を楽しめる日程は、おおよそ3月の後半から4月の第2週目くらいまでなので、その頃に家族キャンプの予定を立てるのもオススメです。

 

また、トレッキングが楽しめるような観光地にはキャンプ場もありますので、そういった場所を選ぶのも楽しいでしょう。 

春先のトレッキングはいろいろな植物が咲いていますから景色も抜群に綺麗ですし、なにより運動もしやすい気温ですからね。

まぁ、普通のキャンプ場でもポカポカ陽気で気持ちよくキャンプできますよ。(^ ^)

POINT

・花見が楽しめるとより楽しい

・アスレチックのあるキャンプ場は家族で楽しめるのでオススメ

・キャンプ場付近に遊べる場所があれば便利

 

いつから春キャンプ

立春は2/4ですが、さすがに2月の前半は寒いですよね(笑)

春を感じることができるようになるは、やはり3月に入ってからではないでしょうか。

桜や菜の花もちらほら咲き始める頃になると日中も暖かくなるので春キャンプシーズンの到来です!

POINT

・3月に入ってから

・菜の花や桜が綺麗

 

子供との春キャンプで気をつけること

子供がいれば日中は遊びまくって汗をかくので、我が家は予備の着替えをできるだけ持っていくようにしています。

タオルも思った以上に使うことがありますので、しっかり準備しておくと安心ですね。

はじめに虫が少ないとは言いましたが、やっぱり多少の虫はいます!

子供は思いっきり遊びますので、知らないうちに虫に刺されてしまうこともあります。虫刺され用の薬を持っておいた方が良いですね。 

 

日中暖かくても風が強くて肌寒く感じることもあります。

子供はちょっとくらい寒くてもそのまま遊びますから、日中お子さんが羽織れるような薄手のパーカーなどを持っておくのも必要ですね。

すーぐ熱を出したりしますから、お子さんのケアだけはしっかり気をつけてあげてください。

持っていくと子どもが喜ぶもの

f:id:kawabatamasami:20180216115043j:plain

・花火

・ボール

・トランプ

定番ですが子供は花火がとっても大好きです。

ヤケドに注意する必要はありますが、花火を持っていくとキャンプがグッと楽しくなることは間違いありません。

グランドや広場があるキャンプ場ではボールなど、子供と一緒に遊べるレジャーグッズもあると楽しいですよねー

せっかく暖かくなってくる季節ですから、体を使って思いきり遊びたいところです。

夜にはトランプなどがあると、暖色系のランタンをテント内で灯し、家族みんなで楽しめます。

f:id:kawabatamasami:20180216115734j:plain

写真は我が家のランタンで、スノーピークのほおずき。レビュー記事もあります!

小さい子供がいるキャンプでのランタンは、このような熱を持たないLEDランタンがオススメです。

夜のテント内は秘密基地で遊んでいるような感じになって子供もワクワク喜ぶんですよね。見てるこっちまで楽しくなります。(笑)

 

気をつけること

花火は楽しいですが、隣にキャンパーさんがいるとマナーを守って楽しむ必要があります。よかったらこの記事を参考にしてみてください。

POINT

・着替えの予備はかならず準備しておく

・日中は汗をかくので汗ふきタオルの準備

・虫刺され薬も念のために準備しとく

・薄手のパーカーなどがあると便利

 

まとめ

春になって暖かくなってきても、朝晩は寒いので防寒対策をしっかりと準備するようにしてください。

特にセラミックヒーターなどが1台あると本当に便利です。

 

また、日中は暖かく汗をかきやすいので、子供の着替えの予備は必須ですし、汗をこまめに拭いてあげることも大切です。風邪をひいちゃいますからねー

 

キャンプをはじめたいと思っているご家庭にとっても、気持ちの良い春はオススメの季節です。

防寒対策だけは忘れずに、思い切り春キャンプを楽しみましょうー!

スポンサーリンク