おとうさんは工夫した

メインはファミリーキャンプ

コンパクトに収納できるソロキャンプ用の焚火台をメーカー別にまとめ

f:id:kawabatamasami:20180407042257j:plain

ソロキャンプ、それは何ものにも邪魔をされない贅沢の極み。

おひさまも仕事を終え夕暮れどき、さてはじめるかと焚き火台に薪をくべ火をつける。すると優しい火が立ち上がり、ゆらゆらと燃えていく。

あぁ、たまらんですなぁ!

そう、焚き火台はソロキャンパーにとってとても大切なキャンプ用品ですよねー

そこで今回は、ソロキャンプに使えるコンパクトな焚き火台をメーカー別でまとめたいと思います。

▽目次

 

メーカー別コンパクト焚き火台10選

アマゾンのレビュー数が多いものや評価が多い順のランキング形式でご紹介していきます。

【第9・10位】モノラル:ワイヤフレーム

MONORALのワイヤフレームは本格的なコンパクト焚火台で、重さも1キロありません。

特徴は焚火するところがメッシュになっているところ。耐蝕性のステンレスメッシュなので、耐久性も問題なさそうです。

ワイヤフレームに取り付けることのできる五徳(調理に必要な器具)も男心をくすぐるアイテムばかりですし、キャンパーさんからの評価も高い焚火台ですね。

アマゾンレビュー数 :   1件

アマゾンレビュー評価:星5つ

ワイヤフレームの詳しい詳細は公式ページで見れますので、ぜひチェックされてみてください。カッコいいですよ!

詳細ページ→アウトドアブランド MONORAL/モノラル

 

【第9・10位】STC ピコグリル

STCはスイスのアウトドアブランドです。

このピコグリルは重量が約440gと非常に軽いつくりになっていることから、ハイキングなどでの持ち運びにも最適ですね。

焼き台としても便利に使えることから多くのキャンパーさんが使用されていますが、アマゾンなどの通販サイトでは数が少ないためレビューも少なめになっています。

WANDERLUSTのウェブサイトで詳細を見ることができますが非常にカッコいいんですよねー 

アマゾンレビュー数 :   1件

アマゾンレビュー評価:星5つ 

 

【第8位】スノーピーク:焚火台S

f:id:kawabatamasami:20180407043131j:plain

スノーピークの焚火台Sサイズは僕も使っています。

作りがシンプルなので設置も簡単ですし、収納もコンパクト、掃除も楽チンの焚火台です。

レビュー記事も書いてます!

はじめて買った焚火台がこのスノーピークの焚火台なので、個人的に大好きな焚火台なんですが、けっこう重たいです。

なので、バックパックに道具をいれて持ち運びするタイプのキャンプスタイルには向いていません。

アマゾンレビュー数 :13件 

アマゾンレビュー評価:星4つ

 

【第7位】DOD:秘密のグリルちゃん

でましたDODの秘密のグリルちゃん!

いやぁーここ最近のDODのキャンプ用品はとても魅力的な商品が多くて、この秘密のグリルちゃんはなんとジーンズのポケットに入るほどコンパクトに収納できます。

焚火台にもなるし、焼き台としてもサクッと使える焚火台です。

アウトドアのユーチューブ動画で有名な与力さんがレビュー動画アップされてますので、気になる方はぜひチェックされてみてください。

www.youtube.com

ちなみに面白いキャンプ動画のユーチューブチャンネルをこちらの記事でまとめてますので良かったらどうぞ!

アマゾンレビュー数 :19件 

アマゾンレビュー評価:  星4.2

 

【第6位】DOD:ライダーズファイアクレードル

魅力的なキャンプ用品をリリースしているDODの焚火台「ライダーズファイアクレードル」 

収納サイズは29×6cmと超コンパクト、ポールなど全てをふくめた重さが717gなので持ち運びにも便利な焚火台です。

見てもらったら分かるとおり、焚火をしながら上からコッヘルなどを吊るした調理ができる仕組みになっています。

ご飯を炊いたり、お湯を沸かしたり、ダッジオーブンを吊るしたりと、いろいろな工夫ができそうなユニークな焚火台ですね。

アマゾンレビュー数 :27件 

アマゾンレビュー評価:  星4.3s 

 

 

【第5位】ユニフレーム:ファイアスタンド

はじめに紹介したMONORALのワイヤフレームと同様、ユニフレームのファイアスタンドもメッシュ構造になっている焚火台です。

重量は490g、収納サイズ58×7×6cmなのでコンパクトに収納できますし、持ち運びにも便利。

余計な五徳(付属品としての調理器具)もなし!

焚火のためだけに生まれてきた焚火台といっても過言ではない焚火台でしょう!

アマゾンレビュー数 :53件 

アマゾンレビュー評価:  星4.6 

 

【第4位】笑's:B-6君

f:id:kawabatamasami:20180313135322j:plain

ソロキャンプの焚火台・焼き台として僕も使っているのがこのB-6君です。

焚火もできますし、グリルで焼肉や焼き鳥をしたり、グリルをはずして焼き魚を調理することもできるので重宝しています。

非常にコンパクトに収納できるのも魅力ですねー

レビュー記事ありますので良かったら見てください。

アマゾンレビュー数 : 98件

アマゾンレビュー評価:星4.7

 

【第3位】Solo Stove:ソロストーブ

商品名「ソロストーブ」と聞いただけでゾクゾクしてしまうのは僕だけでしょうか?笑

ソロストーブは独自の構造により「二次燃焼」を可能にした焚火台なんですが、他の焚火台と比べると火力の違いが特徴的ですよねー

ソロストーブにもいくつか種類があるんですが、どれも高評価。レビューもたくさんついています。

暖かさを求めるというよりも調理に向いているのかなーといったところですが、その素晴らしさは数々の商品レビューが物語っていますね。

アマゾンレビュー数 : 156件

アマゾンレビュー評価:  星4.4

 

【第2位】バーゴ:ヘキサゴンウッドストーブ

バーゴのヘキサゴンウッドストーブは、見た目がすでにカッコいいですよね。

この焚火台、超コンパクトに収納できます。

収納サイズはなんと14.5×0.7cmといった圧倒的なコンパクトサイズ、さらに重量は116gしかないので、いつでもどこでも持ち歩ける焚火台です。

収納サイズを重視しているキャンパーさんにとっては、バーゴのヘキサゴンウッドストーブが一番おすすめなんじゃないかなーと個人的には思っています。

アマゾンレビュー数 : 232件

アマゾンレビュー評価:  星4.1 

 

【第1位】キャプテンスタッグ:カマド スマートグリル B6型

個人的にめちゃ気になっている焚火台です。

キャプテンスタッグのB6型の焚火台なんですが、アマゾンでのお値段がなんと2145円と超お買い得。

サイズ的にはさきほど紹介したB-6君と同じくらいで、使い方も焚火・焼き台どちらもできます。

見た感じ、とても使いやすそうですよね。

レビューも評価もかなり高評価ですしお値段も安い。近いうち買ってレビューしたいなーと考えてます。

アマゾンレビュー数 : 291件

アマゾンレビュー評価:  星4.4

 

まとめ

焚き火が大好きな人にとって焚き火台はとても重要なキャンプ用品ですよねー

やっぱり自分が気になっているデザインのものを選ぶのが一番なんじゃないかなと個人的には思っています。

コンパクトなソロキャンプ用の焚き火台を探している方は、良かったら参考にしてください!

 

関連記事

焚火台の失敗しない選び方についてもまとめていますので、良かったらどうぞ!