おとうさんは工夫した

メインはファミリーキャンプ

人気のソロストーブをレビュー|口コミどおりオススメの焚火台なのか検証!

f:id:kawabatamasami:20180513094825j:plain

大人気のコンパクト焚火台Solo Stove(ソロストーブ)はかなり売れている人気の焚火台です。

レビュー数もハンパじゃないですし、どれも高評価なんですよねー

ソロストーブを愛用している方もとても多いんですが、はたして本当に魅力的な焚火台なのかを検証してみました!

そこで今回は、ソロストーブを徹底的にレビューしていきたいと思います。

▽目次

 

ソロストーブ ライト(Solo Stove Lite)レビュー

それではさっそくレビューしていきましょう! 

ソロストーブ ライトのサイズ(概要)

  ライト タイタン キャンプファイヤー
価格 8640円 10800円 12960円
サイズ 10×14.5×10.8cm 14×20×13cm 17×23.5×17.8cm
対応人数 1〜2人 2〜4人 4人以上
重さ 225g 467g 998g
素材 ステンレススチール ステンレススチール ステンレススチール

ソロストーブの種類は3つ

今回レビューしていくのは、一番コンパクトなサイズのソロストーブライトになります。

f:id:kawabatamasami:20180513092039j:plain

実際に手にもってみると、かなりコンパクトですねー 

f:id:kawabatamasami:20180513092118j:plain

このように収納したときのサイズは片手でかんたんに持つことができます。

f:id:kawabatamasami:20180513092928j:plain

↑こんなかんじでコッヘルの中に入れて持ち運ぶこともできて便利。収納や持ち運びに困ることはないでしょう。

↑この記事ではソロストーブ以外にもコンパクトな焚火台をまとめていますので、良かったらどうぞ

 

ソロストーブ ライトの作り

ソロストーブは2つに分解できます。

f:id:kawabatamasami:20180513093538j:plain

組み立てはとても簡単で、上蓋をのせるだけです。

f:id:kawabatamasami:20180513093546j:plain

↑組み立てが完了。

f:id:kawabatamasami:20180513093554j:plain

で、この3つの部分が水平になっています。

f:id:kawabatamasami:20180513093558j:plain

↑横から見てもらうとわかりやすいですよね。水平になっているので、この部分にコッヘルやフライパンを置くことができるんです。

f:id:kawabatamasami:20180513093604j:plain

f:id:kawabatamasami:20180513093609j:plain

ぐらつきもなく、かなり安定します。

このあたりのことを考えて作られていない焚火台って、わりと多かったりするんですよね。

調理するための器具が必要で面倒だったりすることもあるんですが、ソロストーブライトはそんなストレスはないです。

 

二次燃焼の具合

ソロストーブは二次燃焼というシステムで焚火ができるんですが、威力はこのとおり

f:id:kawabatamasami:20180513094438j:plain

火ばしらかよっ!!!

というくらい火力でますねー、すばらしい。

f:id:kawabatamasami:20180513094436j:plain

燃焼力がすごいので、そのあたりに落ちている小さな小枝と太めの枝を用意してしまえば焚火ができてしまいます

f:id:kawabatamasami:20180513094443j:plain

焚火終了したときには、このように綺麗に燃えきってくれていました。この二次燃焼の威力はうわさどおり凄いなーといったところですね。

 

ソロストーブの暖かさ

f:id:kawabatamasami:20180513095346j:plain

まぁ火を焚くわけなので温かいんですが、このソロストーブライトは「暖をとる」といった目的だとじゃっかん弱めですねー

コンパクトな焚火台はどれもこの点は弱めなので仕方ないです。

とはいえソロストーブのようなコンパクトサイズの焚火台をチョイスする目的は、ラクに持ち運べて調理もできるという点が重要だったりしますよね。

その点を考えると、トータルで高得点だと感じます。

 

ソロストーブで調理

f:id:kawabatamasami:20180513094611j:plain

さきほど説明しましたが、フライパンを置いてもかなり安定しますね。火力も言うことなしなので調理しやすいです。

ほとんどストレスを感じることなく調理することができました。

f:id:kawabatamasami:20180513094615j:plain

見てくださいこのジュージュー感!

ソロストーブは火力抜群なのでお湯もすぐに沸かせますし、焼き物も楽チンですね。

調理は問題なくできると考えていいです。

 

ソロストーブの良いところ悪いところ

良いところ

・見た目のカッコよさ

・調理のしやすさ

・火力

・コンパクトなサイズ

やっぱり見た目がカッコいいですよねー笑

ぶっちゃげこれがキャンプ用品を選ぶときに一番重要だったりしませんか?見ていてカッコいいので、のんびり焚火をしながらソロストーブを眺め、うっとりできます

 

さきほど説明したとおり、水平になるので調理器具も安定して置くことができますし、火力も抜群。

サイズもかなりコンパクトなので、小さく収納できて、なおかつ調理もできるといった焚火台を探している人は満足できる焚火台だと感じます。

 

悪いところ

薪遊びができません。

これは焚火好きにとっては、ちょっと物足りなく感じてしまうかもしれないですねー

わかる人にはわかってもらえる話だと思うんですが、

f:id:kawabatamasami:20180413103645j:plain

こういった写真のような焚火台であれば、「薪の世話」を楽しめます。

マニアックな話になってしまいますが、焚火メインでキャンプを考えている人にとっては物足りなく感じてしまうかもしれません。

 

まとめ

ソロストーブは見た目からカッコいいので、使っていてワクワクする焚火台ですね。

実際に使ってみてわかりましたが、焚火台としての性能はやっぱりうわさどおり良いです。

ソロストーブを検討している方は良かったら参考にしてください!

ー関連記事ー

失敗しない焚火台の選びかたもまとめていますので、良かったらどうぞ!